忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

コバヤシ (シリーズNo.1334)

リフォーム市場も視野に商圏拡大図る
首都圏西部エリアの住宅資材総合商社

  池田 昭義社長

 新築からリフォームへと住宅業界が変容する中、まだまだ新築需要が旺盛な首都圏西部地域を主要エリアに、1959年4月の創業以来、住宅資材の総合商社として成長してきた株式会社コバヤシは、その流れをいち早くキャッチ。持ち前の高品質納材管理・物流機能を生かして、よりきめ細かな物流管理が要求されるリフォーム市場に対応する体制を整えている。

拍手[0回]

PR

三京アムコ(シリーズNo.1327)

生産現場の〝あったらいいな〞を形にする会社
「個客」第一主義でオンリーワンを目指す!


榊原 輝雄 社長

 トヨタグループの主要企業が挙って本社・工場を構える愛知県刈谷市。この日本有数の自動車工業都市から世界に発信する〝ジャスト・イン・タイムのモノづくりに、無くてはならない企業がある。トヨタ生産方式で用いられる「かんばんケース」をはじめ、工場や事務所向けに多彩なアイテムを提供する三京アムコ株式会社だ。
「お客様の困り事を改善し、ご要望を形にするのが私たちの仕事。オーダーメード的に最適な形状・材質の製品を提案し、お客様に付加価値を提供しています」

拍手[0回]

総和運輸(シリーズNo.1314)

海上コンテナ輸送で活路を見出す
人に支えられ、人を支える運送会社

船橋 謙一 社長
 
    労働人口の減少が叫ばれる中、特に慢性的な人手不足が続いているのが、運送業界である。

「背景には、取得に時間がかかる大型自動車の免許制度や、相次ぐ事故の報道など『リスクが大きい仕事』というイメージの定着があります。これを払拭するには、業界内の努力にとどまらず、国の支援が必要です」
 と警鐘を鳴らすのは、有限会社総和運輸船橋謙一社長だ。

拍手[0回]

エコウイング物流(シリーズNo.1312)

若きドライバーたちが躍進の原動力
社員の子供たちが働きたくなる運送会社

羽田 隆 代表取締役     大久保 仁 取締役社長


 ドライバーの人手不足や高齢化が深刻化する物流業界の中で、ひと際輝く躍進企業がある。千葉県野田市を本拠地とするエコウイング物流株式会社だ。ドライバーの平均年齢は30代前半。46・2歳という業界平均(2015年度・厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)を大きく下回る〝若さが最大の魅力だ。

拍手[0回]

バン工業用品(シリーズNo.1302)

多彩なゴム・樹脂製品とニーズをつなぐ
〝人財〞を受け継ぐ工業用品の老舗専門商社

塩谷 信雄 社長
 
   産業用ベルトのトップブランドを支える専門商社として、設立45周年を迎えたバン工業用品株式会社。昨年9月期に過去最高売上を記録するなど、さらに成長を続ける同社のルーツは明治末期まで遡る。

「明治・大正の時代はベルトの素材が綿布しかなく、自社で織機を持って製造しながら販売していたと聞いています。当社には老舗商社として備える歴史と人間力、トップブランドを担うプライドと責任があります」
 と話すのは、一昨年に就任した塩谷信雄社長。1971年に親戚関係の塩山ベルト㈱と藤田ベルト㈱が合併し、同社が新たに発足してから4代目のリーダーだ。

拍手[1回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年07月30日号 [雑誌]

2017年07月30日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R