忍者ブログ
Home > 記事一覧

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

海上商事(シリーズNo.1686)

将来を担う若手・中堅薬剤師よ来たれ!



小手 裕之 社長


「入社した社員には『入って良かった』、退社した人には『前は良かった』と思われる企業を目指し、日々努力を重ねています」
と 語るのは千葉で5店舗の調剤薬局を擁する海上商事株式会社小手裕之社長。大学卒業後、異業種複数社で経営に関り、薬剤師としては異色の経歴を持つ。


拍手[0回]

PR

カルファイン(シリーズNo.1685)

1万年分の〝資源〟を未来に!
「メイド・イン・岡山」の高品質石灰石メーカー




東 喜則 社長

 
 自給率100㌫の天然資源として、日本において類稀な存在感を放つ石灰石。セメントの原料として知られる石灰石は、産業用製品のみならず医療や食品の分野にまで、品質に応じて多岐にわたる製品の原料として使われている。衣・食・住、思いがけないところでも私たちに馴染みの深いマテリアルだ。
この石灰石の埋蔵鉱量を100億㌧以上をも有する企業が岡山県の中西部・高梁市に本社を置く株式会社カルファインである。
「深さと面積から換算した金平工場(広島県神石郡)、山宝工場(岡山県高梁市)の推定鉱量は、少なめに見ても合計で125億㌧になります。現在の月間平均出荷量から換算すると、およそ1万年分に及びます」
 と東喜則社長は語る。同社の強みは、この無尽蔵な埋蔵鉱量だけでなく、国内でも最高級クラスといえる「鉱質」にある。


拍手[0回]

日さく

JAPANコンストラクション国際賞に輝く
国内トップの井戸掘り技術で世界に貢献

 
若林直樹社長と石井啓一国土交通大臣


地下水・温泉のさく井(井戸掘り)においての国内パイオニア企業であり、海外でも先導的に地下水開発関連のインフラ建設を担う株式会社日さく(若林直樹社長)。セネガルの農村地域における同社の「安全な水の供給と衛生環境改善計画」が高く評価され、先ごろ第2回「JAPANコンストラクション国際賞」のプロジェクト部門において、国土交通大臣表彰を受賞した。


拍手[0回]

誠輪物流(シリーズNo.1684)

人に愛を、地球に優しい物流を目指す
一致団結と組織風土改革で大転換の時



野坊戸 薫 社長


 埼玉県鶴ヶ島市に本社を構え、県西エリアを代表する運送会社として存在感を放つ株式会社誠輪物流。「人に愛を、地球に優しい物流を目指します」を企業理念に謳い、CNG(天然ガス)車の導入や安全性優良事業所を示す「Gマーク」の取得など、いち早く環境と安全への対策に取り組んできた同社は今、大きな転換期を迎えている。
「何事も『〝NO〟から入らない』という父の教えを守りながら、『変えない』を貫いてきました。しかし、縦・横に水が流れていない社内風土や、地元でも当社の場所を知らない方が多いことに気づきました。私らしく、5年後、10年後を考えて行動したいと思います」
 と話すのは、2年前に父君の急逝を受けて経営を引き継いだ野坊戸(のぼと)薫社長「一致団結」「良い組織風土づくり」を今年のスローガンに掲げ、変化への手応えを実感し始めているという。


拍手[0回]

日本綜合警備(シリーズNo.1683)

ポジティブで誇り高い「プロ警備員」育成
選ばれるためのブランディング戦略に挑戦



対馬 一 社長


 安全はタダではない――。連日のように報道されるテロや凶悪犯罪、災害のニュースが私たちのセキュリティーに対する意識を大きく変えた一方、平穏な暮らしを陰で支えるのは全国に1万社近くある警備業界。しかし、これだけの数がありながら、ふと思い浮かぶのは大手の数十社であり、他多数は、人材確保に頭を抱える中小企業だ。
「中小規模の警備会社にとって最も重要なのは、いかに人を集め、タイムリーに供給できるか。しかし、警備という仕事に『携わりたい』と思う人の母数そのものが少ないのも現状です」
 と話す日本綜合警備株式会社対馬一社長は3年前に就任して以降、既成の枠に囚われないブランディング戦略を推進。その狙いは付加価値の高い業務の受注と人材採用力の強化にある。


拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2019年7月7日号 [雑誌]

2019年07月07日号

ブログ内検索

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R