忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

バン工業用品(シリーズNo.1302)

多彩なゴム・樹脂製品とニーズをつなぐ
〝人財〞を受け継ぐ工業用品の老舗専門商社

塩谷 信雄 社長
 
   産業用ベルトのトップブランドを支える専門商社として、設立45周年を迎えたバン工業用品株式会社。昨年9月期に過去最高売上を記録するなど、さらに成長を続ける同社のルーツは明治末期まで遡る。

「明治・大正の時代はベルトの素材が綿布しかなく、自社で織機を持って製造しながら販売していたと聞いています。当社には老舗商社として備える歴史と人間力、トップブランドを担うプライドと責任があります」
 と話すのは、一昨年に就任した塩谷信雄社長。1971年に親戚関係の塩山ベルト㈱と藤田ベルト㈱が合併し、同社が新たに発足してから4代目のリーダーだ。

拍手[1回]

PR

関東食糧(シリーズNo.1282)

地域密着型の外食産業向け食材卸専門商社
提案力、商品力、対応力で地域食文化向上に貢献

臼田真一朗 社長
 
  関東食糧株式会社は、埼玉県桶川市、圏央道桶川北本インター近くに本社を構える外食産業向け食材卸専門商社。埼玉県を中心とした関東圏に物流網を形成、1970年の創業以来〝地域の飲食店が繁盛するための手助けをすること
を目指し、安心・安全で品質、価格共に優れた商品を厳選して提供する地域密着の事業展開で県内トップクラスのシェアを誇る。
 同社が扱う商品は業務用食材・食品、調味料、酒類から厨房機器、調理道具、食器に至るまでその数は6万品目以上。2011年には受注センターを開設し電話、FAX、WEBによる24時間365日対応可能な受注体制を確立、顧客対応力を強化した。
 2013年、急逝した創業者である父君の後を継ぎ二代目社長に就任した臼田真一朗社長は語る。

拍手[0回]

丸泉興業(シリーズNo.1276)

ステークホルダーと共存共栄で成長と新生
オールラウンダーの中堅物流企業

  物流業界の中でも、トラックを用いて荷を運ぶ運送会社は、全国で約6万3千社がひしめき合い、その9割以上が中小零細企業で構成されている。(『日本のトラック輸送産業│現状と課題│』公共社団法人全日本トラック協会編)

 多くは大手運送会社の下請けであったり、得意分野や地域に特化して事業を展開する企業だ。
 そんな中、北は仙台から西は大阪までネットワークを持ち、あらゆる種類の荷を運ぶ物流のオールラウンダーとして活躍しているのが丸泉興業株式会社だ。

拍手[0回]

ブルシー(シリーズNo.1275)

モノづくりの品質で結ぶ日中の架け橋
チャレンジを続ける雑貨・ペット商材専門商社


沈 海涛 社長

 価価格は安いが品質は不安――。そんな「メード・イン・チャイナ」に対するネガティブなイメージを覆し、確かなモノづくりで取引先や消費者の信頼を集めている会社がある。4月16日で設立15周年を迎えた株式会社ブルシーだ。
「当社は品質が〝命。お客様に納得して頂けるモノづくりと誠心誠意のサービスを提供し、心からの感謝の声を数多く頂いています」

拍手[0回]

株式会社 京三運輸(第84回)

「一会の蕾を永遠の絆へ」
人と人とのつながりを届ける運送会社
 
蒔田 良夫社長

 日本三大酒処として名を馳せる京都・伏見。歴史あるこの地に根をおろし、半世紀以上もの間、ひたむきに真心を運び続けている企業がある。1963年創業の株式会社京三運輸蒔田良夫社長)だ。2年前に移転したばかりの白を基調とした社屋は、壁がガラス張りのため明るく互いの顔がよく見える。女性社員が働きやすいよう工夫が凝らされた清潔なオフィスだ。

拍手[1回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年11月19日号 [雑誌]

2017年11月26日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R