忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

日本コンテナ輸送(シリーズNo.1169)

東京港の渋滞問題解決に挑む!
海上コンテナ陸上輸送のパイオニア

土屋 廣明 社長

日本を代表する国際貿易港、東京港――。貨物取扱量8279万トン(世界48位)、コンテナ輸送量439万TEUを誇り、日本物流の中核を担うこの港が今、大きな問題に直面している。

拍手[0回]

PR

ATTO(シリーズNo.1162)

日中韓医薬品業界の懸け橋に!
スピードを武器とする原材料総合商社

青山 今子 社長

「経済のグローバル時代において最も重要なことは、言葉を通じた文化のコミュニケーションです。私たちは中国、日本、韓国の文化・言語と英語を熟知し、文化や言語のスレ違いにより起こるトラブルを防ぎ、お客様をサポートします」

拍手[0回]

鈴や商事(シリーズNo.1159)

牛乳配達で培った物流機能をフル活用
地域密着で少子高齢化社会をサポート

秋葉 勇夫 社長

 さいたま市を中心とする埼玉県東地区で牛乳配達事業を展開する株式会社鈴や商事。長年醸成してきたハイレベルな物流機能を活かし、「介護と健康」をキーワードとする多彩な事業を展開している。

拍手[3回]

ヒノマル(シリーズNo.1142)

100年企業を目指して
農業と食と社会インフラを支える総合商社

寺前 勝 社長

 門から社屋の入り口に向かって白樫、シマトネリコ、ソメイヨシノ、紅葉、と様々な木々が植えられ正面には大きなクスノキ。壁は全面ガラス張りで従業員が働く様子が外から透けて見える

拍手[0回]

泉海陸作業(シリーズNo.1137)

「国際港湾産業人」たりうる人材育成を主眼に
66年の歴史を刻む港湾運送・荷役企業

吉見 博 社長

「社員は財産、減らすな増やせ」を社訓として、環境保全に配慮した安全・衛生・防災意識の一段の高揚を確立、「ゼロ災害」「ゼロ疾病」「ゼロ事故」の達成を目標として日々の業務に取り組む港湾運送・荷役企業が、1949年7月の設立、今年で66周年を迎える泉海陸作業株式会社吉見博社長)だ。

拍手[2回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年10月08日号 [雑誌]

2017年10月8日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R