忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

日東工機(シリーズNo.1539)

創業75年、溶接業界を支える老舗卸売企業
人を結び信頼の「絆」を繋ぐ会社を目指す


吉岡 良三 社長

 今年、創業75周年を迎える日東工機株式会社は、溶接材料・溶接機をはじめ、産業機器・工作機械・工具類など加工・製造の現場の多様な商品を取り扱う老舗卸売企業だ。
 永年の業歴を通じて、常に「メーカー」と「ディーラー」を繋ぎ、日本が世界に誇る金属加工技術である「きる」「まげる」「つなぐ」「みがく」の4大技術を中心とした様々なニーズに応える新しい商品を開拓、「ユーザー」の作業しやすい現場環境の構築を支える提案活動を実践してきた。
 同社は、1943年に電気及び酸素溶断器具材料の販売で創業した。
 三代目の社長である吉岡良三社長は、石川県小松市出身。高校卒業後、上京して母校の先輩が創業した同社に入社した。
 日東工機が本社を置く港区三田界隈は、今でこそオフィスビルなどが建ち並ぶビジネス街だが、吉岡社長が入社した60年代当時は、映画「ALWAYS三丁目の夕日」さながらの風情で、自動車修理工場など町工場が多く集まる街だった。同社は、こうした地元の工場を得意先に溶接機・溶材等の販売をしていた。
 その後、高度経済成長を背景として次第に事業を拡大した同社は、業容拡大を図り溶材販売店から卸売業へと事業転換する。
 現在では、営業エリアも拡大し、北海道・東北・関東・甲信越・東海・中部地域に14の営業拠点を配して、日本を代表する大手企業など100社を超えるメーカーの商品を、1000社を数える販売店ディーラーを通じてユーザーの加工・製造の現場に提供している。取扱商品も多岐にわたり10000点を超えるという。

拍手[0回]

PR

サンライズ産業(シリーズNo.1527)

東北品質ナンバーワンを目指して
未来永劫走り続ける総合物流業


工藤 博文 社長

 工藤博文社長は大学在学時に電電公社(現NTT)の電話帳配達のアルバイト経験を持つ。卒業後、市役所に勤務していた1980年、アルバイト時代の上司から津軽地区9万部の電話帳配達の相談を受けた。実父で前代表の光雄氏は
「1冊ずつ配れば必ず終わる。仕事をくださった方の声に応えよう」 
 と決意。こうして光雄氏が家業としての運送業を始め、86年、(有)サンライズ産業が誕生。大手3社の下請けからのスタートだった。
「このとき最先端の運送業を学びました。運ぶだけではなく家具を運べば組み立てを、商品への値札付けや集金もしました」(工藤社長)
 ところが、2002年、光雄氏が他界する。
「ドライバー20名を路頭に迷わすわけにはいきません。親の仕事は手伝うのが当たり前。25年間務めた市役所を退職しました」(工藤社長)

拍手[1回]

八千代運送(シリーズNo.1508)

環境経営と新規開拓で生き残る老舗運送会社

 
福島 昇 社長

 一昨年で設立60周年を迎えた、有限会社八千代運送福島昇社長は一般社団法人千葉県トラック協会習志野支部の支部長を務めるなど、同社は地元地域で確かな存在感を放っている。
 食品・雑貨・電化製品などの輸送を中心に、安全で品質の高い物流サービスを提供し、顧客の信頼に応える同社。05年にはグリーン経営認証を取得し、環境経営を打ち出している。
 印西営業所と八千代車庫を開設し、新規顧客の開拓も進めて堅調に売り上げを伸ばしている。新たな倉庫の開設も予定し、福島社長は今後、毎年10㌫〜20㌫の売上増を目指すと言う。

拍手[0回]

金剛薬品グループ (シリーズNo.1504)

「健康」をテーマに創業71年の老舗薬品企業が
描く未来。 開発のパートナーを求む


米田 祐康 会長


 江戸・元禄の時代から製薬・売薬の歴史を刻み、現在でも原料販売からパッケージ、印刷まで、医薬品製造・販売に関わる多分野の企業が集積する「くすりのメッカ」=富山県。

 その富山県富山市で、1946年2月の設立以来、医薬品原料や工業薬品を中心とした卸売業を営んできた金剛薬品株式会社米田祐康会長、黒瀬雅男社長)は、現在では、健康食品を製造する太陽エフ・ディ㈱、企画・販売する㈱コンゴや、環境ビジネスに取り組む㈱コンゴーグリーンを始め、バイオテクノロジーを駆使する研究開発型ベンチャーの㈱ニッポンジーン㈱ニッポンジーン マテリアルまでを擁し、ヒト・動物・植物・地球の健康に関わる全ての分野を事業領域とする企業グループへと進化・発展している。
 太平洋戦争末期、空襲で富山市は焦土と化していた。戦地から送還され、富山陸軍病院の病床で終戦を迎えた米田現会長の父君・故米田憲正氏は、終戦から間もなく家族のため、ひいては日本の復興のために立ち上がり、食酢の製造・販売を始めた。翌46年2月には、戦時中から金剛化学㈱としてビタミンB1の製造に携わっていた一族とともに食酢の製造・販売から医薬品卸販売へと展開する北陸興業㈱を設立。その翌年には、医薬品販売を強力に推進するために金剛薬品㈱と改称した。ここを起点として、売上300億円を誇る金剛薬品グループ発展の歴史に繋がっていく。

拍手[0回]

シゲミコウキ (シリーズNo.1503)

コンボルト型地上タンクで燃料備蓄を推進
中古建機売買・レンタル・新品販売を三本柱に

重見 太郎 社長

 先の大震災で燃料の入手困難から、日本のサプライチェーンが混乱したことは記憶に新しい。こんな時に近隣に燃料の備蓄基地があれば、とは誰もが一度は思ったことだろう。
 2009年10月設立の株式会社シゲミコウキ重見太郎社長)が提供する「コンボルト型地上タンク」は、厳しい日本の消防法をクリアした地上型タンクで、1KLから最大40 KLまでの日本で唯一の防油提を必要としない燃料タンクだ。
 元々は、米軍施設を中心に世界24カ国に普及してきた堅牢な地上タンクで、飛行機墜落などの衝撃テスト、耐火・寒冷テストなど17項目の厳しいテストをクリアしたもの。日本では、沖縄のコンボルト・ジャパン社が製造ライセンスを得て生産、同社が最有力の販売会社として、全国への普及を推し進めている。

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年6月3日号 [雑誌]

2018年6月3日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R