忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

金剛薬品グループ (シリーズNo.1504)

「健康」をテーマに創業71年の老舗薬品企業が
描く未来。 開発のパートナーを求む


米田 祐康 会長


 江戸・元禄の時代から製薬・売薬の歴史を刻み、現在でも原料販売からパッケージ、印刷まで、医薬品製造・販売に関わる多分野の企業が集積する「くすりのメッカ」=富山県。

 その富山県富山市で、1946年2月の設立以来、医薬品原料や工業薬品を中心とした卸売業を営んできた金剛薬品株式会社米田祐康会長、黒瀬雅男社長)は、現在では、健康食品を製造する太陽エフ・ディ㈱、企画・販売する㈱コンゴや、環境ビジネスに取り組む㈱コンゴーグリーンを始め、バイオテクノロジーを駆使する研究開発型ベンチャーの㈱ニッポンジーン㈱ニッポンジーン マテリアルまでを擁し、ヒト・動物・植物・地球の健康に関わる全ての分野を事業領域とする企業グループへと進化・発展している。
 太平洋戦争末期、空襲で富山市は焦土と化していた。戦地から送還され、富山陸軍病院の病床で終戦を迎えた米田現会長の父君・故米田憲正氏は、終戦から間もなく家族のため、ひいては日本の復興のために立ち上がり、食酢の製造・販売を始めた。翌46年2月には、戦時中から金剛化学㈱としてビタミンB1の製造に携わっていた一族とともに食酢の製造・販売から医薬品卸販売へと展開する北陸興業㈱を設立。その翌年には、医薬品販売を強力に推進するために金剛薬品㈱と改称した。ここを起点として、売上300億円を誇る金剛薬品グループ発展の歴史に繋がっていく。

拍手[0回]

PR

シゲミコウキ (シリーズNo.1503)

コンボルト型地上タンクで燃料備蓄を推進
中古建機売買・レンタル・新品販売を三本柱に

重見 太郎 社長

 先の大震災で燃料の入手困難から、日本のサプライチェーンが混乱したことは記憶に新しい。こんな時に近隣に燃料の備蓄基地があれば、とは誰もが一度は思ったことだろう。
 2009年10月設立の株式会社シゲミコウキ重見太郎社長)が提供する「コンボルト型地上タンク」は、厳しい日本の消防法をクリアした地上型タンクで、1KLから最大40 KLまでの日本で唯一の防油提を必要としない燃料タンクだ。
 元々は、米軍施設を中心に世界24カ国に普及してきた堅牢な地上タンクで、飛行機墜落などの衝撃テスト、耐火・寒冷テストなど17項目の厳しいテストをクリアしたもの。日本では、沖縄のコンボルト・ジャパン社が製造ライセンスを得て生産、同社が最有力の販売会社として、全国への普及を推し進めている。

拍手[0回]

八洋(シリーズNo.1496)

飲む幸せをお客様に!
創業から40年超の自動販売機オペレーター


後藤 晃宏 社長

 首都圏の清涼飲料自動販売機の設置台数はほぼ飽和状態となっており、スーパーとドラックストアの価格競争、またコンビニコーヒーなどの台頭により市場環境は厳しさを増している。
 そんな中、ほぼ毎年売上を伸ばし、成長し続ける自動販売機オペレーターが株式会社八洋だ。
 飲料メーカーの販社ではない独立系として、幅広いラインナップと提案力を強みとし、昨年5月に40周年を迎え41期目に突入。首都圏では10%のシェアを持ち、毎日500台超のルート車が飛び回っている。
「ここまで来ることができたのは日頃お世話になっているお客様や、毎日頑張っている従業員の方々のおかげです。感謝すると共に、これからも創業者が築いてきた〝経営理念〟の維持・発展に努めていきます」
 と、語るのは2代目である後藤晃宏社長だ。

拍手[0回]

ヤマセ産業(シリーズNo.1489)

創業46年、信頼第一に事業展開する素材卸売企業
対応力と提案力でニーズに応える

 
石井 秀樹 社長

 1971年7月に創業したヤマセ産業株式会社(石井秀樹社長)は、塩ビレザーシートの専門卸問屋として、大手メーカーのアコーディオンカーテン向け塩ビレザー生地の企画・販売からその事業を開始した。創業者である先代社長清水三郎氏(現相談役)は、前職の塩ビレザーメーカー勤務時代から取引先の信頼も厚く、創業当初からこの大手メーカーが仕入れる塩ビレザーの取り扱いを一手に担うこととなった。
 また、かつてゴルフブームが到来した際には、ゴルフバッグの需要が高まる中、同社が扱うレザーが他社製品に比べて軽量であったことが功を奏し、有名スポーツ用品メーカー各社との取引に成功し、実績を上げた。

拍手[0回]

武蔵通商・フェイバリットグループ(シリーズNo.1483)

〝超扱いづらいモノ〟を安全、正確、スマートに
高付加価値物流を手掛けるプロフェッショナル


澤田 仁 社長

 物流と一口に言っても、取り扱う〝モノ〟の種類や取扱形態は幅広い。
「我々は超が付く高価、重量、デリケートな〝モノ〟を扱う物流グループです。専門知識と長年培った技術、高スペックな設備で多様なニーズに対応し、多くのお客様に喜んでいただいています」
 と語るのは、武蔵通商株式会社・株式会社フェイバリットの2社の代表取締役を務める澤田仁社長だ。
 大手精密機器メーカーの梱包輸送業務から始まった武蔵通商㈱は、今や大型精密機械のみならず美術品や高級家具・楽器等も手掛け、48年の歴史を持つ。父君が創業した同社に、銀行員から転身した澤田社長が入社したのは2001年。

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年7月29日号 [雑誌]

2018年7月29日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R