忍者ブログ

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

高広木材(シリーズNo.1592)

木のある住まいを支えて創業100周年
「ウエスタン・レッドシダー」専門販売会社


渡辺 昭 会長

 その名の通り、貯木場や木材関連の企業が軒を連ねる新木場。駅前広場に立って周囲を見渡すと、ひと際目を引く建屋がある。1918(大正7)年の創業から今年で100周年を迎える高広木材株式会社の社屋はショールームも兼ね、色鮮やかな草花が茂る庭を抜けて扉を開ければ、爽やかで心地よい木の香りが出迎えてくれる――。
 外装やデッキ、内装に使われているのは北米の先住民族に「生命の木」と謳われ、トーテムポールの材料でもあるヒノキ科ネヅコ属の針葉樹「ウエスタン・レッドシダー」。同社は、このカナダ原産「レッドシダー」を日本に普及させるため、約30年前から専門会社として製品の供給を開始した。   
 腐食や虫害に強く、断熱性能に優れるだけでなく、針葉樹の中では寸法安定性が高いレッドシダーは密度が低く軽量な上、塗装仕上げも容易。均一で美しい木目と温かい色合いは建築家のデザイン心を刺激する。

「石油化学製品に囲まれた住まいが増える中、レッドシダーの良さを伝えるためには自分たちが使わなければ説得力が無い。庭には木を引き立たせる草花を植え、自然の温もりに包まれた暮らしをイメージして頂けます。20年以上の経年変化も確かめて頂きたいですね」
 と話すのは渡辺幹夫社長の実兄であり、先代社長として21年前に同社屋を建設した渡辺昭会長。東京木材問屋協同組合の理事長も務め、日本における木材需要の振興に寄与している。

拍手[0回]

PR

樫の木製作所(シリーズNo.1591)

「情報」を「カタチ」にする創造企業
新分野にも果敢に挑戦、地球環境に貢献!!


大隈 浩 社長

「期待されるものを創り、提供する。様々な技術を実用化する手助けをして『情報』を『カタチ』にする会社でありたい」
 と話すのは、埼玉県越谷市に本社を置く株式会社樫の木製作所大隈浩社長だ。
 1995年に創業した同社は、パソコン・サーバー・スマートホン・医療機器などで使用される電磁波シールドテープを主力商品とした特殊フィルム・金属箔の加工で実績を積む。
 同社は、培った経験と技術を駆使し、ラミネートやコーティングなどフィルムとフィルム、フィルムと金属箔の貼り合わせから、マイクロスリット加工やプレス加工、さらに、新素材や新製品の性能・特性の測定・分析までをすべて自社で一貫して担う体制を整備。少量多品種・多色・短納期のニーズにも対応している。
 同社は、常に時代の先端を捉え、新たな素材の探求や加工技術の追求にも積極的にチャレンジする。社会のニーズや顧客の要求事項、また、材料に起因する特性を徹底的に理解し、目的に合わせた細さ・強さ・柔軟性・耐熱性などに優れた製品、最適な材料の開発・提案の実践を矜持としている。

拍手[0回]

葵交通(シリーズNo.1590)

「社員ファースト」の徹底で業績向上
新卒採用実施中。若い力求むタクシー会社


田中 秀和 社長

 日産東京販売グループのタクシー会社として今年設立67年目を迎えた葵交通株式会社。丸ノ内線・中野富士見町駅徒歩2分の好立地に社屋を構える同社は今年度より新卒採用を始めている。狙いは、近年の若者達には終身雇用に幻想を抱かず、若いうちに出来るだけ収入を得て、次のステップへ進むとの発想を持つ層も多い中、一般企業の新卒より高い給与水準を得られる魅力をアピールすることだ。勿論、一定のキャリアを積んで、幹部候補を目指す道も用意している。
 1951年2月の設立以来、グループ企業として実績を積み、現在ではハイグレード車・ワンボックス車を含め62台を擁し、都内23区及び武蔵野・三鷹地域で信頼を勝ち得ている同社は、18年連続で優良法人事業者表彰特別優良賞を受賞。都内のタクシー会社で332社中第7位の信頼感を誇る。

拍手[1回]

華琳 (シリーズNo.1589)

お家で出来る!「ブレストライト」で乳がんチェック


石塚 琳 社長

 毎年約9万人の人が罹患しているという、日本女性が罹るがんの第1位が乳がん。2年に1回のマンモグラフィ検診が推奨されているが、痛みを敬遠して受診しない人や、高濃度乳腺の人は発見できない場合があるなど、定期検診で「異状なし」と判定されても必ずしも万全ということではないという。
「乳房の健康意識の向上」を提唱する華琳株式会社石塚琳社長)は、英国PWB社の日本製造販売元として、家庭で手軽にセルフチェックできる乳がんのスクリーニング機器「ブレストライト」を輸入・販売。乳がんリスクの高まる35歳以上の女性に、早期発見のために定期的にチェックすることを勧めている。PWB社の実験では7㎜の腫瘍も発見できたというこの機器は、特定の波長の光を胸に当て、乳房内部を可視化するもので、その検知効果は乳腺濃度にも影響されない。
「健康意識を高めて乳がん早期発見に努めましょう」
 と、石塚社長は語る。

【会社データ】
東京本社=東京都墨田区千歳1―4―12 桜井ビル4F
☎=03―6666―9179
事業内容=医療機器製造・販売、ソフトウェア開発等
http://www.karin-jp.com

拍手[1回]

ECOMOTION (シリーズNo.1588)

珪藻土塗り壁で調湿・健康維持のW効果を


深澤 由加里 社長

 北海道・稚内産の珪藻頁岩を含む天然素材100㌫の塗り壁材に、よもぎ・イタドリ・柿の葉から抽出した溶液を配合することで、優れた調湿機能・空気の無害化・清浄効果に加え、体内の活性酸素除去の効果も期待できる塗り壁材「ShiningWorldSeries」を完成させたのが、2014年5月設立の株式会社ECOMOTIONだ。
 特注家具メーカーで01年より「珪藻塗り壁」の研究・開発に携わってきた深澤由加里社長は、当時の社長の遺志を継ぎ、13年に渡る試行錯誤の末の成果を世に出すために独立し、その普及に向けて東奔西走している。
 既設の壁に塗るだけでWの効果が期待できるリトップ材も開発中で、同社では「Shining」の抗酸化作用を実証するモニター試験も実施、有意な試験データを弾き出した。この結果を得て、深澤社長は持論の「エイジングケア空間」に自信を深めている。  

【会社データ】
本社=群馬県前橋市下増田町92―1
☎=027―266―5240
事業内容=健康珪藻土・漆喰調塗り壁材の開発・施工
http://ecomotion.house

拍手[1回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年7月29日号 [雑誌]

2018年7月29日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R