忍者ブログ
Home > 記事一覧

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

磁気研究所(シリーズNo.1423)

世界のアキバからメディアサービスを展開!
グローバルな視点で“メディア”を研究


斉藤 邦之 社長

 アニメやゲーム・音楽ソフトなどで若者をはじめ外国からの旅行者で常に賑わう秋葉原。今や、その名はアキバ・AKIBAの愛称で世界に浸透している。この地で産声を上げ、今年、創業38周年を迎えたのが、斉藤邦之社長率いる株式会社磁気研究所だ。
 外資商社から20代で独立後、「若さを自分のために使おうと思ったこと、世界で一番の記録メディア企業を作ろう」と決心したことが創業動機と語る斉藤社長。
 同社は磁気記録メディアで国内マーケットシェアトップクラスを誇り、近年の売上は約80億円と安定して推移。利益面でも昨年初の1億円突破を達成した。

拍手[0回]

PR

早川製作所(シリーズNo.1422)

鉄道検修設備で大手の信頼を獲得
挑戦を続ける老舗省力機械メーカー


早川 芳行 社長

 我々が普段利用している電車は、故障した際の修理だけでなく、安全のために定期的な点検・整備が行われているのをご存じだろうか。そうした検査・修理の際に、車体を台車から切り離し、その上で作業を行うために乗せる設備が「仮台車」である。
 この「仮台車」などの機械設備をメーンに、鉄道会社各社と長年の信頼関係を築いている株式会社早川製作所は、創業から60年以上の歴史を持つメーカーだ。

拍手[0回]

相馬輸送(シリーズNo.1421)

徹底改革で会社と社員を守る
成長続ける24時間体制の運送会社


髙橋 至 社長

 コンビニやスーパーなどに並ぶ食料品は、深夜私たちの寝ている間に産地・メーカーから運ばれている。そんな24時間体制の物流システムや流通網が発達した現在でも、それらを支えるのは、ドライバー一人ひとりだ。
 今年で創業41周年を迎える株式会社相馬輸送は、トラック153台、従業員数180名を擁し、急速に成長を遂げる運送会社。その旗振りを務めたのが、髙橋至社長だ。

拍手[0回]

光英科学研究所 【特別企画】『サンデー毎日』元編集長潟永秀一郎が聞く Vol.1

「腸内フローラ」が作る
「乳酸菌生産物質」が健康の鍵


村田 公英 光英科学研究所社長        潟永 秀一郎 サンデー毎日元編集長


「腸内フローラ」の真実

――腸と健康の関係が注目されていますが、そんな折、村田社長の著書『不老「腸」寿』(幻冬舎新書)を読ませていただきました。内容がよく整理されており、理解が深まりました。
村田 テキストとして使えるよう私の持論を盛り込み著しました。長寿ではなく「腸寿」としたところがミソで、高名な科学者から一般の方まで幅広い層に読んでいただいているようです。
――さて、改めてお伺いします。いま脚光を浴びている「腸内フローラ」とは何か、そこからお話しいただけますか。
村田 はい、分かりました。私たちの腸内にはたくさんの細菌がすんでいます。その数100種類以上、約100兆個ともいわれています。
 それはまるで、お花畑(フローラ)のように群生していることから、この細菌の様相を腸内フローラと呼んでいるのです。ここでからだを(病原菌やウイルスなどから)守ってくれる物質を生成しています。

拍手[0回]

Findアクティブラーナー(シリーズNo.1420)

学び方を変えて未来の子供たちを育成する


永井 充 社長

加速するグローバル、ボーダレス化。IoTやAIの進化は、技術的特異点をもたらし、将来を支える子供たちの教育の変容も迫る。大転換が予想される未来に向けて、自らの力で思考し、生きることのできる能動的な子供たちを育成したいとの熱い思いから誕生したのが、永井充社長率いる株式会社Findアクティブラーナーだ。

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年07月30日号 [雑誌]

2017年07月30日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R