忍者ブログ
Home > サービス・アパレル・小売

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

葵交通(シリーズNo.1590)

「社員ファースト」の徹底で業績向上
新卒採用実施中。若い力求むタクシー会社


田中 秀和 社長

 日産東京販売グループのタクシー会社として今年設立67年目を迎えた葵交通株式会社。丸ノ内線・中野富士見町駅徒歩2分の好立地に社屋を構える同社は今年度より新卒採用を始めている。狙いは、近年の若者達には終身雇用に幻想を抱かず、若いうちに出来るだけ収入を得て、次のステップへ進むとの発想を持つ層も多い中、一般企業の新卒より高い給与水準を得られる魅力をアピールすることだ。勿論、一定のキャリアを積んで、幹部候補を目指す道も用意している。
 1951年2月の設立以来、グループ企業として実績を積み、現在ではハイグレード車・ワンボックス車を含め62台を擁し、都内23区及び武蔵野・三鷹地域で信頼を勝ち得ている同社は、18年連続で優良法人事業者表彰特別優良賞を受賞。都内のタクシー会社で332社中第7位の信頼感を誇る。

拍手[1回]

PR

天池(シリーズNo.1560)

売り場づくりの創意工夫で圧倒的な集客力
「美味しい」を届ける都内屈指の食肉ブランド


大島 康正 社長

 いつの時代も「ご馳走」として食卓に笑顔を運び、最近では健康長寿の秘訣として注目される食肉。関東地方で精肉店「肉のあまいけ」スーパーマーケット「世界市」を展開する株式会社天池は、品質と鮮度の高い商品を通して幸せを届ける食肉業界のリーディングカンパニーだ。
「人は美味しいモノを食べた時、必ず『美味しい』という言葉が口をつく。この言葉に応えられる肉屋として、お客様に感動を与えることが我々の使命です」
 と話すのは、創業社長として50年超の業歴を積み上げてきた大島康正社長。社名の「天池」は、故郷である新潟県十日町市の慣習として実家につけられた屋号「雨池」が起源だという。
 現在、1都5県のスーパーマーケット、生鮮市場、ショッピングセンター等に32店舗を展開する同社。「目に豪快・持って実感・食べて満足」を合言葉にした商品の魅力だけでなく、テナントを誘致するデベロッパーから信頼を集める要因の一つとなっているのが、圧倒的な集客力だ。

拍手[0回]

味ん味ん(シリーズNo.1549)

A4・A5ランクの和牛カルビが安い!
地域で圧倒的人気を誇る七輪炭火焼肉店


三上 賀通 社長

 相模原市を中心に、神奈川県内と多摩地区で20店舗を展開する七輪炭火焼肉「味ん味ん」。A4・A5ランクの和牛カルビをはじめ、厳選した食材をリーズナブルな価格で提供する焼肉店として地元の人々から圧倒的な人気を誇る。
「誰でも気軽に、お腹いっぱい美味しいお肉を召し上がって頂くために〝安さ〟を追求しています。冷麺など、サイドメニューも含めて味には自信があります」
 と話すのは、同店を運営する株式会社味ん味ん三上賀通社長。高校生の頃から将来の経営者を志し、会社勤めや運送業から転業した実家の焼肉店を手伝った後、1994年に同社の第1号店として開店したのが田名店(相模原市)である。
 その当時を、「お金も計画性も全く無かった」と振り返る三上社長。周囲からは「儲からないだろう」と心配する声も上がったが、大盛の肉を安く食べられる焼肉店として工務店や工場が多い土地柄とマッチし、好調なスタートを切った。

拍手[1回]

鈴木清作商店/Hitomi事業部(シリーズNo.1524)

英国発上質アロマが創る
「香りによるブランディングと快適な空間」の提案


鈴木 ひとみ 代表
 
 
市場規模3337億円(2015年・日本アロマ環境協会推計)とされるアロマ業界。香りを楽しむライフスタイルが着実に広がる中、株式会社鈴木清作商店「Hitomi事業部」は英国フレグラントアースインターナショナル(以下「FEI」)社のアジア総代理店としてアロマブランド「Fragrant Earth」「Make It & Co.」「Style Aroma」他を銀座直営店や伊勢丹新宿本店、ユナイテッドアローズ各店などで展開している。自然志向のユーザーに支持されて順調に売上を伸ばす同社は法人向けのアロマ事業の拡大を進めている。
「例えば、不快な匂いでお困りの介護施設は多いと聞きます。快適さを求められる空間において嫌な臭いがするのは残念ですよね。当社は精油やコスメの販売を通じて香りや匂いに深く関わって来ました。天然由来の精油は香りによる心地よさだけでなく、大地の恵みと植物の持つ力によって心と体の健康を促すことにも繋がっています。数ある精油の中には殺菌や消臭効果に優れた精油もあり、『香りで臭いを誤魔化す』のではなく、嫌な臭いを元から分解・解消することで、入所者の皆さんやご家族、ひいてはスタッフの皆さんも心地よく過ごせる環境と、快適な空間創りをサポート致します」

拍手[4回]

ケンコー(シリーズNo.1521)

躍進する気鋭のフードビジネス企業
積極的な店舗出店・M&Aで事業拡大

藤井 健 社長

 横浜市に本社を構える株式会社ケンコーは、中華料理店「王記厨房」「東京餃子軒」をはじめ中華料理・ラーメンなど直営店83店舗、FC店180店舗を展開する気鋭の企業だ。さらに積極的なM&Aを推し進めて業容を急拡大し、フードビジネス業界に旋風を巻き起こしている。
 1978年に中国・福建省で生まれた藤井健社長は、中国残留孤児であった祖母の帰国に伴い、12歳の時に親族200人と共に来日。中学卒業後、横浜中華街などで勤務を続ける傍ら、将来は「独立するしかない」と考え、昼夜を問わず働いて資金を貯めた。

拍手[3回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年9月2日号 [雑誌]

2018年9月2日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R