忍者ブログ

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

東洋ホイスト(シリーズNo.1348)

福岡を代表する荷役機械メーカー
社会貢献企業を目指して



東谷 典章 社長

 8期連続経常利益率10%超え、今年3月には17.6%(売上34.9億円)を達成した優良企業が福岡県糟屋郡にある。重量物を吊り上げ搬送するホイスト・クレーンを中心に、各種荷役機械を製造販
売する東洋ホイスト株式会社だ。
 今年で社長就任から10年目を迎える東谷典章社長
 好調の秘訣を尋ねると、「社員の意識改革に注力してきたことが実を結びました。『ものづくり』は『人づくり』であり、会社のルールに基づいて社員が成長してきた結果です」
 と話してくれた。
 工場や工事現場、造船、発電所、ごみ焼却場など、あらゆる現場に対応し、信頼を積み上げてきた同社。 環境装置分野では、ごみ処理施設で焼却場のごみを投入するごみクレーン等を製造。約35年間でおよそ800台を納入し、全国で実績を上げている。小型・中型クレーンを中心に北海道利尻島から沖縄県北大東島まで各地方自治体に納入しており、地域住民の生活向上に尽力してきた。
「来年には熊本県八代市の清掃工場にクレーン2基の納入計画を進めています。熊本地震の被災地でも被災ごみ処理を行い、災害復興にも貢献すべく対応しています」(松本宗之技術部長)
 また、船用事業部では、ヘリコプター整備用の格納庫クレーンを護衛艦へ、エンジンルームのメンテナンス用主機開放クレーンを全国展開し大手造船所に納入している。
「特に護衛艦格納庫クレーンは全ての護衛艦に搭載されており、技術力の粋を集めた当社の誇りです」(吉永章子船用事業部部長)

人材育成に注力し
利益体質を追求する

 若手経営者の育成をテーマに、社員教育も徹底して行っている同社。
「基本を守り社会を学べば自然に高品質の製品ができ、利益を生み出せます。たとえば17時から会議開始なら、16時50分には全員集合が当たり前であり、自分で考え行動できる力を求めています」
 と東谷社長が話す通り、特筆すべきは会議と勉強会の充実ぶり。ほぼ毎日、社員が自身の考えを発表し、やり取りしあう場が設けられている。常務時代から東谷社長自ら会議スケジュールを作成しており、今年9月で15年4ヶ月目となる184回を数えるという。
 会議資料や議事録に加え、毎月の方針や営業実績、経営分析などを記した経営報告書も作成。社員がデータで現状を理解できるよう心掛けている。
「経営者に最も必要なのは利益をきちんと出すことです。自分自身にノルマとプレッシャーを与え、会社の力を上げるには何をすべきかを考えています」
 最後に「利益を社員にしっかりと還元し、社員が今以上に充実した生活を送れる企業を目指します」と話してくれた東谷社長。
 バイタリティ溢れる経営者を核にますますの発展を遂げていくに違いない。

【会社データ】
本社=福岡県糟屋郡新宮町下府2-11-1
☎=092-962-1431
設立=1958年9月
資本金=6000万円
事業内容=荷役機械の製造販売及びメンテナンス
http://www.toyo-hoist.co.jp

拍手[0回]

PR

シーアンドエス(シリーズNo.1347)

医療系システムの確かな専門性とノウハウ
プロパーの魅力で選ばれるITパートナー


山田 忠信 社長
 
 
 加速する医療機関でのIT導入――。医療システム開発の草創期から専門的なノウハウと技術力を積み重ね、世界的エレクトロニクスメーカーのコアパートナーとして絶大な信頼を得ているのがシーアンドエス株式会社である。

「当時はパッケージソフトではなく、各病院のニーズを聞いてシステムをカスタマイズする方法が主流。複雑な保険制度や部門別の業務内容を一つずつ覚えながら専門性を磨いてきました」
 と、医療システムの開発事業に参入した当時を振り返るのは山田忠信社長だ。

拍手[0回]

協和調査設計(シリーズNo.1346)

農業土木を主体に社会資本整備に貢献して50年
有資格者のマンパワーが光る建設コンサルタント


安藤 敦司 社長

 意外に思われるかも知れないが、製造業などモノづくりのメッカとして知られる愛知県は、全国1位の花卉を始めとする農業産出額でも全国7位の有数の農業県でもある。
 その愛知県の農業用施設や道路・河川・下水道などの社会基盤施設の整備や維持管理に、調査・計画・設計等のコンサルティング業務を通じて長らく貢献してきたのが、1967年10月の設立、50期目を迎えた協和調査設計株式会社だ。

拍手[1回]

八王子交通事業(シリーズNo.1345)

創業75年の老舗タクシー会社
地元に根差した公共交通の一翼を担う


下田 直啓 社長

 東京郊外、八王子市を中心に南多摩地域でタクシー・ハイヤー事業を営む八王子交通事業株式会社(下田直啓社長)は、1941年(昭和16年)3月、戦時色の濃厚な時代背景の下、国命に従い市内のタクシー会社3社が合同して発足、今年で創業75年の八王子初の法人タクシー会社だ。

拍手[0回]

ビッグミート(シリーズNo.1344)

元気と笑顔で一生懸命!
国産手刺しでファンを増やす焼鳥居酒屋


神宮 律男 社長
 

 東武東上線沿線に焼鳥居酒屋「大」を12店舗展開する株式会社ビッグミート。全店舗が開店から黒字を維持し、右肩上がりに業績を伸ばす同社の躍進には、決して特別な経営手法があるわけではない。

「私は、ただ目の前の問題を一つ一つ解決してきただけ。闇雲に夢へと突き進むのではなく、身の丈に合った経営を続けてきました」
 と話すのは、「元気と笑顔と一生懸命」を信条とする神宮律男社長。鹿児島県から上京し、ハム製造会社で修業を積んだ後、29歳で独立して精肉店を開業した。
 そして37年前、小売業で培った仕入れのノウハウを生かした焼鳥居酒屋として同店を開業。精肉店直営の新鮮な焼鳥を低価格で提供する同店は忽ち繁盛し、着実に店舗数を拡大してきた。その象徴とも言えるのが店頭に設けられている焼鳥のテイクアウトコーナーだ。食欲をそそるタレの香りが街行く人の足を止める。

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2016年10月09日号 [雑誌]

2016年10月9日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R