忍者ブログ
Home > 防災・セキュリティー

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

東京信用警備保障(シリーズNo.1434)

教育に注力、工事の安全を守る警備会社

丸小野 正弘 社長

 警備会社として30年以上の歴史を持つ東京信用警備保障株式会社。工事現場の交通誘導をメインに、関東各地に支店を持つ同社の2代目として、昨年10月代表取締役に就任したのが丸小野正弘社長だ。
「当社にとって何よりの財産は人材です。労働集約型の警備業務だからこそ、きちんとした教育によって、街に安心・安全を提供してきました」(丸小野社長)

拍手[0回]

PR

アサヒ安全業務社(シリーズNo.1416)

国際教育に力入れる鉄道関連専門の警備会社


鈴木 一法 社長

 鉄道関連に特化した警備会社として、神奈川・東京に地盤を持つ株式会社アサヒ安全業務社は40年以上の歴史を持つ。

 大手電鉄企業各社と長年の信頼関係を築いており、緊急の依頼に際した迅速な対応が評判だ。ベテランのスタッフも多く「この現場にはこの人を」と指名されることもあるという。

拍手[1回]

日本緊急通報サービス (シリーズNo.1378)

事故発生60分以内が救命救急のカギ
「HELPNET」の普及で早期搬送を

倉田 潤 社長

 救命救急の現場では出血多量の場合、事故発生から60分以内に治療開始できるかどうか。この「ゴールデンアワー」が救命のカギといわれ、特に、30分以内の治療開始で約50%の命が救えるという。
 だが、思わぬ事故に遭遇した時、冷静に119番・110番に通報し現場の位置を説明できるだろうか。そんな緊急時に、現場の正確な位置情報を自動的に「HELPNETオペレーションセンター」に送信、即座に消防・警察の指令台の地図画面に転送、救急車、パトカーが駆けつける。さらには医療機関にも通報し、ドクターヘリの出動を促す。
 そんなセーフティーネットともいえる緊急通報サービス「HELPNET」を提供しているのが、1999年9月、日本を代表する自動車・電機メーカー、警備会社、通信キャリア、損保会社などの出資を得て設立された株式会社日本緊急通報サービス(倉田潤社長)だ。

拍手[1回]

トーヨーセフティー(シリーズNo.1294)

トップセールスで顧客ニーズに対応
「明日の安全をひらく」安全保護具を開発・販売

藤原 正明社長


 「お客様の心に響く製品の開発を目指しています」と話すのは、株式会社トーヨーセフティー藤原正明社長だ。ヘルメット、保護めがね、防じんマスク、安全帯、ベルトスリングなど安全に関わる製品の開発・製造を手掛ける東洋物産工業株式会社の販売会社として、1997年に設立された。
 特に24時間稼働の最新設備で作られるヘルメットを得意としている同社。ホームセンターやワークショップで扱われる製品に加え、大手スポーツ用品メーカーのOEM生産も行っており、品質の高さは折り紙つきだ。
 13年前、東洋物産工業の工場長を務めていた藤原社長。売上が徐々に低下し活気がない当時の社内環境に危機感を覚え、全従業員を集め「営業、企画開発、製造が三位一体でなければ会社が危ない」と自ら指揮を執った。その情熱と手腕を買われ、現会長から社長就任を持ちかけられたという。

拍手[0回]

大日警(シリーズNo.1206)

港湾の安全を守る国内初の専業警備会社
現場主義で警備の品質・地位向上を目指す

今野 清社長

 多様化・凶悪化する犯罪や不測の事故から私たち国民の安全を守る警備会社。その先駆けが、1962年に専業としては日本初の警備会社として発足した株式会社大日警である。
「30年前まではセキュリティーという言葉も浸透しておらず、警備の仕事は〝守衛に近い認識でした。しかし、様々な危険が潜在する現代社会において警備会社は、安心・安全な暮らしに欠かせない存在です」
 こう語る今野清社長
 港湾貨物の検数・検量業務を行う社団法人全日本検数協会(現 ・一般社団法人全日検)の警備部門が分離独立し、日本船貨保全㈱として創業した同社。神戸港での船舶貨物の保全警備を皮切りに、東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・北九州の「日本6大港」を中心とする全国主要港湾地区・施設の警備業務で実績を積み重ねてきた。

拍手[2回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年08月20・27日合併号 [雑誌]

2017年8月20・27日合併号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R