忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

東陽物産(シリーズNo.1758)

生シイタケ栽培・菌床輸入販売で急成長
時代と共に進化を続ける食品材料貿易商社

金子 福潤 社長

「変化に対応できない経営者は脱落する。時代と共に進化しなければ会社の経営と従業員の生活を守ることはできません」

 と話す金子福潤社長は1981年に中国から来日し、 86年には日本生活協同組合連合会(CO・OP)の海外事業本部に入社。当時まだ確立されていなかった中国の仕入れルートを開拓し、高度な日本の食品生産・加工・保存・物流などに関する技術を現地で徹底的に指導しながら厳格な管理と安全性の維持を実現した。
「例えば、大型食材であるタケノコの缶詰の生産では、その日に採れた新鮮な原料を必ず当日にボイルし、大事なPH調整を缶ごとに測定する。作った缶詰は生の水煮商品に近い食感が人気を呼び、高く売れました」
 と回想する金子社長は98年、50歳で独立して同社を創業。「天津甘栗」の輸入販売からスタートし、大手デパートに店舗も構えた。

拍手[0回]

PR

斎藤商事(シリーズNo.1757)

地域に笑顔と安心を届ける明治特約店
健康宅配企業として全国向け商材にも挑戦

根岸 正一 社長
 本社を置く鴻巣市(吹上)と深谷市、熊谷市に宅配センターを構え、埼玉県北部の約8000世帯に㈱明治の乳製品を届けている斎藤商事株式会社。創業から70年近い業歴を重ねる老舗特約店として、地域の健康な暮らしを支えながら愛され続けている。
「当社の仕事は、お客様が健康な毎日を積み重ねるための習慣をお手伝いすること。昼間の配送などで地域の皆様と直接触れ合う機会も多く、お子様やご年配の方々をケアするサポーターの役割も担っています」
 と話すのは、6年前に就任した根岸正一社長。23年前に同社に入社し、1997年には深谷宅配センターをゼロから立ち上げた。

拍手[0回]

山銀通商(シリーズNo.1749)

真摯な取組で信頼を育み健全に業界を牽引する
日本の中古車輸出で世界に貢献する専門商社


佐藤 博 社長


 都市部で特に顕著な「若年層のクルマ離れ」。しかし多くの国では、今もなお車を持つことのプライオリティは絶対的だ。
「かつての日本のように『お金があればまず車を買いたい』という国がほとんどで、需要は根強いです」
 と話すのは、山銀通商株式会社佐藤博社長だ。同社はこれまで40年以上にわたり、日本の中古車輸出を通じて世界に「快適なカーライフ」を届け、人々の暮らしに貢献してきた。
 主な輸出先はロシアをはじめ、スリランカ、ミャンマーなど、右ハンドル車の走行が許可される国が対象となる。特に車検システムがしっかりした日本車は中古でも新車同様の機能を誇り、海外での人気は高い


拍手[0回]

岩手ダイハツ販売(シリーズNo.1748)

従業員満足度の向上が顧客満足のレベルを上げる
地域貢献で「らしさ」を追求する自動車販売会社



中田 利光 社長
 
 岩手県で展開する唯一のダイハツ正規ディーラーとして、岩手ダイハツ販売株式会社はこの3月に設立55周年を迎えた。
「ダイハツのブランド力をベースに、地域に特化した岩手ダイハツならではの『らしさ』を発揮した『岩手ダイハツブランド』を育むことに注力しています」
と話すのは、中田利光社長だ。多くの企業がCS(顧客満足)に着目して久しい中で、中田社長はES(従業員満足)に強くこだわる。社員の満足度が高くなければ、顧客の満足など創り得ないという考え方だ。


拍手[0回]

輪島屋鮮冷(シリーズNo。1746)

「一勢攻守縁」を理念に生鮮・冷凍食品を全国配送
「輪島屋に任せれば安心」の言葉を励みに35周年


山形 久之 社長


「明治21年、7代前の先祖が大志を抱いて北前船で能登半島の突端の輪島から北海道を目指して出航し、最初に寄港した内浦の和倉の地で、『何も北海道まで行かなくとも、和倉で充分に暮らしは立てられる』と説得する人に出会い、その縁で和倉に留まり食品納入業者を始めたのが、偽らざる私のルーツです」
 と、自身の先祖を自嘲気味に話すのは、38歳の時トラック1台で創業し、会社設立35周年を迎える現在では、自社保有車両のみで1日3500㌧余りの生鮮貨物輸送能力を有するまでに成長した輪島屋鮮冷株式会社を率いる創業者、今年75歳になる山形久之社長だ。


拍手[1回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2020年4月19日号 [雑誌]

2020年4月19日号

ブログ内検索

新着記事

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R