忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

リフト商事(シリーズNo.1250)

フォークリフト専門のリース・レンタル先駆者
独自のサービスでオンリーワン企業目指す!

稲葉重行 社長

 創業48年、フォークリフトを専門にリース、レンタル、メンテナンスの事業を展開し、1㌧から24㌧まで所有台数400台の豊富なラインナップと独自のサービス、高い整備技術で様々な事業現場の荷物運搬業務をサポートするリフト商事株式会社
 同社誕生のきっかけは稲葉重行社長が輸送機器メーカーでフォークリフトの整備を担当していた50年前に遡る。

拍手[1回]

PR

八千代運送(シリーズNo.1249)

環境経営と新規開拓で生き残る
老舗運送会社


福島 昇 社長

 昨年で設立60周年を迎えた、有限会社八千代運送福島昇社長は一般社団法人千葉県トラック協会習志野支部の支部長を務めるなど、同社は地元地域で確かな存在感を放っている。

拍手[0回]

輪島屋鮮冷(シリーズNo.1246)

人と人とを繋ぎ真心を届ける
生鮮食品輸送のプロ集団


山形 久之社長

 石川県、能登半島。日本海に大きく突き出す地形ゆえに、古くから交通の要所として北陸における経済や文化の中心地となってきた。江戸時代には、加賀藩が日本海から山陰を回って関門海峡を通り、瀬戸内海へいたるルートを開拓。
 一方で幕府によって山形から江戸への西廻り航路の開発が進められ、大坂と北海道を往復する交易船「北前船」が誕生した。能登半島は北前船の隆盛に伴う海上輸送の発達によって、繁栄してきた土地なのである。

拍手[2回]

株式会社 啓和運輸(第79回)

“運” を繋げて成長を続ける物流総合商社
『日本一、元気で健康な会社』を目指す

川島 満社長

 東京オリンピックが開催された1964年、埼玉県・所沢の地に自動車修理会社を前身として創業した株式会社啓和運輸。やがて整備業務の電子制御化や車検制度の改正などを受け、79年に運送業へとシフトチェンジして以来、37期連続増収を続けている。
 両親が一念発起して創業した同社の2代目として指揮を執り、一般社団法人埼玉県トラック協会の副会長も務める川島満社長は所沢生まれの所沢育ち。大手自動車メーカーの技術学校を経て、四輪車の販売会社で全国トップクラスのセールスマンとして活躍していた矢先、バブルが崩壊した。

拍手[2回]

清光ライン(シリーズNo.1242)

適正運賃で安定経営と質の高い人材育成
若い世代にも魅力的な運送会社

清水 朋一 社長

 インターネット通販の普及による宅配便需要などを受けて、拡大傾向にある物流業界。一方で、燃料の高騰や人手不足など多くの課題を抱えている。
「我々の若い頃は、高校卒業後に普通免許を取得し、ドライバーの仕事に就けば同年代の平均以上の収入が見込めました。しかし、免許制度の改正や荷主からの厳しいコスト削減要求により、若者にとって魅力ある業界ではなくなりました」
 と、現在の人手不足に喘ぐ物流業界について語るのは、地場輸送から中距離輸送を専門に行う株式会社清光ライン清水朋一社長

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年10月08日号 [雑誌]

2017年10月8日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R