忍者ブログ
Home > 不動産・住宅・リフォーム

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

カイテキホーム (シリーズ No.1622)

つくばの自然と共存する家づくり
的確な提案力で「県内一」ブランドへ

 
石塚 政憲 社長

 この10年間での人口推移は、プラス18㌫強と言われる茨城県つくば市。2005年のつくばエクスプレス開業を機に、今なお目ざましく発展を遂げるこの地で、株式会社カイテキホームは地域に特化した注文住宅の分野で、質の高い〝家づくり〟によって着々と顧客の信頼を育んできた。

「かつて転勤などでこちらに住んだことがある方や、家探しの過程でつくばの『良さ』を発見するなどのきっかけから、地元以外のお客様がこの地で家を建てるケースも多いです」
 と話す石塚政憲社長は、つくば市に隣接する常総市の出身。「つくば'85」を機に大きく変わったこの地とは馴染みが深く、今に至る発展を目の当たりにしてきた。
「つくばは交通も便利になって、住むにはとても魅力的な街。こんな良い所はないと思いますよ」(石塚社長)
 石塚社長は、日本大学理工学部卒業後、県内の大手製造グループ企業に入社し、照明器具設計を担当した後、実家が営む運送会社を経て、01年に同社に入社。


拍手[1回]

PR

サチコーポレーション

未来へ残す、人間都市創造
ワンルームマンションの一棟販売で躍進


山田 常作 社長

「一般的に『人生には3回チャンスが訪れる』と言われますが、私には4回目のチャンスが訪れています」
 と話すのは、新宿・池袋・渋谷・文京・練馬・板橋・目黒エリアを中心に総合的な不動産事業を展開するサチコーポレーション株式会社山田常作社長「未来へ残す、人間都市創造」をモットーとする同社は創業56年目にしてワンルームマンションの一棟販売で躍進し、建物売買業で売上高では全国2194社中488位(帝国データバンク調べ)にランクする。
 ワンルームマンションの一棟販売という得意分野を見出して業績を伸ばす同社の強みは物件の仕入れにある。山田社長は必ず自ら現地に足を運び、目で見て品質を確かめる。周辺環境を体感しながら、電卓を片手に建蔽率や容積率などを考えて即座に判断を下すのだ。
 こうして不動産一筋で50年間以上蓄積してきた高度な目利きによる物件開発のノウハウが大手不動産販売会社各社の信頼を一身に集める山田社長。建売住宅やアパートなども含めて100棟以上にも及ぶ販売実績が、その実力を物語る。

拍手[0回]

ダイヤモンド地所 (シリーズNo.1605)

人生100年時代を自分らしく暮らす住まい。
分譲開始!「ダイヤモンドライフ若葉台」


「ダイヤモンドライフ若葉台」のロゴマーク
 
 人生100年時代が到来している。そんな時代に誰もが願うのは、最期まで健康で自分の面倒は自分で見たいということだ。

 元気で過ごせる「健康寿命」をいかに伸ばすかに関心が集まる昨今、65歳以上のいわゆる「高齢者」の中で要介護者は意外に少なく、実に80㌫以上は介護の必要のない自立者として生活しているという、案に相違した喜ばしい実情がある。
 ところが、特別養護老人ホームを筆頭に10種類以上ある日本の高齢者住宅は、要介護者を対象とした施設系が大半で、元気な高齢者向けの本格的な住宅は極めて少ないのが現状だ。
 そんな中、健康寿命の延伸を最大の目的とする中高齢者専用分譲マンション「ダイヤモンドライフ」シリーズを開発して人気を博しているのが、1987年1月設立のデベロッパー、ダイヤモンド地所株式会社外所行則社長)だ。
 中高齢者専用分譲マンションとは、一般の分譲マンションにはない高齢者向けの設備や共用施設、コミュニティ、日常生活・健康・安全を支えるサービスやサポートを付与した、新しい概念の高齢者住宅。有料老人ホームなどの「施設」とは異なり、居住者は「住宅」としての所有権を持ち、個人の資産になるので売却や賃貸、相続も可能だ。

拍手[2回]

サチコーポレーション(シリーズNo.1599)

未来へ残す、人間都市創造――
4回目のチャンスに挑む不動産の総合企業


山田 常作 社長

 
 新宿・池袋エリアを中心に質の高い物件を開発するサチコーポレーション株式会社。創業56年目を迎える老舗企業でありながら、ワンルームマンションの一棟販売を核とする総合的な不動産事業で勢いに乗る躍進企業だ。建物売買業で売上高では全国2194社中488位にランクする(帝国データバンク調べ)。
「『人生は3回チャンスが訪れる』と言われますが、私には今、4回目のチャンスが訪れているのです」
 と話すのは、同社の創業社長として半世紀以上の業歴を積み重ねてきた山田常作社長「未来へ残す、人間都市創造」をモットーに、豊かで明るい街づくりと暮らしの提供に貢献してきた。
 新潟県新津市の農家に生まれた山田社長は、新潟県立新津高校の定時制に通いながら家庭用ミシンの営業に従事。全国に約5万人いる営業マンの中で常にトップクラスの成績を収めていたという。当時、その活躍ぶりは地元の新聞に度々取り上げられた。
「当時勤めていたミシンの販売会社の社長から、ビジネスで成功するために必要なものは『絶対に根性だ』と言われたことが、今でも私の原点です。負ければ商売ではありません。どこまでも勝ち続けるように頑張り、粘り勝ちしようと決意したのです」(山田社長)

拍手[0回]

もりぞう (シリーズNo.1574)

100年住み継げる家づくり
木曾ひのきでつくる本格木造住宅


松永 英樹 社長

 1300年の時を超えて現存する世界最古の木造建造物「法隆寺五重塔」に使われたのがヒノキであった。ヒノキは伐採してから約200年間、強度が上昇し続け、その後千年近い年月をかけて緩やかに元の強度に戻っていくという不思議な力を持つ。他の木材を圧倒する強さと耐久性を持つ木曽檜は、御嶽山の厳しい環境の中で長い年月をかけて生育する。そのため、年輪の間隔が密になり丈夫で美しく、伊勢神宮の式年遷宮の御用材に指定されていることでも有名だ。
 ㈱もりぞう(松永英樹社長)は、㈱レオパレス21グループの注文住宅会社である。創業以来、一貫して木造住宅を手がけている中で、最も理想的な木材を探し求めた答えが「木曾ひのき」であった。同社は、家の要である柱、土台に木曾ひのきを使用するため、地元木曽の大手材木店㈱勝野木材をビジネスパートナーとし、徹底した製材過程のもと年間約250棟分しか生産できない「特選一等」級材を優先的かつ安定的に確保している。

拍手[1回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年11月4日号 [雑誌]

2018年11月04日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R