忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

山銀通商(シリーズNo.1749)

真摯な取組で信頼を育み健全に業界を牽引する
日本の中古車輸出で世界に貢献する専門商社


佐藤 博 社長


 都市部で特に顕著な「若年層のクルマ離れ」。しかし多くの国では、今もなお車を持つことのプライオリティは絶対的だ。
「かつての日本のように『お金があればまず車を買いたい』という国がほとんどで、需要は根強いです」
 と話すのは、山銀通商株式会社佐藤博社長だ。同社はこれまで40年以上にわたり、日本の中古車輸出を通じて世界に「快適なカーライフ」を届け、人々の暮らしに貢献してきた。
 主な輸出先はロシアをはじめ、スリランカ、ミャンマーなど、右ハンドル車の走行が許可される国が対象となる。特に車検システムがしっかりした日本車は中古でも新車同様の機能を誇り、海外での人気は高い


拍手[0回]

PR

岩手ダイハツ販売(シリーズNo.1748)

従業員満足度の向上が顧客満足のレベルを上げる
地域貢献で「らしさ」を追求する自動車販売会社



中田 利光 社長
 
 岩手県で展開する唯一のダイハツ正規ディーラーとして、岩手ダイハツ販売株式会社はこの3月に設立55周年を迎えた。
「ダイハツのブランド力をベースに、地域に特化した岩手ダイハツならではの『らしさ』を発揮した『岩手ダイハツブランド』を育むことに注力しています」
と話すのは、中田利光社長だ。多くの企業がCS(顧客満足)に着目して久しい中で、中田社長はES(従業員満足)に強くこだわる。社員の満足度が高くなければ、顧客の満足など創り得ないという考え方だ。


拍手[0回]

輪島屋鮮冷(シリーズNo。1746)

「一勢攻守縁」を理念に生鮮・冷凍食品を全国配送
「輪島屋に任せれば安心」の言葉を励みに35周年


山形 久之 社長


「明治21年、7代前の先祖が大志を抱いて北前船で能登半島の突端の輪島から北海道を目指して出航し、最初に寄港した内浦の和倉の地で、『何も北海道まで行かなくとも、和倉で充分に暮らしは立てられる』と説得する人に出会い、その縁で和倉に留まり食品納入業者を始めたのが、偽らざる私のルーツです」
 と、自身の先祖を自嘲気味に話すのは、38歳の時トラック1台で創業し、会社設立35周年を迎える現在では、自社保有車両のみで1日3500㌧余りの生鮮貨物輸送能力を有するまでに成長した輪島屋鮮冷株式会社を率いる創業者、今年75歳になる山形久之社長だ。


拍手[1回]

西東京メンテナンス(シリーズNo.1734)

若手整備士集まれ!平成エンタープライズ
グループのバス車両専門整備・修理会社


 
矢口 幸菜 社長


 自動車整備の中でも、より幅広いスキルが求められるバス車両整備に特化して専門性を磨き続けるバス車両整備会社、西東京メンテナンス株式会社(矢口幸菜社長)が、「車が好き」「機械が好き」な若手整備士の参加を歓迎している
 1992年に貸切観光バス会社として設立し、成長著しい㈱平成エンタープライズの整備課が99年11月に発足。4年後の2003年10月に100㌫出資のバス車両整備子会社として設立されたのが同社だ。
 現在同社では、グループ会社が保有する約400台の車両(大型・中型・小型バス)のうち100~150台の年4回の定期点検・整備と緊急時の出張修理を担当。グループ全体の車両整備費用の明確化と安心・安全を担保する整備レベル向上の役割を果たしている


拍手[0回]

ナカノ商会(シリーズNo.1720)

「雇用なくして企業にあらず」。更なる雇用拡大で
売上高1000億円目指す総合物流企業



沼澤 宏 社長


「雇用なくして企業にあらず」を第一の理念に掲げ、設立32年目の今、パート含めて3000名の従業員を擁し、グループ売上高500億円を弾き出す総合物流企業・株式会社ナカノ商会。率いるのは、豪快かつ繊細、直観的な先読みを基に大胆な決断を重ねて会社をここまで伸ばしてきた創業経営者、沼澤宏社長だ。
 中学校卒業後、機関士・航海士を養成する国立館山海員学校(現・国立館山海上技術学校)に入学した沼澤社長は3年で卒業し、自動車物流のパイオニア、中野海運に入社。そこで第2の父と慕う中野義雄社長に出会う。3年半の船乗り経験や船舶売買、航路開拓など15年間の勤務の後、1988年8月、倉庫業を志して一人で独立した際は、その恩義に報いるために「ナカノ」の名前を頂戴し、ナカノ商会と命名した。併せてトレードマークは古くから人に大きな恩恵をもたらしてきた「羊」に決めた。沼澤社長33歳の船出だ。


拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2020年6月7日号 [雑誌]

2020年6月14日号

ブログ内検索

新着記事

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R