忍者ブログ
Home > 不動産・住宅・リフォーム

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

ダイヤモンド地所 (シリーズNo.1605)

人生100年時代を自分らしく暮らす住まい。
分譲開始!「ダイヤモンドライフ若葉台」


「ダイヤモンドライフ若葉台」のロゴマーク
 
 人生100年時代が到来している。そんな時代に誰もが願うのは、最期まで健康で自分の面倒は自分で見たいということだ。

 元気で過ごせる「健康寿命」をいかに伸ばすかに関心が集まる昨今、65歳以上のいわゆる「高齢者」の中で要介護者は意外に少なく、実に80㌫以上は介護の必要のない自立者として生活しているという、案に相違した喜ばしい実情がある。
 ところが、特別養護老人ホームを筆頭に10種類以上ある日本の高齢者住宅は、要介護者を対象とした施設系が大半で、元気な高齢者向けの本格的な住宅は極めて少ないのが現状だ。
 そんな中、健康寿命の延伸を最大の目的とする中高齢者専用分譲マンション「ダイヤモンドライフ」シリーズを開発して人気を博しているのが、1987年1月設立のデベロッパー、ダイヤモンド地所株式会社外所行則社長)だ。
 中高齢者専用分譲マンションとは、一般の分譲マンションにはない高齢者向けの設備や共用施設、コミュニティ、日常生活・健康・安全を支えるサービスやサポートを付与した、新しい概念の高齢者住宅。有料老人ホームなどの「施設」とは異なり、居住者は「住宅」としての所有権を持ち、個人の資産になるので売却や賃貸、相続も可能だ。

拍手[0回]

PR

サチコーポレーション(シリーズNo.1599)

未来へ残す、人間都市創造――
4回目のチャンスに挑む不動産の総合企業


山田 常作 社長

 
 新宿・池袋エリアを中心に質の高い物件を開発するサチコーポレーション株式会社。創業56年目を迎える老舗企業でありながら、ワンルームマンションの一棟販売を核とする総合的な不動産事業で勢いに乗る躍進企業だ。建物売買業で売上高では全国2194社中488位にランクする(帝国データバンク調べ)。
「『人生は3回チャンスが訪れる』と言われますが、私には今、4回目のチャンスが訪れているのです」
 と話すのは、同社の創業社長として半世紀以上の業歴を積み重ねてきた山田常作社長「未来へ残す、人間都市創造」をモットーに、豊かで明るい街づくりと暮らしの提供に貢献してきた。
 新潟県新津市の農家に生まれた山田社長は、新潟県立新津高校の定時制に通いながら家庭用ミシンの営業に従事。全国に約5万人いる営業マンの中で常にトップクラスの成績を収めていたという。当時、その活躍ぶりは地元の新聞に度々取り上げられた。
「当時勤めていたミシンの販売会社の社長から、ビジネスで成功するために必要なものは『絶対に根性だ』と言われたことが、今でも私の原点です。負ければ商売ではありません。どこまでも勝ち続けるように頑張り、粘り勝ちしようと決意したのです」(山田社長)

拍手[0回]

もりぞう (シリーズNo.1574)

100年住み継げる家づくり
木曾ひのきでつくる本格木造住宅


松永 英樹 社長

 1300年の時を超えて現存する世界最古の木造建造物「法隆寺五重塔」に使われたのがヒノキであった。ヒノキは伐採してから約200年間、強度が上昇し続け、その後千年近い年月をかけて緩やかに元の強度に戻っていくという不思議な力を持つ。他の木材を圧倒する強さと耐久性を持つ木曽檜は、御嶽山の厳しい環境の中で長い年月をかけて生育する。そのため、年輪の間隔が密になり丈夫で美しく、伊勢神宮の式年遷宮の御用材に指定されていることでも有名だ。
 ㈱もりぞう(松永英樹社長)は、㈱レオパレス21グループの注文住宅会社である。創業以来、一貫して木造住宅を手がけている中で、最も理想的な木材を探し求めた答えが「木曾ひのき」であった。同社は、家の要である柱、土台に木曾ひのきを使用するため、地元木曽の大手材木店㈱勝野木材をビジネスパートナーとし、徹底した製材過程のもと年間約250棟分しか生産できない「特選一等」級材を優先的かつ安定的に確保している。

拍手[1回]

株式会社 外装専科

マンション管理組合の駆け込み寺
1世帯平均工事費70万円の大規模修繕


伊藤 洋之輔 会長

 マンションの大規模修繕工事は、長期修繕計画に基づき、建物の美観保持と共に経年劣化による不具合の発生を防止して安心・安全な住環境の整備と資産価値の維持を目的に10年~15年周期で定期的に実施される。
 その費用は区分所有者から集めた修繕積立金で賄われるが、近年、この修繕積立金が不足しているマンション管理組合の増加が将来への懸念となっている。
 不足を補うには新たな借入や追加費用の徴収を余儀なくされるが、終の住み処としてマンションを購入した人も多く、所有者の高齢化により積立金の値上げも容易なことではない。
 また、一部の施工業者や管理会社などが、不要不急な工事を含む過大な計画を提案して、大切な修繕積立金を使い果たしてしまう事例もあるという。
 こうした悩みに応え、東京の本社をはじめ札幌・横浜・静岡・名古屋・大阪・広島・福岡の拠点で事業展開し、全国のマンション管理組合から「大規模修繕の駆け込み寺」として支持を集めているのが、株式会社外装専科だ。

拍手[0回]

日動(シリーズNo.1551)

「サービス業」への転換で躍動する不動産会社


前川 大輔 社長

 分譲マンション事業(ラ・クラッセシリーズ)、賃貸事業、管理事業の3本柱で道内上位の業績を誇る株式会社日動。札幌市中心部を軸に展開する不動産事業は、固定概念に囚われないビジネスモデルと徹底した顧客第一主義を貫く。
「お客様と愚直に向き合うことが当社の理念です。心から喜んで頂けなければ、お客様の数は増やせません」
 と話す前川大輔社長は、「自分たちだけが儲かれば良い」という不動産会社が陥りがちなビジネスモデルを脱却し、自らが先駆者として「サービス業」への転換にチャレンジしている。
 社員にノルマを課さず、きめ細かいチームでの仕事にこだわる事業モデルが顧客満足向上に繋がっている同社。設立から40年を超えても尚、進化しながら「動(Do)」き続けていく。 

【会社データ】
本社=北海道札幌市中央区南1条西1―16―4 シルキービル1F
☎=011―232―3237
資本金=7000万円
売上高=29億3000万円(単体・グループ除く)
事業内容=不動産売買・仲介、マンション開発、賃貸・分譲マンション管理
http://www.nichido.net

拍手[2回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年9月2日号 [雑誌]

2018年9月2日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R