忍者ブログ
Home > 記事一覧

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

大丸 (シリーズNo.1680)

創業73年。「学芸大学」で不動産のことなら大丸

菅野 将之 社長


 人気の高い東急東横線・学芸大学駅エリアで賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理を3本柱に不動産業を営み、73年の歴史を刻んできた株式会社大丸
 成約者には、地元の飲食店などで使える「39カード(商品券)」を進呈するなど、地域での信用を大切にし、店舗は学芸大学駅で駅前店含め2店舗展開している。


拍手[3回]

PR

ケア・ウイング(シリーズNo.1679)

介護の現場から人と笑顔をつくる
保田 峰義 社長


 北区赤羽を拠点に在宅介護サービスを提供する株式会社ケア・ウイング。企業理念に掲げる「高い専門性でみんな笑顔へ」を体現し、利用者に安心と笑顔を届けている。
「笑顔に出来るこの仕事の可能性への挑戦と想いを共有する仲間を増やし、『介護職が大好きな人をつくる』ことが私の経営理念です」


拍手[3回]

日本五金鉱産(シリーズNo.1678)

日・中間の懸け橋目指す鉄鋼・非鉄金属商社
中国五鉱グループ企業として33年の実績

張 開賦 社長

 5Gに代表される次世代通信技術や宇宙開発技術など、ここ30年の中国経済の発展は目覚ましい。その発展を牽引してきた一社が1950年設立の中国五鉱グループだ。「有限のものを大切にし、それを無限の発展に資す」を理念に、主に金属・鉱産物の探査、開発、精錬、加工、貿易及び金融、不動産、冶金科学技術など、上流から下流までの事業に取り組み、現在では世界に105社のグループ企業を有し年商8兆円を弾き出す一大コングロマリットを形成している。
 そのグループの一社として日・中間の貿易促進を目的に1986年8月に設立されたのが、日本五金鉱産株式会社(張開賦社長)だ。


拍手[2回]

内木ガラス商会(シリーズNo.1677)

品質第一で「ありがとう」に応える
建築ガラス工事のレジェンド企業


内木 健太郎 社長


 建築用ガラスの取付工事会社の中で、全国でも上位の実績を誇る株式会社内木ガラス商会。創業から85年以上の歴史を重ねる老舗企業を支え続けているのは、DNAとして脈々と受け継がれる「人を大切にする」という信念だ。 
「様々な業種でIT化が進んでいますが、機械やITだけで建築はできません。必ず人間の力が必要なのです。そして、当社が担うガラス工事は建物の中で安心して人が暮らし、働くために欠かせない仕事です」


拍手[1回]

ナノダックス (シリーズNo.1676 )

グラスウールを「アップサイクル」する世界初の
樹脂パージ材「eco-maru」の製品化に成功!



藤田 鉦則 会長

「アップサイクル」とは、価値がなくなった廃棄物や不用品を素材にして、より価値の高いものに作り替えるという考え方で、原料に戻すリサイクルの上位概念。一方、断熱材や保温材等に多く使用されるグラスウールは、廃棄ガラス85㌫を再利用して製造されるが、これまで使用後は廃棄するしか途がなかった。
 その使用済みのグラスウールを、更にアップサイクルして製品化する技術を世界に先駆けて開発、世に問うているベンチャー企業が、2007年5月設立のナノダックス株式会社(藤田鉦則会長)だ。


拍手[2回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2019年12月15日号 [雑誌]

2019年12月15日号

ブログ内検索

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R