忍者ブログ
Home > 不動産・住宅・リフォーム

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

テンポアップ(シリーズ No.1647)

「街の明かり」を灯し続ける事業用不動産流通商社
ユナイテッドカンパニーが担う寝・食・遊の国創り



加藤 冨士夫 会長


 建国から僅か240余年にして世界一の経済大国へと上り詰めたアメリカ。その原動力ともいえる「合衆国(United States)」という国家の仕組みを経営スタイルに取り入れ、革新的なビジネスモデルで市場を席巻している店舗仲介事業の不動産会社が株式会社テンポアップだ。
「エージェントの一人ひとりが『州』という国家を率いる経営者。当社は一つの軒の下に個の力が集まり、連帯することで大きな付加価値を提供する『ユナイテッドステイツカンパニー』です」
 と話すのは、20代から数々の事業を興してきた加藤冨士夫会長兼社長。バブル崩壊の余波で13もの会社を整理し、ゼロからの再起を期して25年前に挑戦したのが店舗仲介不動産業だ。


拍手[7回]

PR

福岡小松フォークリフト(シリーズNo.1646)

「西鉄×コマツ」の安定基盤を武器に
福岡県内で〝ダントツ〟の存在感を発揮


 
藤田 靖英 社長


福岡市内を走る国道3号線沿いに出現する、大海原とクジラをモチーフにした美しいイルミネーション。実は、この170㍍にも及ぶ幻想的な空間は商業施設のものではない。よくよく見ると黄色い車体のフォークリフトがズラリと並んでいる。そう、ここが福岡小松フォークリフト株式会社の本社である。
 「長年お世話になっている地域への恩返しの気持ちも込めて今年の12月からスタートしました。やるからには本物志向でと思い、惜しみなく投資しました」と豪快に話す藤田靖英社長


拍手[5回]

トラストシティ (シリーズ No.1638)

「信頼」をキーワードに顧客の輪を広げる
顧客の「笑顔」が原動力の投資用不動産会社



井上 和仁 社長


 一見豪快に見えるが、実は人懐こくて繊細な気遣いが出来、とことんまで面倒見が良い。2012年10月設立の投資用不動産会社、トラストシティ株式会社の代表を務める井上和仁社長の人となりだ。
 高校中退後、様々な仕事を転々としていた井上社長は19歳の時、当時のベストセラー「金持ち父さん、貧乏父さん」に出会い、生き方を変えた。そこで「不動産投資の勉強をしよう!」と決意し投資用不動産会社に就職。一つのことに打ち込むうち顧客が顧客を呼び、メキメキと頭角を現すが、新築自社物件しか販売できない当時の会社では、本当にお客様のライフプランに合った提案が出来ないのではと思うに至り、30歳の時独立を決意。扱う物件を東京・横浜の好立地の中古ワンルームマンションに絞り、オーダーメイドの提案が出来る投資用不動産会社をたった一人で立ち上げた。それが現在のトラストシティ=信頼で繋がる街だ。


拍手[3回]

カイテキホーム (シリーズ No.1622)

つくばの自然と共存する家づくり
的確な提案力で「県内一」ブランドへ

 
石塚 政憲 社長

 この10年間での人口推移は、プラス18㌫強と言われる茨城県つくば市。2005年のつくばエクスプレス開業を機に、今なお目ざましく発展を遂げるこの地で、株式会社カイテキホームは地域に特化した注文住宅の分野で、質の高い〝家づくり〟によって着々と顧客の信頼を育んできた。

「かつて転勤などでこちらに住んだことがある方や、家探しの過程でつくばの『良さ』を発見するなどのきっかけから、地元以外のお客様がこの地で家を建てるケースも多いです」
 と話す石塚政憲社長は、つくば市に隣接する常総市の出身。「つくば'85」を機に大きく変わったこの地とは馴染みが深く、今に至る発展を目の当たりにしてきた。
「つくばは交通も便利になって、住むにはとても魅力的な街。こんな良い所はないと思いますよ」(石塚社長)
 石塚社長は、日本大学理工学部卒業後、県内の大手製造グループ企業に入社し、照明器具設計を担当した後、実家が営む運送会社を経て、01年に同社に入社。


拍手[4回]

サチコーポレーション

未来へ残す、人間都市創造
ワンルームマンションの一棟販売で躍進


山田 常作 社長

「一般的に『人生には3回チャンスが訪れる』と言われますが、私には4回目のチャンスが訪れています」
 と話すのは、新宿・池袋・渋谷・文京・練馬・板橋・目黒エリアを中心に総合的な不動産事業を展開するサチコーポレーション株式会社山田常作社長「未来へ残す、人間都市創造」をモットーとする同社は創業56年目にしてワンルームマンションの一棟販売で躍進し、建物売買業で売上高では全国2194社中488位(帝国データバンク調べ)にランクする。
 ワンルームマンションの一棟販売という得意分野を見出して業績を伸ばす同社の強みは物件の仕入れにある。山田社長は必ず自ら現地に足を運び、目で見て品質を確かめる。周辺環境を体感しながら、電卓を片手に建蔽率や容積率などを考えて即座に判断を下すのだ。
 こうして不動産一筋で50年間以上蓄積してきた高度な目利きによる物件開発のノウハウが大手不動産販売会社各社の信頼を一身に集める山田社長。建売住宅やアパートなども含めて100棟以上にも及ぶ販売実績が、その実力を物語る。

拍手[3回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2019年1月20日号 [雑誌]

2019年01月27日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R