忍者ブログ
Home > 記事一覧

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

アンバソールジャパン(シリーズNo.1458)

世界の分析計メーカーとの緊密なネットワーク・
人的ネットワークで経験を付加したシステムを提供


吉金 康弘 社長

「実は、日本の化学工業において、精油所及び石油化学プラント向けプロセス分析計システムのマーケットは殆どありません。規格、法令の違いで当社がエンジニアリング会社を通じて各国に納入したようなシステムは採用されていないのです。日本の化学工業のここまでの成熟は、優秀なオペレーター達の技量に負うところが大きく、その分、システムに対するとらえ方が諸外国と違ってきたのではないでしょうか」
 と話すのは、2001年6月設立の分析計システムメーカー、アンバソールジャパン株式会社吉金康弘社長だ。
 プロセス分析計システムの世界的権威として知られるトニー・ウォータース氏の会社でシステムセールスのトップで働き、その後共に事業を興した経験を有し、今でも親交を持つ吉金社長は、設立以来その人的ネットワークを生かして、海外の分析計メーカーの国内総代理店として、同時に自らもシステムメーカーとして、プラントエンジニアリング会社の海外プロジェクトへの製品供給及び、日本でのプロジェクト支援を中心に事業を展開してきた。

拍手[0回]

PR

あすかアニマルヘルス(シリーズNo.1457)

動物用医薬品・飼料の製造・販売で
人と動物が共生できる社会づくりに貢献

  
松葉 昌行 社長
 
 去る6月29日、畜水産業向け動物用医薬品・飼料等の研究・開発、製造、輸入、供給を通じて食の安心・安全の維持に貢献してきた、あすかアニマルヘルス株式会社の3代目代表に松葉昌行社長が就任した。

 同社は、2020年に創立100周年を迎えるあすか製薬(旧帝国臓器製薬)のアニマルヘルス事業を分社化して13年6月に設立、14年4月に営業開始した戦略企業だ。分社化の目的は、近年の世界的食糧問題・貿易自由化を背景とした畜水産業界の変化や、コンパニオンアニマル(CA)用製品需要の急進等、急速な市場環境の変化に即応するため、経営の自由度を高め、意思決定の迅速化・業務の効率化を推進し、収益性の向上を図ることにあった。

拍手[1回]

天誠精工(シリーズNo.1456)

精密板金加工で30周年。町工場の底力を見た


天野 秋彦 会長

 国鉄の分割民営化を機に退職。国鉄車両整備工場勤務で培った板金加工技術を生かして1987年7月、株式会社天誠精工を創業した天野秋彦会長今年で記念すべき30周年を迎える。

拍手[0回]

テクトレージ(シリーズNo.1455)

「ナレッジホルダー」で情報共有を支援

 
林 充 社長

 育児や病気・怪我などによる在宅勤務、突然の離職・退職に伴う引継ぎなど、社内の情報共有に悩む中小企業経営者に朗報!株式会社テクトレージ(林充社長)が提供するオンラインストレージサービス「ナレッジホルダー」をインストールすれば、パソコンを通常通り使用するだけでデータは自動的にAWSサーバーに保存され、検索も自在。

拍手[0回]

ピー・エス・コンクリート(シリーズNo.1454)

グループ一丸となり日本のインフラを支える
業界をリードするコンクリート製品メーカー

 
山村 幸三 社長

 日本の交通インフラを支える橋梁や高速道路。耐久性や強度が重要なこれらの構造物に用いられるのが“プレストレストコンクリート(以下PC)”だ。

「一般の方々には馴染みの薄い言葉かもしれません。しかし、日本の大動脈を支える役割を果たしています。日本のコンクリートの橋の約2割に我が社の製品が使われているんです」
 と、語るのはピー・エス・コンクリート株式会社山村幸三社長

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年09月03日号 [雑誌]

2017年9月3日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R