忍者ブログ
Home > 広告・出版・印刷・マスコミ

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

放送サービスセンター

「G20大阪サミット」を成功に導く同時通訳システム運用のHSC。
さらなる洗練で東京五輪に臨む


 
南﨑 康貴 社長


 G20メンバー国に加えて8つの招待国、9つの国際機関の代表が参加して6月28・29日に開催された「G20大阪サミット」は、国内史上最大規模の首脳会議となった。その、15言語を縦横無尽に操る同時通訳システム運用を担当し見事成功に導いたのが、1964年7月設立の株式会社放送サービスセンター(略称HSC・南﨑康貴社長)だ。半年も前から打ち合わせに参加し、本番2週間前から60名を送り込み会場設営から携わる一大プロジェクトだったという。


拍手[0回]

PR

東京カラーフォト・プロセス

大胆な「働き方改革」で生産性急上昇
デザイン・DTP制作・印刷の一貫体制が光る



高木 尚之 社長


 労働集約型産業の典型ともいえるデザイン・制作・印刷業界にあって、昨年3月以降の大胆な「働き方改革」の実践で生産性を急上昇させている企業がある。
 1964年12月製版会社として創業し、紆余曲折を乗り越えて55年目を迎える現在では、デザイン・制作・印刷・発送まで一貫して行う業容を持つまでに成長した、東京カラーフォト・プロセス株式会社だ。
「働き方改革」実践の陣頭指揮に立つのは、約40年前に新卒で同社に入社し様々な部署で業績を上げ、昨年3月株式も取得して代表に就任した高木尚之社長だ。


拍手[0回]

プラットイーズ(シリーズNo.1311)

放送業界の明日を切り拓く
独立系ベンチャー企業


瀧 一郎 社長
 
     スポーツ実況や映画、音楽番組など、あらゆるジャンルの番組をいつでも視聴できる衛星放送・ケーブルテレビ。番組を見る上で欠かせない〝番組情報
を通じて、コンテンツプロバイダーと放送局の橋渡しを担っているのが、今年で設立15周年を迎えた株式会社プラットイーズだ。

拍手[0回]

SOME(シリーズNo.1214)

エンターテイメントで日本を元気にする
『メディアの総合商社』

染谷 智 社長

テレビや映画、さらに音楽や舞台など、エンターテイメントと呼ばれるものは、いつの時代も多くの人々を楽しませてくれる。
 そんなエンターテイメントで『日本を元気にする』を理念に掲げ、映像コンテンツの企画・制作を基幹事業に2013年設立されたのが、株式会社SOMEだ。

拍手[3回]

GMC(シリーズNo.1195)

在日ベトナム人向け情報誌を発行

 上田 達也 社長

近年、在日ベトナム人が急増している。その数は9万9865人(2014年法務省調べ)。外国人技能実習生の受け入れ拡大などに伴い、今後さらに増加する見込みだ。
 そんな中、株式会社GMCは在日ベトナム人向け情報誌『HOA SEN』の発行やインターネット環境の提供などを通じ、母国を離れて暮らす人々を支えている。

拍手[4回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2019年9月29日号 [雑誌]

2019年09月29日号

ブログ内検索

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R