忍者ブログ
Home > 製造・設計・技術開発

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

加藤謙鉄工(シリーズ No.1775)

自動車産業の省力化を一貫体制でフルサポート
顧客と社員の満足度を追求する専用機メーカー



加藤 拓麻 社長

 自動車部品などの製造ラインで稼働する専用機を製作し、大手電装品メーカーと半世紀以上の信頼関係を培う加藤謙鉄工株式会社。設計から製造、組立、検査までの社内一貫体制を強みとして、生産技術の進化と効率化・省力化へのニーズに応えている。

「労働人口減少に伴う自動化の動きや海外への供給など、専用機の市場にはまだまだ伸びる余地がある。会社は常に課題を持つことで成長し、時代に合わせて変化しないといけません」
 と話すのは現会長である父君の後を受け、5年前に就任した加藤拓麻社長。3代目として堅実経営を守り続ける傍ら、仕入先の見直しなど大胆な業務改革に取り組み、「経営基盤はさらに強くなった」と胸を張る。


拍手[0回]

PR

イシダ(No.1772)

設立50周年迎えた若狭塗箸のトップブランド
販売店の信頼を集める安定の「イシダ基準」
石田 茂樹 社長
 福井県小浜市の伝統工芸品「若狭塗」の中でも国内シェアで80㌫以上を占め、生産量7200万繕、売上高約100億円(「箸のふるさと館WAKASA」推計)と言われる「塗箸」。地元の一大産業である若狭塗箸の市場でトップクラスのシェアを誇り、今年で設立50周年を迎えたのが株式会社イシダである。
「江戸時代から400年程の歴史を持つ『若狭塗』ですが、箸に特化し、普段使いの商品を作り始めたのは昭和の戦後あたり。木地の供給から製造、販売まで、携わる各社が共存共栄して産業を支えています」
 と話す石田茂樹社長。「設立当初は業界の中でも弱小だった」と振り返る同社がトップランナーにまで成長した要因は、分業制が主流の中で先代が製造と販売を一貫して担い、いち早く「機械化」を進めたことだと言う。

拍手[0回]

エスケイメカニクス (No.1770)

有機EL向けなど大型・高精度部品加工に強み
「挨拶」の励行と報奨制度導入で高まる一体感



指田渡社長


 埼玉県入間市にある精密機械部品加工会社、株式会社エスケイメカニクスの本社・工場を訪れると、事務スタッフのみならず現場の技術者達も気持ちの良い挨拶で出迎えてくれた。マザック社製の大型加工機械が立ち並ぶ工場の床も清潔に清掃されており、高品質の加工部品はこうした環境からこそ生産されるものだと感心させられた。
 1991年10月、現社長の祖父と父君とで設立された同社の経営のバトンは30年目の現在、3代目の指田渡社長に引き継がれている。


拍手[3回]

土筆鋼業(シリーズNo.1763)

顧客ニーズと環境変化に対応して50周年
「速い丁寧」がモットーの金属加工会社

 
中村 淳一 社長

 都心部へのアクセスも良好なベッドタウンとして発展する傍ら、昔ながらの「町工場」も数多く残る江戸川区。日本経済と地域の基盤を支えるモノづくり企業が軒を連ねる地域に根差し、5月31日に創業50周年の節目を迎えるのが株式会社土筆鋼業だ。
「時代が求める価値を創造する」を経営理念とし、鉄板やステンレス、アルミ、スチール等の折曲、溶接、加工技術を用いた建築金物の生産に従事。高い技術力と充実した機械・設備を駆使し、庇(ひさし)をはじめとする工場やオフィスの外装向け製品を供給している。
「市場環境に合わせた業態の変化に、先代が素早く対応したことが長く業歴を重ねてこられた要因。自社で溶接までの製造工程を一気通関で担えることが最大の強みです。『速い丁寧』をモットーに、ご注文頂いた製品をその日のうちに仕上げることもできます」

拍手[0回]

横浜工作所(シリーズNo. 1759)

船舶緊急修繕のエキスパートとして100周年
自社の修繕基地開設に向けて社内改革推進



二宮 一也 社長


 輸出入量における海上輸送の割合が実に99・6㌫(財務省貿易統計・国土交通省海事局換算)にものぼる「島国」日本にとって、船舶は命ともいえる物流手段。その命を守る船舶修理・修繕のエキスパートとして、安全安心な貿易を支え続ける株式会社横浜工作所が今年6月2日に創業100周年を迎える
「故障した船を素早く直して長持ちさせなければ日本経済にとっても大打撃です。しかし、日本の主要な港である東京湾内で緊急修繕に対応できる場所や設備は非常に少なく、私たちが先頭に立って果たしてきた役割は大きいと思います」
と話す二宮一也社長は1992年に水産大学校機関学科を卒業。2007年から同社に中途入社し、常務取締役工務部長を経て昨年7月に社長に就任した。


拍手[1回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2020年7月12日号 [雑誌]

2020年7月12日号

ブログ内検索

新着記事

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R