忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

スリーコール(シリーズ No.1710)

〝目に飛び込んでくる化〟がコスパを高める
即断・即決・即行動で成長するコールセンター



天野 利泰 社長


8000億円市場とも言われる「BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)」業界。働き方改革による業務効率化の追求やECビジネスの発展を受け、さらなる市場規模の拡大が見込まれる中、コールセンター業界に彗星の如く現れた躍進企業がスリーコール株式会社だ。
「電話離れが進む一方で、プロのオペレーターに対する需要は確実にある。商品を持っているお客様の代わりに、その会社の『コールセンター部長』として今までに無かった価値を提供することが私たちの仕事です」
 と話す天野利泰社長は広島市から芸人を目指して上京後、派遣社員として大手司法書士事務所に勤務。派遣社員でありながら、「おかしい」と思ったことを直接上層部や社長に伝える姿が評価され、正社員に登用された。最後は局長にまで昇格した当時の経験が現在の社長業に生きているという。
「マネージメントだけでなく、現場のクッションにもなる組織の〝バランサー〟として多くのことを学びました。引退を表明した当時の社長から経営資源の一部を譲って頂き、当社を立ち上げたのです」(天野社長)
 かくして起業を果たしてから僅か2年。アウトバウンド(架電業務)とインバウンド(受電業務)の双方をワンストップで提供する同社の顧客数は実に200社を超える。この驚異的な営業力は天野社長、ただ一人で積み上げたものである。
「営業マンが私しかいないことで、現場で『即断・即決・即行動』ができる。訪問前からお客様のニーズを無意識にイメージし、その場で見積りも作成します」
 と語る天野社長。依頼の翌日から業務をスタートすることもあるという、圧倒的な機動力がクライアントの期待値を高めているのだ。


「小売業」の売上意識
文化形成で未来の礎を


 さらなる業績向上のため、天野社長は社員一人ひとりの売上やクライアント毎のコストパフォーマンスの可視化に取り組んでいる。その一つが「俺の株価」と題したインセンティブ一覧。毎日変動する各自の成果を「株価」で表し、モチベーション向上も促すシステムは、他社から「売って欲しい」との依頼もあるという。
「進めているのは『見える化』ではなく、『目に飛びこんでくる化』です。商品である『人』が、自身の人件費に対して135㌫以上の売上を出すコストパフォーマンスが大事。私たちの仕事は八百屋と同じく、収益を身近に感じられる『小売業』なのです」(天野社長)
 そして、この8月は前年同月比400㌫超という猛烈なスピードで売上を伸ばす同社は今、行動指針やクレドを作成中。「コミュニケーションを通じて新たな価値を創造する」を理念とし、子会社2社を含むグループの礎を築くために新たな文化形成を進めているのだ。
 将来の年商100億円を目指す天野社長は、クライアントの痒い所に届くサービスを徹底するため、社員間における「親切心」の向上にも期待を寄せる。


【会社データ】
本社=東京都新宿区山吹町4―7 新宿山吹町ビル5F
☎=03―5656―7011
設立=2017年4月
事業内容=コールセンター事業(インバウンド/アウトバウンド)、業務コンサルティング、教育事業
https://www.three-call.com

拍手[0回]

PR

誠輪物流

選ばれるために同業他社より一歩前へ!
明るい組織風土で人が集まる運送会社



野坊戸 薫 社長


「今ある基盤を維持しながら、『坂戸・鶴ヶ島に誠輪物流あり!』を目指し、感謝の気持ちで私なりに少しずつ変革を進めています」
 と話すのは、2年前に父君の急逝を受けて事業を継承した株式会社誠輪物流野坊(のぼと)戸薫社長。一般社団法人跡取り娘共育協会が運営している「跡取り娘.com」の活動に参画するなど、女性事業継承者としての研鑽を積みながら積極的に自社の改革とブランディング活動を推進している。


拍手[1回]

誠輪物流(シリーズNo.1698)

人に愛を、地球に優しい物流を目指す
一致団結と組織風土改革で大転換の時





野坊戸 薫 社長


 埼玉県鶴ヶ島市に本社を構え、県西エリアを代表する運送会社として存在感を放つ株式会社誠輪物流。「人に愛を、地球に優しい物流を目指します」を企業理念に謳い、CNG(天然ガス)車の導入や安全性優良事業所を示す「Gマーク」の取得など、いち早く環境と安全への対策に取り組んできた同社は今、大きな転換期を迎えている。
「何事も『〝NO〟から入らない』という父の教えを守りながら、『変えない』を貫いてきました。しかし、縦・横に水が流れていない社内風土や、地元でも当社の場所を知らない方が多いことに気づきました。私らしく、5年後、10年後を考えて行動したいと思います」
 と話すのは、2年前に父君の急逝を受けて経営を引き継いだ野坊戸(のぼと)薫社長「一致団結」「良い組織風土づくり」を今年のスローガンに掲げ、変化への手応えを実感し始めているという。


拍手[0回]

国際トランスサービス(No.1689)

人財戦略で差をつける物流会社



早野 由晃 社長


 業務委託(オーナードライバー)が圧倒的多数を占める軽貨物運送業界の中で、実に約9割が正社員という株式会社国際トランスサービス。さらにその9割が未経験者という人財戦略で着実に成長を続けている。
「未経験でも仕事を楽しめる環境づくりと教育に力を入れています。物流のラストワンマイルのところに人財がいなければ、拡大していく市場に対応できません」


拍手[1回]

清光ライン

適正運賃・高品質輸送を貫き運送業界に一石
自社一貫運送システムで大手荷主の信頼を獲得



清光ライン・清光建設合同新年会の様子


 値引き競争には目もくれず適正運賃を貫き、高品質輸送の提供で大手企業の信頼を獲得し、急成長を続ける注目の運送会社が、2005年4月創業の株式会社清光ラインだ。
「適正運賃は人件費や燃料費、車両減価償却費、安全対策や環境対策の経費などから設定しますが、荷主との価格交渉で折り合いが付かなければその仕事は受けません。安易な妥協がゆくゆくは、業務品質の劣化に繋がるからです」
 と、適正運賃の必要性を語るのは創業者の清水朋一社長
 トラック1台での創業から9台まで増車した頃リーマンショックで仕事が激減。無理な値引き受注を重ねて経営が逼迫した際に得た教訓だ。


拍手[1回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2019年9月29日号 [雑誌]

2019年09月29日号

ブログ内検索

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R