忍者ブログ
Home > 不動産・住宅・リフォーム > 外装専科(シリーズNo.1138)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

外装専科(シリーズNo.1138)

修繕積立金不足の管理組合を救う!
マンション大規模修繕の駆け込み寺

伊藤 洋之輔 社長

「修繕したくても、修繕積立金が足りない。修繕積立金を使い果たしたくない。そんな困り果てたマンション管理組合の力になりたい――」
 こう力強く話すのは、修繕積立金不足のマンションを対象とした大規模修繕工事を手掛ける、株式会社外装専科伊藤洋之輔社長だ。伊藤社長は『まちがいだらけの大規模修繕』(ダイヤモンド社)の著者としても知られる。
“マンション大規模修繕の駆け込み寺”として、多くの管理組合やオーナーから信頼を獲得している同社。設立以来着実に成長を遂げ、現在は札幌・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡にも営業所を展開し、全国からの依頼に対応している。近年は、分譲マンション・タワーマンションなどの大型物件からの引き合いも増え、施工実績を重ねている。
 どんな建物も自社物件のように扱い、過剰・不要不急の工事は一切しないのが同社のポリシー。徹底的に無駄を省き、顧客本位の高品質な施工を低コストで実現している。他社が6000万円の概算見積書を提示した案件を、2000万円で施工したというから驚きだ。背景には、マンション大規模修繕専業会社ならではの工夫がある。
 ①管理組合やオーナーからの直接受注・直接施工を徹底。建設業界特有の「元請・下請・孫請」構造を可能な限り排除し、中間マージンの大幅カットに成功している。
 ②ほとんどの大規模修繕工事では組立足場を設置するが、同社は建物の状況に応じ組立足場だけでなく、ブランコやゴンドラなどの吊足場も併用。最適な施工プランを提案できるのが強みだ。
 ③独自の塗装工法を採用。古いマンションの外壁は過去の塗装で塗膜が何層にも重なっている。痛みが少なく汚れているだけの壁なら、高品質の塗料を用いて1回塗りで仕上げる「ワンコートシステム」で十分だという。
 他にも、見積書の提出時に具体的な保証内容を明記した「工事保証案」も提出。受注額500万円以上の施工実績は、抜粋ではなく全てを工事経歴書に記載している。こうした公明正大な営業姿勢も選ばれる理由だ。

どん底からの再起
今後も「信用」を守り続ける

 19歳で見習い職人として業界入りした伊藤社長は、この道50年超の大ベテラン。かつては年商24億円の㈱アズマを率いていたが、業容拡大に伴う管理体制の甘さから破産の憂き目に遭う。
「幸い、中卒でエリートでない私にプライドはありませんでした。だからこそ、中古の小型トラック1台で再創業できたのです」
 設立直前、社名の外装専科を商標登録した伊藤社長。「大規模修繕なら外装専科」と、誰もが口にする未来を見据えての布石だった。
「どん底を味わったからこそ『信用』を最も大切にしてきた。今後もそれを守り続けるのが使命です」 

【会社データ】
本社=東京都文京区大塚5-13-3
ユニゾ小石川アーバンビル7F
フリーコール

 =0120―520―355
設立=2003年5月
資本金=5000万円
事業内容=修繕積立金に余裕のないマンションを対象とした大規模修繕工事
http://www.gaisousenka.co.jp

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年11月19日号 [雑誌]

2017年11月26日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R