忍者ブログ
Home > 建設・建築・土木・設備・管理

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

モリボー (シリーズNo.1579)

「熱海の建物は地元の業者が守る」
地元愛に溢れる建造物の総合改修工事会社


森 有光 社長

「熱海」が観光地として活気を取り戻しつつある。宿泊客数は2011年から右肩上がりに伸び続け、15年には300万人台までに回復、その後も順調に賑わい続けている。その復活の立役者は様々な業種のチーム熱海体制で臨んだ50代前後の経営者達だった。
 建物の総合改修工事業者としてその一角を担ったのが、1970年2月㈱森塗装店として設立、85年12月現社名に変更した株式会社モリボーの2代目経営者で、現在54歳の森有光社長だ。
 地元熱海で先代社長の働く姿を見て育ち、自宅通学のため大学在学中も夕方には家業を手伝い、後を継ぐ意志を固めた。卒業後は神奈川県の建設会社で経験を積んだ後同社に入社。2012年に社長に就任した。
 戸建て住宅の防水・塗装・外壁改修工事から、リゾートマンション等の大規模修繕工事までを手掛ける同社は、「建物の寿命を延ばし、大切な財産をお守りします」をモットーに、地域密着の姿勢で丁寧な仕事を心掛け、日々各種技術の向上を求めて精進している。

拍手[0回]

PR

大和(シリーズNo.1571)

関東屈指のマンション大規模修繕工事会社
技術力と真心で信頼を広げる「大きな和」


佐藤 正道 社長

「ただ売上を伸ばすことよりも、会社や工事の内容を充実させ、お客様・協力会社・社員・家族の皆が豊かで幸福になる組織づくりを目指したい」
 と語るのは、神奈川県横浜市に本社を構える株式会社大和佐藤正道社長だ。
 関東一円を対応エリアとするマンション大規模修繕工事の専門会社として、高い技術力と真心を込めた丁寧な施工によって、区分所有者の大切な財産である建物の資産価値の維持・向上に貢献する同社は、その工事品質と施工スタッフへの高い評価で信頼を得ている。
 1960年、佐藤社長の父君が塗装業で創業した同社は、長年、ゼネコンや工務店の下請け工事を担っていた。99年に3代目の社長に就任した佐藤社長は、もともと家業を継ぐつもりは無く、関東学院大学を卒業後、アメリカに留学。2年間ホテル・レストランのマネジメントを学んでいた。
 しかし、81年に2代目の社長を務めていた母君が体調を崩しため帰国。同社に入社した佐藤社長は、いつまでも下請け仕事をするのではなく、自社が元請けとなることを目標に掲げ、戸建住宅や米軍関連施設、官公庁案件と様々な領域の仕事に挑戦。その中で行き着いたのが、当時、需要が高まりつつあったマンション大規模修繕の仕事だった。

拍手[1回]

トヨコー (シリーズNo.1570)

工場屋根の延命に「蘇生工法」が最適


豊澤 一晃 社長

「工場の生産ラインを止めずに老朽化したスレート屋根を延命させたい」という切実なニーズに、独自開発の「蘇生工法」で確実に応えているのが、「キレイに未来へ」を標榜する株式会社トヨコーだ。
「蘇生工法」とは、塗料と樹脂の技術を融合し、3層吹付でアスベストも封じ込め、防水・断熱・補強・防音・結露対策等の数々の効果が得られる新工法。自動車・電機業界を中心に施工実績を重ね、施工総面積は70万平方米に及ぶ。工期が短く、屋根荷重も軽いこの工法は、スレート屋根の場合、10年の漏水補償付き。そのコスト優位性は多彩な実績で証明済みだ。
 責任施工と需要創造を旨とする同社は、光産業創成大学との産学共同によりレーザー光で錆を除去する技術を開発中。「コーティング」と「除去」を2本柱に急成長を予感させる。  

【会社データ】
本社=静岡県富士市青島町39
☎=0545―53―1045
設立=1996年3月
資本金=6000万円
事業内容=屋根の防水・断熱・補強工事、光事業
http://www.toyokoh.com

拍手[0回]

大友産業(シリーズNo.1566)

創業50年「一所懸命」を貫くアルミ総合建材会社


室井 智直 社長

 創業50周年、サッシを中心に住宅用アルミ総合建材の販売施工を展開する大友産業株式会社
 当初は、地域工務店に向けてサッシを販売したが、より安定した経営基盤の確立を目指し、住宅分譲業界に販路を求めた。その中での大手住宅会社との出会いが転機となり、同グループの発展と共に成長を遂げた。
 また、室井智直社長は、創業者の父君と協力し、会社組織強化のために業務を見直し、各部署の役割分担を明確にして分業制を確立、作業を効率化した。働き易い職場環境整備にも注力。女性パート社員や海外技能実習生も活躍する同社のモットーは「一所懸命」だ。〝その場その場で全力を発揮。誠意を尽くして今この瞬間を大事にする〟
「全社員が同じクオリティーでサービス・アフターを提供し、レスポンス良くニーズに応える会社でありたいですね」(室井社長)

【会社データ】
本社=神奈川県綾瀬市深谷上7―6―41
☎=0467―77―1325
創業=1968年4月
資本金=1000万円
事業内容=サッシ・建材卸、取付工事、住宅機材販売
http://www.otomosangyo.co.jp

拍手[5回]

日さく(シリーズNo.1559)

人と産業の源、「水」を届けるさく井企業
創業107年目を迎えるパイオニア


若林 直樹 社長
 

 地表から地下の奥深く、帯水層まで掘り進めて井戸をつくる「さく井工事」。この分野のパイオニアとして、永年の経験と技術力で信頼を築く株式会社日さく若林直樹社長)。
 1912年に日本鑿泉合資会社として創業。13年には、日本で最初に機械化施工による本格的な深井戸掘さくに成功した。
 同社のさく井技術は、その後の関東大震災の際に多くの人々を救った。
「震災により水道が機能を停止した時、当社が手がけた井戸のほとんどは壊れることなく、罹災した人々の暮らしを支えました」
 と語る若林社長。この体験をきっかけに井戸の需要が高まり、同社はさく井企業として礎を築いた。
 40年には新潟県で独自のさく井技術による水溶性天然ガスの掘さくに成功し、事業は大きく発展するも、天然ガス採取に伴い大量の地下水が汲み上げられ、地盤沈下が発生、59年に天然ガス採取が規制化。
 また、高度経済成長に伴う工業用水としての地下水需要に応え事業拡大するも、再び汲み上げによる地盤沈下の問題が発生。これにより69年には地下水取水が規制され、同社の事業は苦境に立たされた。
「これを機に長年培ってきた掘さく技術と、地下水に対する知見を生かすべく、『さく井』に加え『地質調査』と『特殊土木』の分野にも業容を拡大し、今では当社事業の三本の柱となっています」(若林社長) 

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年7月1日号 [雑誌]

2018年7月1日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R