忍者ブログ
Home > 製造・設計・技術開発 > 流機エンジニアリング

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

流機エンジニアリング

非効率社員の主体性、生産性、経営品質を創る
創業42年の「環境ソリューションメーカー」


西村 司 社長


「働く従業員が幸せであること」「行う事業が私利私欲でなく、世の中の為になること」の二つの考えを中心に置いて会社経営に当たるのは、1977年5月創業の環境ソリューションメーカー、株式会社流機エンジニアリングの4代目代表、西村司社長だ。
 西村社長は14年12月の社長就任以前から大胆な組織改革に着手。個々の社員の日々の業務が経営全体のどの部分に位置し、どの様に役に立っているのかを明確化することで、それぞれの社員が実力を発揮できる環境を整えてきた。


 近年では実務の所属部署20組織の他に「スキル評価プロジェクト」「危険回避プロジェクト」など、部署横断的なチームを20組織創出し、1人2役を割り当てる体制を構築。個々の社員の潜在能力を発見、発掘することで、社内活性化に大いに寄与しているという。
 例えば2年前の「40周年記念イベント」は、入社4カ月の新入社員をリーダーとした女性社員のみで編成したチームで、大成功に導いた。本年の「新卒採用プロジェクト」は入社1~2年の社員のチーム編成で、社内に活気を呼ぶ新たな気付きが相次いでいる。
 西村社長自身、社長室は設けずオープンなオフィスの一角に他の社員と並んで自席を置く。自由に意見を言い合い、議論できる雰囲気から優れたアイデアや新しい製品づくりが生まれるとの考えからだ。

環境装置で
「日本一」の証


「社員には仕事を通じて達成感を得てもらいたい。指示を受ける仕事だけではその感覚を味わう事は出来ないと思う」
 と語る西村社長は、社業の傍ら自ら広告塔として日本テレビ「ZIP」を始めTV番組やCM出演、スパルタンレース、SASUKE、浅草サンバカーニバルへの出場、DJ活動など、公私ともに忙しい日々を送っているという。
同社ならではの「何とかする力」で「最適環境の創造」を提供してきた同社は、この程、メンテナンスフリーの超高清浄集塵装置「Iシリーズ」の開発で日本産業機械工業会主催「第45回優秀環境装置表彰」で経済産業省産業技術環境局長賞を受賞。他にも健康経営、ホワイト企業、女性活躍企業と数々の受賞歴を持つ同社は、今後もそのチームワークで様々な難題を解決していく。


【会社データ】
本社=東京都港区三田3-4-2いちご聖橋ビル
☎=03-3452-7400
設立=1977年5月
資本金=4000万円
社員数=120名
売上高=46億万円
事業内容=集塵機・送風機等の設計・開発・レンタル等
http://www.ryuki.com

拍手[4回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2019年12月15日号 [雑誌]

2019年12月15日号

ブログ内検索

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R