忍者ブログ
Home > 記事一覧

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

天誠精工(シリーズNo.1456)

精密板金加工で30周年。町工場の底力を見た


天野 秋彦 会長

 国鉄の分割民営化を機に退職。国鉄車両整備工場勤務で培った板金加工技術を生かして1987年7月、株式会社天誠精工を創業した天野秋彦会長今年で記念すべき30周年を迎える。

拍手[0回]

PR

テクトレージ(シリーズNo.1455)

「ナレッジホルダー」で情報共有を支援

 
林 充 社長

 育児や病気・怪我などによる在宅勤務、突然の離職・退職に伴う引継ぎなど、社内の情報共有に悩む中小企業経営者に朗報!株式会社テクトレージ(林充社長)が提供するオンラインストレージサービス「ナレッジホルダー」をインストールすれば、パソコンを通常通り使用するだけでデータは自動的にAWSサーバーに保存され、検索も自在。

拍手[0回]

ピー・エス・コンクリート(シリーズNo.1454)

グループ一丸となり日本のインフラを支える
業界をリードするコンクリート製品メーカー

 
山村 幸三 社長

 日本の交通インフラを支える橋梁や高速道路。耐久性や強度が重要なこれらの構造物に用いられるのが“プレストレストコンクリート(以下PC)”だ。

「一般の方々には馴染みの薄い言葉かもしれません。しかし、日本の大動脈を支える役割を果たしています。日本のコンクリートの橋の約2割に我が社の製品が使われているんです」
 と、語るのはピー・エス・コンクリート株式会社山村幸三社長

拍手[0回]

ニッコー化成(シリーズNo.1453)

独自開発のワームがヒット商品に!
ビジネスチャンスを結実させるものづくり企業
   

中仙道 将人 社長

 釣り人の間で餌として人気のワーム(疑似餌)。しかし、針から外れて水中に堆積するなど、環境への影響が問題となっている。事実、河口湖や芦ノ湖ではワームの使用が禁止されている。そんな中、時間が経つと水中で分解される微生物分解性の合成樹脂ワームがヒットしている。
「釣りという狭い市場ではありますが、環境への配慮は今後不可欠になると考え、微生物分解性樹脂のワームを6年前に開発しました。従来の塩化ビニール製ではなく、当社が開発した柔らかく、伸びる超軟質エラストマを用いることで、水の中でも柔らかさを失わず、千切れにくい製品が出来ました。集魚効果の高いエキスやアミノ酸も配合し、好評を得ています」
 と語るのは、ニッコー化成株式会社中仙道将人社長

拍手[0回]

ATENジャパン(シリーズNo.1452)

KVMスイッチのリーディングプロバイダー
“つながる”の進化は4K映像の世界へ――

 
 
鄧 鴻群 社長
 
 年に一度、国内外から最先端のICT技術が集結するネットワークコンピューティングの一大イベント「Interop TOKYO」。今年も6月7日から3日間開催され、300社近くがエントリーする「Best Show Award」のガジェット(装置)部門でグランプリを受賞したのが、ATENジャパン株式会社のラップトップUSBコンソールアダプター「CV211」だ。

「会社の大小ではなく、市場を読む先見性や性能パフォーマンス・コスト性などが高く評価されました。『CV211』は接続するだけでノートパソコンがUSBコンソール(制御装置)になる小型で便利な製品です」
 と話す鄧鴻群社長。日本の世界的電機メーカーや台湾トップクラスの精密機械メーカーなどを経て同社に入社、今年1月に着任した。

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年10月08日号 [雑誌]

2017年10月8日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R