忍者ブログ
Home > 記事一覧

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

池田建設(シリーズNo.1665)

〝千年を、〈かたち〉に。〟をテーマに次なる千年へ
薬師寺の復興工事を一手に担う総合建設会社



古賀 智道 社長


 伝統建築分野を第一の強みとして、薬師寺白凰大伽藍堂の復興工事を始め、護国寺・月光殿の免震修復や寛永寺・黒門の保存修復など、重要文化財の復興工事を数多く手がけてきた池田建設株式会社。既存構造材を一つひとつ解体し、修復時に戻す作業は、長い歴史に相応する緻密さと知見が求められ、専門性の高い技術力を要する。
「ご縁があって薬師寺は1966年から携わってきました。これだけ未曾有の復興を遂げたことはまさに奇跡的で、感謝しています」
 と古賀智道社長は語る。


拍手[3回]

PR

エヌケイコールド(シリーズNo.1664)

美味しさの理由は生鮮食材の〝食感〟
鮮度を保つチルド輸送が異彩を放つ



中沢 一 社長


 野菜や果実等の食材を食品加工会社やファミリ―レストラン、ファーストフード店等に運んでいるチルド商品専門の輸送会社、株式会社エヌケイコールド
 新鮮なまま商品を届けるには温度管理が最も重要で、一度上がった野菜の温度はすぐには下がらないため、庫内の商品温度を小まめに計るなど試行錯誤の末、庫内温度を5度にキープすることに成功した同社。トラックの走行位置、庫内温度が社内でも把握出来る設備を導入し、商品の新鮮さを保つことに注力している。


拍手[1回]

日東工機

人を結び信頼の「絆」を繋ぐ溶接業界の
老舗卸売企業。中小企業の事業承継に貢献



吉岡 良三 社長


中小企業の「2025年問題」が囁かれている。経営者が高齢化していく中、後継者が見つからない中小企業が多く、経済産業省と中小企業庁の試算によれば、「現状を放置すると中小企業廃業の急増により、2025年頃までの累計で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる」可能性があるというのだ。
そんな中、「つながって、輪になって、大きな『絆』を創りたい。」をモットーとする溶接業界の老舗卸売企業、日東工機株式会社(吉岡良三社長)は、長年の取引実績のある販売店の中で、事業承継の時期に差し掛かり、後継者難に直面している中小企業数社からの切実な相談を受け、社名も従業員もそのままに100㌫出資で関連会社化して、事業を継続できる体制を整えるという、社会的にも意義深い取り組みを実践している。


拍手[0回]

文京住販

文京区の不動産会社でトップクラスの実績
オールマイティな提案力で顧客ニーズに応える



一村 岳史 社長

 2019年1月、日本マーケティングリサーチ機構により、文京区エリアの不動産会社上位9社を対象としたサイトイメージ調査(n=2183)が行われ、文京住販株式会社(一村岳史社長)、「お客様満足度」「充実した物件情報」「信頼と安心の不動産会社」の3部門でNO・1を獲得。
この文京区に白山本店、千駄木支店、音羽支店の3店舗を構える同社は、2006年5月に不動産仲介事業で創業。以来、地域に密着し、地域に成熟した不動産会社として、文京区及びその隣接区で住宅の購入を考えている顧客の想いに応えるべく、サービス水準の向上を目指してきた。


拍手[1回]

ケン・デンタリックス(シリーズNo.1663)

先鋭設備と技術で患者様を〝笑顔〟にする
自費治療に特化し業界をリードする歯科技工所



松浦 賢治 社長


 歯科医院の保険診療は低価格で受けられる反面、治療や使用する材料に制限があり、症状によっては妥協的ともいえる治療を行わざる得ないデメリットがある。「長い目で見た時に保険診療が安いということはない」という声も聞く。
 ケン・デンタリックス株式会社は、これまで40年近くにわたって保険外の自費治療技工に特化して携わってきたエキスパート集団で、取引歯科医院数は約2000件に達する


拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2019年12月15日号 [雑誌]

2019年12月15日号

ブログ内検索

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R