忍者ブログ

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

誠輪物流

選ばれるために同業他社より一歩前へ!
明るい組織風土で人が集まる運送会社



野坊戸 薫 社長


「今ある基盤を維持しながら、『坂戸・鶴ヶ島に誠輪物流あり!』を目指し、感謝の気持ちで私なりに少しずつ変革を進めています」
 と話すのは、2年前に父君の急逝を受けて事業を継承した株式会社誠輪物流野坊(のぼと)戸薫社長。一般社団法人跡取り娘共育協会が運営している「跡取り娘.com」の活動に参画するなど、女性事業継承者としての研鑽を積みながら積極的に自社の改革とブランディング活動を推進している。


「ドライバーに安心・安全でカッコ良いトラックに乗ってもらうことが私の一番大切な仕事。それが『走る宣伝』にもなります。工業地域である特長を生かし、地元の倉庫や製造業者との協業も視野に入れています」                 
と野坊戸社長。水玉模様の軽トラックなど斬新なデザインのラッピング車輌に加え、幹線道路に立つ大きな看板広告は従来の運送会社に対するイメージを明るく変えるともに、「注目されている」という意識がドライバーたちのモラルとモチベーションを高めるのだ。
土曜日に行うグループ活動は7つの班が自分たちで目標を定め、事故を減らす方法を考え合う。全員分の弁当を用意し、全員が一つのテーブルで昼食をとりながら団結力を高め、午後は社屋のリフォームや美化活動を一緒に率先垂範する野坊戸社長は、必ず手書きのコメントをつけて返す管理者との週報を通じて、コミュニケーションの醸成と見える化に努めている。
「答えは現場にある。縦・横に水が流れてタイムリーに報連相が上がってくる環境を作り、常に高いアンテナを張る意識を浸透させることで社員一人ひとりを成長させていきたいですね。文字通り〝大〟きく〝変〟えることは『大変』ですが、絶対に風化させることなく続けてきます」(野坊戸社長)

夢は「運送の専門学校」
ドライバー増やす助成金も


「運送の専門学校」の創設が夢だという野坊戸社長は、次代を担う若いドライバーの人口を増やすため、AT免許からMT免許に切り替える際の助成金の創設も構想。同社敷地内での備蓄倉庫の設置、社員の家族や地域住民を呼ぶイベントの開催など、「人が集まる会社」に大きく変えていく。 


【会社データ】
本社=埼玉県鶴ヶ島市上広谷本村472―1
☎=04―9287―9988
創業=1996年4月
資本金=2500万円
社員数=85名
売上高=7億5000万円
事業内容=一般自動車運送業、首都圏配送、引越業務、倉庫業、商品管理業務など
http://seiwa-logi.com

拍手[1回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2019年10月27日号 [雑誌]

2019年10月27日号

ブログ内検索

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R