忍者ブログ
Home > サービス・アパレル・小売

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

丸進(シリーズNo.1756)

人と人との結びつきを大切に――
多彩な引き出しで急成長する繊維資材商社



野澤 孝康 社長


 平安時代から腕利きの織物職人たちが集い、高級絹織物「西陣織」発祥の地として知られる京都・西陣エリア。今も織物産業の老舗業者が軒を連ねる中立売通に本社を構える株式会社丸進は、洋服にアクセントをもたらすリボンやレース、組紐、ブレイドといった繊維資材の専門商社として設立から70年超の業歴を重ねている。
「当社の仕事は対面販売がメイン。常に人と人との結びつきを大切にし、営業部門を中心とする社員たちの頑張りによって今日まで生き残ってこられました」
 と話す野澤孝康社長は立命館大学を卒業後、アパレル会社で4年間勤務し、「JICA」の青年海外協力隊にも2年間参加。7年前に4代目の社長に就任し、創業当時から脈々と受け継がれている「人と人との結びつきを大切にする。」という言葉を社訓として定めた


拍手[1回]

PR

帝産湖南交通(シリーズNo.1744)

琵琶湖の湖南地域に根差し、設立70周年!
帝産グループの路線・観光バス会社



大西 真澄 社長


 現在放映中のNHK朝ドラ『スカーレット』や、今春スタートした大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台として、滋賀県がじわじわと注目を集めている。
「明智光秀が築いた坂本城があった大津市は京都からほど近く、便利な反面、観光コースとしては『通過点』になりがちなエリアです。しかし、琵琶湖に面したこの辺りは観光地として味わい深いスポットがまだまだたくさん埋もれています」
 と話すのは、帝産湖南交通株式会社大西真澄社長
 オレンジ色を背景にグレイハウンド犬が駆ける独特のエンブレムでお馴染みの帝産観光バス㈱のグループ会社として、滋賀県南部を拠点に観光バスと路線バス事業を軸に展開する同社。設立時は路線バス事業からスタートし、現在はJR琵琶湖線や草津線の駅を中心に約70の系統を結ぶほか、草津市のコミュニティバス「まめバス」、栗東市のコミュニティバス「くりちゃんバス」を運行する。ARASHIとの関連で話題の「大野神社」が同社の路線上にあり、休日に草津駅から発車する直行便は多くのファンで賑わっている。


拍手[1回]

インファクトリー(シリーズNo.1731)

高品質な仕上がりがリピーターを生む
短納期の最新鋭プリントTシャツ工場



永井 達也 社長


 元々は肌着であったTシャツがアウターとして一般的に普及したのは、1950年代。映画『欲望という名の電車』でマーロン・ブランドがタフにTシャツを着こなし、若者層に広く影響を与えたといわれる。今やストリート・ファッションの重要アイテムであるTシャツは、一方で「メディア」としての機能を発揮する一面を持つ。
 例えばチームTシャツ。オリジナルプリントのTシャツをチームで着ることによってアイデンティティを主張し、帰属意識を高める役割を担う。広告ツールにもなり得るTシャツは、身近にメッセージが発信できるメディアともいえる。
「Tシャツは『着るもの』と考えれば〝文明〟で、プリントは無くても困らないという意味で〝文化〟と捉えるならば、プリントの〝文化〟を普及させることが私たちの役割です」


拍手[1回]

宇仁繊維(シリーズ No.1649)

2019年4月に創業20周年を迎える
オンリーワンのテキスタイルメーカー



宇仁 龍一 社長


生活の基本を「衣食住」と表現するが、この三文字の漢字をユニークに解釈するのが、宇仁繊維株式会社宇仁龍一社長
 「なぜ『衣』が先頭にあるのか。それは人間が生きていく上での優先順位を記しているのだと思います。採用面接ではこのことを繰り返し伝えていますので、『三度の食事より服が好き』という社員ばかりが集まっています」


拍手[4回]

葵交通(シリーズNo.1590)

「社員ファースト」の徹底で業績向上
新卒採用実施中。若い力求むタクシー会社


田中 秀和 社長

 日産東京販売グループのタクシー会社として今年設立67年目を迎えた葵交通株式会社。丸ノ内線・中野富士見町駅徒歩2分の好立地に社屋を構える同社は今年度より新卒採用を始めている。狙いは、近年の若者達には終身雇用に幻想を抱かず、若いうちに出来るだけ収入を得て、次のステップへ進むとの発想を持つ層も多い中、一般企業の新卒より高い給与水準を得られる魅力をアピールすることだ。勿論、一定のキャリアを積んで、幹部候補を目指す道も用意している。
 1951年2月の設立以来、グループ企業として実績を積み、現在ではハイグレード車・ワンボックス車を含め62台を擁し、都内23区及び武蔵野・三鷹地域で信頼を勝ち得ている同社は、18年連続で優良法人事業者表彰特別優良賞を受賞。都内のタクシー会社で332社中第7位の信頼感を誇る。

拍手[1回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2020年4月19日号 [雑誌]

2020年4月19日号

ブログ内検索

新着記事

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R