忍者ブログ
Home > 記事一覧

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

IRODORI・Factory(シリーズNo.1697)

光触媒含有「PLATiO2-fiber」完成間近



坂内康史社長


「全ての人達に彩り豊かな人生を」を理念に2016年12月、株式会社IRODORI・Factoryが設立された。大学卒業後店舗設計会社で設計・デザイン・施工に携わり、その後実家の自動車部品加工会社に勤務する傍ら、自らのチャレンジとしてこの会社を立ち上げたのが43歳の坂内康史社長だ。
 手掛けるのは、酸化チタンを練り込んで半永久的に光触媒機能を発揮する各種繊維「PLATiO2-fiber」の開発だ。従来の塗布型の繊維とは一線を画すブレイクスルーで、これを組み込んだ衣類や寝具、マスクを使うことで、抗菌・消臭効果が長持ちし、花粉症やウイルス感染も軽減する究極の繊維を目指す
 同社では現在実証試験中で、この繊維の将来性に賭ける投資家や、製品化するコラボ先を求めている。
「一人一人が持つ夢や希望という彩りを掛け合わせて、その可能性を実現したい」
 と、坂内社長は自らのゴールを語っている。


【会社データ】
本社=神奈川県相模原市緑区西橋本5―4―21さがみはら産業創造センター
☎090―3549―3924
設立=2016年12月
事業内容=抗菌殺菌繊維事業、EC事業
http://www.irodori-f.jp

拍手[1回]

PR

日本プロロング (シリーズNo.1696)

コンクリート防水・長寿命化に「エバープロロング」



富田豊社長


 ヨーロッパでは古代ローマ時代から石造建築物の保護材としてケイ酸塩(シリカ)が有効だと経験的に使われてきた。
 そのケイ酸塩をナノ粒子化した溶液「エバープロロング」を用いたコンクリート防水・長寿命化対策「エバープロロング工法」の普及を推進しているのが、2012年9月設立の日本プロロング株式会社だ。
 一級建築士の富田豊社長は三菱建設(現ピーエス三菱)勤務時代のヨーロッパ視察の折、ケイ酸塩のコンクリート保護機能を知り、帰国後、橋梁建築など土木コンクリート構造物の長寿命化用途に工法を開発
 近年、その工法の防水・耐久・安全性が再評価され、浄水場も含めたコンクリート構造物全般の防水・劣化防止にも活用されるようになり、更なる普及のために設立されたのが同社だ。
自然素材を使用した無臭・無害で工期も短く、小さなクラックに『浸み込んで固める』工法です」と、富田社長は勧める。


【会社データ】
本社=東京都江戸川区西葛西1-13-1
℡=03-3680-3533
設立=2012年9月
事業内容=コンクリート保護材の販売及び施工
http://www.jprolong.net

拍手[1回]

山口油屋福太郎(シリーズNo.1695)

辛子明太子に続き『めんべい』が大ヒット!
創業100年を超えて、総合食品メーカーへ

 
山口 毅 会長


博多名物・明太子の「福太郎」で馴染み深い株式会社山口油屋福太郎は、明治42(1909)年の創業から今年3月で111年目を迎えた。同社はその名の通り、てんぷら油や髪油、馬車の油などの販売から事業をスタートし、それまでにはなかった透明な白絞油「水晶油」の開発を経て、今日に至る発展の基礎を築いた。
 1955年に有限会社山口油屋として法人化した同社は戦後、食品流通に革命をもたらしたスーパーマーケットの台頭により、油専門の商売に限らず業務用食品全般を取り扱う総合食品卸業者へと大転換を図った。


拍手[1回]

理研アルマイト工業(シリーズNo.1694)

