忍者ブログ
Home > 記事一覧

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

半田工業所(シリーズ No.1709)

兄弟二人三脚で「次の50年」を先導する
〝基礎を固く〟業績を伸ばす鉄骨工事会社



半田 光 社長



半田 昌巳 常務

 
 中小企業が直面する大きなテーマ「事業承継」。静岡県富士市に敷地約5千平米の本社工場を構える株式会社半田工業所は、今年で設立55年を迎える。半田光社長が2代目として就任したのは、先代が逝去した2010年のことだ。
「創業者である先代社長は私の祖父にあたります。父は私が中学生の時、既に亡くなっており、会社を継ぐのは私しかいませんでした」
 と話す半田社長は、当時33歳。これまで実績を残してくれた先輩社員である従業員と、その家族の生活を思うと「この会社をなくすことはとても考えられなかった」と振り返る。


拍手[1回]

PR

外装専科(No.1708)

全国の管理組合から信頼を集める
マンション大規模修繕の駆け込み寺


代表取締役会長 伊藤 洋之輔


私たちの毎日の暮らしを風雨から守ってくれる大切な住まい。マンションの大規模修繕工事は、単に美観保持を目的とするのではなく、経年による建物の劣化やそこから生じる不具合の発生を防止し、安全・安心な住環境を整備すると共に、大切な財産である建物の資産価値の維持を目的として管理組合を中心に、長期修繕計画に基づき実施され、その費用は、区分所有者から集めた修繕積立金で賄われる。


拍手[1回]

サクシード(シリーズNo.1707)

創業40年を越える老舗ソフトウェア開発企業
新体制で新たな境地を切り拓く

小林 千裕 社長


 情報処理業界の黎明期に創業し、今年で43年目を迎えたサクシード株式会社は4月に役員を一新。2代目として就任した小林千裕社長は、1989年に同社に入社後、システム開発部門、人材育成部門で本部長を兼任した経歴を持つ。
「長きにわたり、お世話になってきた会社にご恩返しをしなくてはならないと考えた。断る理由は何もありませんでした」(小林社長) 
 同社は日立グループ4社より主要パートナー企業として認定。官公庁をはじめとする公共系のシステム受託開発を主軸とし、全売上高の8割を占めている。


拍手[1回]

うちすけ(シリーズNo.1706)

〝お家の助っ人〟がトータルに困り事を解決!
職人のFC化で躍進する「張替本舗 金沢屋」



小比田 隆太 社長


 心落ち着くイグサの香りと荘厳な佇まい――。高齢者が暮らす世帯を中心に「和室文化」が未だ根強い支持を集める一方で、少子高齢化などを背景に襖や障子、網戸などの張替を行う職人の数が不足している地域も多い。
 そんな中、和室リフォームにおける「張替」というニッチな市場で独自のビジネスモデルを確立し、急成長を遂げているのが「張替本舗 金沢屋」だ。運営する株式会社うちすけは、今年から新しくなった社名の通り「お家(うち)の助(すけ)っ人」として住宅の様々な分野へ着々と事業領域を広げている。


拍手[1回]

光英科学研究所(シリーズNo.1705 )

GMP適合認定を原材料・製品でダブル取得
「乳酸菌生産物質」がいよいよ一般食品に導入



村田 公英 社長


 令和元年の節目の年に創業50周年、法人設立25周年を迎えた「乳酸菌生産物質」の代表的メーカー、株式会社光英科学研究所。その代表である村田公英社長が7月、「彩の国経営革新モデル企業」の一社として、「『令和』の時代に成長する中小企業の条件とは?」と題するビジネス交流セミナー(日刊工業新聞社主催)で講演を行った。
 そこでは、2011年以来3次に渡り埼玉県に承認された「経営革新計画」の推移とその成果として、初年度比2・5倍の売上増を発表。併せて、乳酸菌生産物質原料メーカーとして初めて原材料・製品の2分野でGMP適合認定をダブル取得したことも公表された。


拍手[1回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2020年3月1号 [雑誌]

2020年3月1日号

ブログ内検索

新着記事

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R