忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

高広木材(シリーズNo.1592)

木のある住まいを支えて創業100周年
「ウエスタン・レッドシダー」専門販売会社


渡辺 昭 会長

 その名の通り、貯木場や木材関連の企業が軒を連ねる新木場。駅前広場に立って周囲を見渡すと、ひと際目を引く建屋がある。1918(大正7)年の創業から今年で100周年を迎える高広木材株式会社の社屋はショールームも兼ね、色鮮やかな草花が茂る庭を抜けて扉を開ければ、爽やかで心地よい木の香りが出迎えてくれる――。
 外装やデッキ、内装に使われているのは北米の先住民族に「生命の木」と謳われ、トーテムポールの材料でもあるヒノキ科ネヅコ属の針葉樹「ウエスタン・レッドシダー」。同社は、このカナダ原産「レッドシダー」を日本に普及させるため、約30年前から専門会社として製品の供給を開始した。   
 腐食や虫害に強く、断熱性能に優れるだけでなく、針葉樹の中では寸法安定性が高いレッドシダーは密度が低く軽量な上、塗装仕上げも容易。均一で美しい木目と温かい色合いは建築家のデザイン心を刺激する。

「石油化学製品に囲まれた住まいが増える中、レッドシダーの良さを伝えるためには自分たちが使わなければ説得力が無い。庭には木を引き立たせる草花を植え、自然の温もりに包まれた暮らしをイメージして頂けます。20年以上の経年変化も確かめて頂きたいですね」
 と話すのは渡辺幹夫社長の実兄であり、先代社長として21年前に同社屋を建設した渡辺昭会長。東京木材問屋協同組合の理事長も務め、日本における木材需要の振興に寄与している。

拍手[0回]

PR

石川組(シリーズNo.1576)

国際展示会輸送をリードする100年企業


石川 隆義 社長

 明治45年(1912)に英国船会社の代理店業務から事業を開始した株式会社石川組。その後、大正・昭和・平成の激動を乗り越えて100年以上の業歴を積み上げてきた。

「時代ごとに業態を変えながら、家族的な会社として人を大事にしてきました」
 と話すのは、4代目として半世紀以上、同社の指揮を執る石川隆義社長。コンテナ輸送にシフトする業界の大変革にも素早く対応し、独自の市場として開拓したのが国際展示会輸送だ。「東京モーターショー」をはじめ、世界50カ国以上のネットワークを生かし、名だたる展示会を支えている。
「特に好奇心と元気が溢れる若い社員を増やし、どんどん海外に出てチャレンジして貰いたいですね」
 と話す石川社長。次代の国際物流を担う人材の育成にも力を入れている。 

【会社データ】
本社=神奈川県横浜市中区新山下3―13―14
☎=045―623―8851
創業=1912年2月
資本金=1億円
従業員数=69名
売上高=約17億円
事業内容=港湾運送事業、通関業、倉庫業など
http://www.ishikawa-gumi.co.jp

拍手[0回]

角弘(シリーズNo.1567)

「よい商品を、より安く」
建設から暮らしまで人に優しい総合商社


小田桐 健藏 社長

 明治政府の財政政策「松方デフレ」の影響で全国的に農民が困窮し負債で苦しんでいた1883年。旧津軽藩家老大道寺族之助繁禎は粗悪な農機具を高く購入していた農家に「よい商品を、より安く」提供したいと地域の15人の共同出資者を募り「弘前農具会社」を興した。これが株式会社角弘の創業の原点である。
 現在は鉄鋼・建材の商社として東北5県に拠点を置くほか、ガソリンスタンド経営や化粧品・健康食品を販売。さらに建設からITまで9社のカクヒログループを構成し、年商700億円超の青森の一大企業集団としてその名を馳せている。
「時代に即応した経営戦略で創業135周年を迎えました」(小田桐健藏社長)
 小田桐社長は青森県平川市出身。津軽の藩校「稽古館」の流れをくむ東奥義塾中学・高校を経て法政大学に進学、卒業と同時に角弘に入社した。各部門を経験した後、2006年には代表取締役社長に就任。翌年、弘前大学、青森県を中心に開発を進めていたサケ鼻軟骨由来の機能性素材「プロテオグリカン」を抽出する「プロテオグリカン研究所」を青森市内に開設した。肌保湿に有効とされる「プロテオグリカン」は、コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン酸と並ぶ健康素材で弘前大学が抽出技術を開発した当時はグラム3000万円ともいわれた。同社では、「プロテオグリカン」の量産化に成功し、化粧品・健康食品メーカーに供給するほか自社でも化粧品や食品などプロテオグリカン配合商品を製造・販売。地元局で流れるCMソングは振り付きで、耳にすると踊りだす子供もいるほどだ。

拍手[0回]

共和運輸(シリーズNo.1565)

ドライバーの質と信頼を守り続けて45周年

太田 光彦 社長

 創業から45周年を迎えた共和運輸株式会社。大手酒造会社の下請け業者としてスタートし、大手路線会社の代行業務などへ事業領域を広げた同社は現在、厳しくドライバーの質を精査する東証一部上場の港湾運送会社からも確かな信頼を集め、安定した事業基盤を構築している。
「運送会社を良くするのはドライバー。現場で荷主や配送先の方々に直接会うドライバーの信頼が無ければ、長くお付き合いを続けることはできません。私は常に社員に恵まれてきました」
 と話す太田光彦社長が注力してきたのがドライバーの教育。「間違った事をしない」「妥協しない」を信念に〝強い教育〟を貫いてきた。
 さらに、今後はドライバーの世代交代も進めていくという太田社長。30代前半の健康で信頼できる人材の加入に期待している。 

【会社データ】
本社=東京都世田谷区上用賀5―2―13 パレドール上用賀1F
☎=03―3708―1231
設立=1973年11月
従業員数=40名
事業内容=一般貨物運送
https://kyowatransport.wixsite.com/home/company

拍手[5回]

和田機材(シリーズNo.1562)

グローバルに頼れるビジネスパートナー
〝社員が凄い〟バルブ配管機材専門商社


和田 克己 社長

 名だたる国内トップメーカーの工場を中心に、プラント設備で用いられるバルブや自動機器などを供給する株式会社和田機材。地元の湘南エリアで半世紀近く培ってきた配管機材専門商社としての実力を発揮し、化学・食品・製薬・金属・製鉄といった多領域のものづくりを支えている。
「顧客が求めるサービスや知識を十二分に有する社員の高い専門性が強みであり、さらにエキスパートとしての磨きをかける事が重要」
 と仕事に情熱を注ぐ和田社長はこう続ける。
「私にとって『社員が凄い』『良い社員ですね』と言われる事が一番嬉しい。設立以来、当社は『FACE TO FACE』の営業スタイルを貫いています。デジタル時代にも上手く融合させながら、重要な場面では、これが大事だと思います」
 プラント機器、半導体関連や各種装置、建築設備など様々な産業設備に不可欠な製品を揃える同社。信用・信頼関係のもと、良質な顧客を数多く持つことで安定した経営基盤を築いてきた。

拍手[4回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年9月30日号 [雑誌]

2018年9月30日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R