忍者ブログ
Home > 記事一覧

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

コぺルプラス (シリーズNo.1490)

業界初の児童発達支援専門フランチャイズ
1000事業所目指し賛同者募集中!


大坪 信之 社長

 全国約500万人の未就学児のうち、約6・5㌫約33万人の子供たちが何らかの発達障害を持っている。そのうち児童発達支援事業所で療育を受けることが出来ている子供の数はわずか10・7㌫(社会福祉施設等調査・厚労省)。つまり9割近くが潜在的待機児童で、速やかな同事業所の整備が全国的に求められている。
 そんな深刻な状況の中、「こどもの可能性は無限大」との信念のもと、全国に幼児教室「コペル」をFCで71教室展開し、25年の実績を持つ株式会社コペル(大坪信之社長)が、今年2月からFCによる児童発達支援事業「コペルプラス」に進出。既に関東地区を中心に全国10事業所を開設、子育てに悩みを抱える父兄の絶大な支持のもと、さらに事業所の整備を加速するため精力的にFC参加者を募集している。既設事業所の参加者には2~3件目の例もあり、中には1社で30件を計画する企業もある。同社では、一刻も早く悩める父兄とその子供たちを救うために、早期の1000事業所開設を目指している。

拍手[0回]

PR

城北化学工業(ザ・カンパニー)

激動の時代に勝機を掴む経営戦略と哲学
「直観」で突き進む高機能化学添加剤メーカー


大田 友昭 社長

 “その時”は突然訪れた――。21世紀最初の元旦に父君が心不全で急逝し、城北化学工業株式会社大田友昭社長は入社して僅か1年、36歳という若さで事業を継承した。同年9月の世界同時多発テロに始まり、ITバブルの崩壊やリーマン・ショック、そして東日本大震災と続く激動の15年間を独自の哲学と「直観」によって乗り越えてきた。
「試行錯誤を繰り返しながら、自分の身に起こる事には全て意味があると捉え、それを『直観』で把握するという方法論を確立しました。経営の現場で予測不能な事態が起きても、自分の『直観』だけを信じて只々前に進む。父からは経営について何も教わっていませんが、今思えば、それが良かったのかもしれません」
 と大田社長。自らの性格を「激動が好き」と評すように、数多の苦難に遭遇しても常に前進を続けてきた。

拍手[0回]

ヤマセ産業(シリーズNo.1489)

創業46年、信頼第一に事業展開する素材卸売企業
対応力と提案力でニーズに応える

 
石井 秀樹 社長

 1971年7月に創業したヤマセ産業株式会社(石井秀樹社長)は、塩ビレザーシートの専門卸問屋として、大手メーカーのアコーディオンカーテン向け塩ビレザー生地の企画・販売からその事業を開始した。創業者である先代社長清水三郎氏(現相談役)は、前職の塩ビレザーメーカー勤務時代から取引先の信頼も厚く、創業当初からこの大手メーカーが仕入れる塩ビレザーの取り扱いを一手に担うこととなった。
 また、かつてゴルフブームが到来した際には、ゴルフバッグの需要が高まる中、同社が扱うレザーが他社製品に比べて軽量であったことが功を奏し、有名スポーツ用品メーカー各社との取引に成功し、実績を上げた。

拍手[0回]

東日本都市開発(シリーズNo.1488)

国策と時代の変化に寄り添う街づくり
地域の未来に笑顔を創る総合建設会社


山岡 幸夫 社長

 東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに4000万人、30年には6000万人まで訪日外国人数の引き上げを目指す日本政府。国内消費の起爆剤として「インバウンド」に期待が高まる中、大都市で不足しているホテルの建設事業を積極的に展開し、着実に成長しているのが東日本都市開発株式会社だ。
「都内では約1万室分のホテルが不足しています。日本人とは異なり、長期滞在の傾向が強い外国人の方々のニーズに合わせ、宿泊に特化したホテルを数多く作ることが当社の役割です」

拍手[0回]

小名屋(シリーズNo.1487)

味と品質が自慢の切り身魚の専門店
病院・介護施設・保育園などの要望に対応


鈴木 芳則 社長

 魚の目利き。同じ時期に獲れた同じ魚でも、脂の乗り具合、身の良し悪し、処理方法などによって品質に大きな違いが表れる。落語の世界に登場する魚屋の目利きを今の時代に継承し、味と品質にこだわった切り身魚を、病院・介護施設・保育園などに提供し好評を得ているのが、明治中期に水産加工業を創業し、1953年6月、茨城県大洗の地で水産冷凍食品加工業として法人設立した株式会社小名屋だ。

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年12月24日号 [雑誌]

2017年12月24日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R