忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

ジャパンロジスティクス(シリーズNo.1481)

英会話が堪能な社員が多数在籍
ハイクラス層の引越スペシャリスト


田口 典彦 会長

 凌雲ホールディングスを中心として、様々な物流機能を持つ凌雲グループ。その一翼を担う株式会社ジャパンロジスティクスは、在日外国公館や大手外資系企業を中心に、外国人の引越を手掛けている
 当日の引越作業だけでなく、顧客との下見のアポイントから打ち合わせ、アフターフォローまで一貫して英会話が堪能なスタッフが対応。芸能・スポーツ界をはじめ各界のVIP層に根付いた営業体制を敷いており、営業担当者は守秘義務の観点から会社の代表電話を使わず、すべて携帯電話で24時間365日応答する。海外引越も含めたきめ細やかなサービスでハイクラスからの信頼も厚い。

拍手[0回]

PR

ジェイ・アイ・エム(シリーズNo.1479)

時代に合わせた多彩なサービスを展開
〝お客様第一主義〟を貫く文書情報管理のプロ


橋本 貴史 社長

〝文書情報管理〟の重要性は情報化社会の進展により、セキュリティ、コンプライアンスの側面からも日々高まっている。
 そんな中、文書情報管理のプロとして、今年創業50周年を迎えたのが株式会社ジェイ・アイ・エムだ。
「創業当時は、企業が持つ大量の重要書類をマイクロフィルム化し、利用・保存してもらうのがメーン業務でした。現在はオリジナルの文書もデジタルの場合が多く、その時代・お客様に合わせて、データ管理の支援を行っています」
 と語るのは、今年5月代表取締役に就任した橋本貴史社長
 現在までの取引先は創業から約1000社。金融機関を始め、官公庁や流通・製造業など業種も多岐にわたり、扱うデータの種類・サービスも幅広い。

拍手[1回]

松浦屋(シリーズNo.1478)

国内のモノづくりを支える老舗商社
企業価値を高め100年企業を目指す


人見 昌伸 社長

 メーカーからエンドユーザーへの直販が、どの業界でも存在感を増す中、付加価値を高めて更なる発展を目指す老舗商社が松浦屋株式会社だ。
 日東精工㈱のグループ企業であり、ネジなどの締結部品と、その関連産業機械等を扱う商社として83年の歴史を持つ同社を率いるのは、昨年4月に代表取締役に就任した人見昌伸社長
「創業家の方々が堅実で先を見た経営を行ってきたからこそ、今があります。それを発展させるため、お客様のニーズに応えつつ、様々な体制強化に努めています」

拍手[0回]

磁気研究所(シリーズNo.1477)

世界のアキバからメディアサービスを展開!
グローバルな視点で“メディア”を研究


斉藤 邦之 社長

 アニメやゲーム・音楽ソフトなどで若者をはじめ外国からの旅行者で常に賑わう秋葉原。今や、その名はアキバ・AKIBAの愛称で世界に浸透している。この地で産声を上げ、今年、創業38周年を迎えたのが、斉藤邦之社長率いる株式会社磁気研究所だ。
 外資商社から20代で独立後、「若さを自分のために使おうと思ったこと、世界で一番の記録メディア企業を作ろう」と決心したことが創業動機と語る斉藤社長。
 同社は磁気記録メディアで国内マーケットシェアトップクラスを誇り、近年の売上は約80億円と安定して推移。利益面でも昨年初の1億円突破を達成した。

拍手[0回]

三国水材 (シリーズNo.1475)


水道資材の供給で地域のインフラを守り続ける


 
三富 俊之 社長


 水道管をはじめとする上・下水道工事資材全般の卸売会社として、半世紀上の業歴を誇る三国水材株式会社。緊急・災害用の資材供給も担うなど、さいたま市周辺地域の安心・安全な暮らしを支えている。
「当社は創業以来、常に地域貢献を意識してきました。今後も〝感謝〟の気持ちで地元に恩返ししていきます」
 と語るのは、昨年9月に就任した三富俊之社長。先代の三富タミエ・現会長が貫いてきた地域貢献への志を受け継ぐ若きリーダーだ。


拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年7月29日号 [雑誌]

2018年7月29日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R