復権に挑むアルミニウム表面処理の総本山
信頼の技術と品質は宇宙、そして未来へ



上野 翼 社長


 表面を酸化させて人工的に膜を作ることで、アルミニウムの耐食性や耐摩耗性を向上させる「アルマイト」。その歴史と共に90年の業歴を積み重ね、全国に存在する多くのアルマイト加工処理会社のルーツとして技術の進化をリードし続けているのが理研アルマイト工業株式会社である。
「釜や鍋、弁当箱といった様々な家庭用製品にも用いられてきた『アルマイト』は人間の知恵と研究努力によって、いまや宇宙にまで活用の場が広がっています。アルマイト加工処理業界の『総本山』である当社の強みは、やはり技術力です」
 と話すのは、昨年12月に7代目のリーダーに就任した三菱東京UFJ銀行(現三菱UFJ銀行)出身の上野翼社長。現会長である宮川美和子氏から「会社に新しい風を吹かせて欲しい」と同社の経営を依頼されて入社し、その技術力に秘められている無限大の可能性に魅了されたという。


拍手[1回]

ジャンプジャパン(シリーズNo.1693)

業界最良のクオリティーを追求して30周年
正社員100㌫「プロ家庭教師のジャンプ」



海藤 敦 社長


 人気のアルバイト職種として根強い家庭教師。21世紀に入って求人媒体の主流が紙からインターネットへと移行し、複数の派遣会社に一括登録できるWebサイトが濫立する家庭教師派遣市場で、業界最良のクオリティーを追求するために真っ向から戦いを挑み続けている会社がある。家庭教師全員を正社員として採用する「プロ家庭教師のジャンプ」だ。
「会社に行かなくても登録した瞬間に採用され、面接もせずに『場所が近いから』という理由で派遣先を紹介される方法は、クオリティーの追求とは無縁。派遣会社の差別化も不可能です」
 と話すのは、今年で創業から30周年を迎えた株式会社ジャンプジャパン海藤敦社長。東北大学文学部を卒業後、予てから志していた教育者としての道を歩むべく同社に入社し、2015年から代表を務めている。
 当初はアルバイトも併用していた同社だが、およそ10年前から完全正社員化を実践。人件費抑制という時代の流れに逆行してでも貫いてきた、業界では稀有な戦略が着実に利用者からの信頼を集めるとともに、社員の成長を促進してきた。
「アルバイトでは、いくら優秀なプロ家庭教師がいても自己完結。当社は社員たちが一緒になって、派遣先から持ち帰ってきた新しい教え方や教材などの情報を共有することで、ワインやウイスキーのように〝掛け算〟で質を高め合っているのです。比べれば見た目以上に質の差を実感して頂けるでしょう」(海藤社長) 
 
発達障がい支援が強み
中高年の採用にも注力


 また、「100㌫正社員化」という同社の強みは、家庭教師を本当に必要としている利用者層の多様化とマッチした。集団教育が難しく、アルバイト家庭教師には負担が大きい発達障がいや学習障がいを持つ生徒たちの指導だ。
「発達障がいの生徒たちの中には、個性が強いだけで勉強さえできていればストレスの増幅が抑えられたはずの子供もたくさんいます。彼らを指導するためには、生徒一人ひとりに合わせた教え方や教材などを入念に準備する時間が必要。経験豊富な正社員教師だからこそ対応できる〝ご縁〟だと思っています。『我々がやらなければ、一体誰がやるのか』という強い使命感で取り組んでいます」(海藤社長)
 いまや全体の約7割、新規では実に9割以上が発達障がいなどを抱える生徒だという同社。少子化の時代を生き残っていくためにはさらに質の高い人材の確保が急務だと考える海藤社長は、理念を共有する新たな人材を求めている。注目するのは、これからリタイヤを控えて第2の人生を模索する中高年の世代である。
「子どもの個性がますます多様化していく中で、AIが登場しても人間が人間を教える仕事は最後まで残る。一番難しい自分の子育てを終え、当社と同じ『誰かの役に立ちたい』というベクトルを持つ方に社会で得た様々な経験を還元して頂きたいですね」
と海藤社長は語る。 


【会社データ】
本社=東京都渋谷区道玄坂2―10―7 新大宗ビル2号館6F
☎=03―5728―3777
設立=1989年3月
資本金=3230万円
従業員数=約100名
事業内容=家庭教師派遣業
https://www.jump-japan.co.jp

拍手[1回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2019年7月7日号 [雑誌]

2019年07月07日号

ブログ内検索

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R