忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

豊商運輸(No.1774)

「感謝」を届けて県内ナンバーワンを目指す!
島田 誠 社長

 地場から長距離まで〝仕事は断らず、必ず届ける〟豊商運輸株式会社設立30周年を迎え、県内ナンバーワンを目指す
「感謝」を新たな社訓に掲げる島田誠社長は4年前の就任以来、各種保険をはじめとする補償や福利厚生を整備し、社員が安心して長く働ける環境づくりを進めてきた。2年前には、同業17社が加盟する協同組合「ローカルネットワークシステム」に参加。互いに業務を融通し合うだけでなく、業界を守り、地位向上を図るために共闘している。

拍手[0回]

PR

フラワーロジテム(シリーズNo.1771)

量販店向け花き物流のプロ集団として15周年
フラワー産業を革新する総合ベンダーに進化
 

加藤 智也 社長


 市内に250軒以上の花き生産農家がひしめく、世界でも稀な〝花のまち〟と言われる埼玉県鴻巣市。東日本最大級の花き専門市場「鴻巣フラワーセンター」に本社を構え、ホームセンターをはじめとする量販店に美しく良質な花を届けているのが株式会社フラワーロジテムだ。
「花は鮮度が命。何があっても納期を守り、リードタイムが短い物流の提供を貫くことで信頼を積み上げてきました。今では大手ホームセンターのほとんどから注文を頂いています」
 と話すのは、浦和学院高校テニス部出身の加藤智也社長。今後も、さらにスピードと付加価値を追求して「スーパーロジスティックスを実現したい」と話す。


拍手[3回]

裕豊商会(シリーズNo.1765)

「誠心誠意」を指針に70年。信頼が発展を導き
製造分野へ更なる可能性を拡げる靴卸売企業



石川 順一 社長


 顧客ニーズや品質への目利きに長けた卸売企業がメーカーに転じ、劇的に成果を挙げるケースが稀にある。浜松に本社を置く株式会社裕豊商会はこの5月に設立70周年を迎え、靴の分野で興味深いシフトを図ろうとしている。
「父は厳格で真面目、仕事が趣味のような堅物でした。父の堅実経営がここまで来れた大きな要因です」
 と話す石川順一社長は成蹊大学を卒業後、婦人靴の卸売会社で3年半の〝修行〟を経て1981年に同社に入社した経歴を持つ。その経験から百貨店へと販路を広げ、それまで紳士靴を主力としていた同社の販売比率は婦人靴中心に推移し、その頃スタートしたスクロールとの通販事業によって売上規模は更に拡大した。


拍手[0回]

ケー・エス・エフ・サービス(シリーズNo.1762)

地域に健康と安心・安全を届け続けて25年
管理栄養士を擁する県内屈指の明治特約店

小林 康太郎 社長

 横浜・川崎エリアを中心に、県内で10店舗の牛乳宅配センターを展開する株式会社ケー・エス・エフ・サービス。㈱明治の特約店として県内上位の実績を誇る同社は今年、設立25年目を迎えている。
「宅配ビジネスへの異業種の参入も増えていますが、お客様との繋がりこそが当社の強み。明治をはじめとするメーカー各社のバックアップもあり、どんな厳しい経済環境下でも業績を伸ばし続けてきました」
 と話す小林康太郎社長は武蔵工業大学(現・東京都市大学)大学院を修了し、部品メーカーに就職。「モノ」が主役の技術畑で研鑽を積む傍ら、同社の創業者である父君から熱心な誘いを受けて10年前に入社した。

拍手[1回]

ヒカリレンタ(シリーズ No.1761)

新型コロナに負けるな!LED普及の
スポンサースキームで地域プロチームを応援




井口 通雄 社長


 新型コロナウィルスの世界的蔓延で、プロ野球を始めサッカーリーグ、Bリーグ、Vリーグなど各種人気スポーツのリーグ戦が相次いで延期や中止の決断を余儀なくされている。ファン・サポーターとしては一刻も早くコロナ禍が終息し、晴れて開幕を迎えられる日を待ち望んでいる。各チームにおいても選手のコンディション維持はもとより、試合が行えないことで特に地域スポーツチームの財政面にも少なからぬ影響を及ぼしている。
 そんな中、東日本大震災の翌年5月にLED照明の更なる普及を目的に設立されたヒカリレンタ株式会社(井口通雄社長)は、既に昨年初頭から地域スポーツ支援のために、「我が街のチームを応援する」スポンサースキームを展開してきた。


拍手[1回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2020年7月12日号 [雑誌]

2020年7月12日号

ブログ内検索

新着記事

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R