忍者ブログ
Home > 教育・コンサルティング・士業 > TASUKE(シリーズNo.1139)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

TASUKE(シリーズNo.1139)

WEB教材と独自の学習コースで
質の高い学びを実現

﨑山 正樹 社長

「昨今、自分で限界を決めてあきらめてしまっている生徒が多いですね。そんな壁、最初に壊してしまいますけどね」
と語るのはTASUKE株式会社﨑山正樹社長だ。今年の2月中旬、千葉県東金市に個別指導専門の「TASUKE塾」を開校した同社。個別指導といえば近年人気ではあるものの、完全な個別とは言い難く、講師間での授業の格差にも課題が残っているのが現状だ。
 そんな状況を打破すべく、同塾はパソコンやタブレットを用いたWEB教育を導入。動画で納得できるまで何度も授業を閲覧できるのが強みだ。また、正答率や進捗具合をデータで個別に記録し、生徒一人ひとりの学力の推移を詳細に把握している。
「同時に講師の対話によるフォローも欠かさないように心掛けています。教材を与えたきりにするのではなく、緊密にコミュニケーションを図ることで信頼関係を構築し、生徒が学びやすい環境を整えています」
 何より魅力的なのが「学びホーダイ」という学習コース。大手個別指導塾などは週1回の90分授業で2万円といった料金形態が多いが、同塾では1教科1万2000円で無制限で学習できる。こうした取り組みが人気の秘訣であり、魅力となっている。開校してからわずか3カ月足らずで小中高生合わせて約50名が入塾したというのもうなずける。

塾業界に携わって20年
常識にとらわれない塾のかたち

 﨑山社長は大学卒業後、ゼネコンの営業マン、ラジコンショップの店長、落花生卸売の株式会社ヤマハン勤務を経て塾講師に至った、異色の経歴の持ち主だ。大手学習塾に16年在籍し、全国最優秀教室賞を何度も獲得するほどの敏腕室長だった。「TASUKE」の由来は、独立に際し経営スキルを教授してくれた大叔父の名前と、人を「助ける」意から命名したという。
 学生時代から培った教育のノウハウを生かし、同塾では全学年の進路指導や職業選択のアドバイスに特に力を入れている。
「10代で本当にやりたいことが見つかっている生徒はほんの一握り。だからこそ、将来設計の手助けができればと思っています。選択の幅が広がれば、すぐにあきらめるということもなくなりますからね」(﨑山社長)
 また、﨑山社長自身もかつて問題児扱いをされた経験から、問題を抱える生徒も積極的に受け入れている。
「当塾では『成績保証制度』を採用しています。“ビリ”でも成績を伸ばす自信があります。長年の経験を基に、原因を探し点数アップを目指します」(﨑山社長)
 通信制コースも設けており、在宅で高卒認定を目指す受講生もいるという。
「年内に新たな教室の開校も予定しています。人材育成にも力を入れたいですね。また、自分の考えに賛同していただける方には加盟校として参加していただき、コンサルタントもしていきたいと考えています」
 と﨑山社長。新しい塾のかたちを求めて、﨑山社長は今日も奮闘する。 

【会社データ】
東金本校=千葉県東金市東新宿1―4 QAビル2F
☎=0475―77―7793設立=2015年1月
資本金=900万円
事業内容=学習塾の運営
http://tasukegroup.com

拍手[1回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年12月24日号 [雑誌]

2017年12月24日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R