忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング > ナカノ商会(シリーズNo.1720)

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

ナカノ商会(シリーズNo.1720)

「雇用なくして企業にあらず」。更なる雇用拡大で
売上高1000億円目指す総合物流企業



沼澤 宏 社長


「雇用なくして企業にあらず」を第一の理念に掲げ、設立32年目の今、パート含めて3000名の従業員を擁し、グループ売上高500億円を弾き出す総合物流企業・株式会社ナカノ商会。率いるのは、豪快かつ繊細、直観的な先読みを基に大胆な決断を重ねて会社をここまで伸ばしてきた創業経営者、沼澤宏社長だ。
 中学校卒業後、機関士・航海士を養成する国立館山海員学校(現・国立館山海上技術学校)に入学した沼澤社長は3年で卒業し、自動車物流のパイオニア、中野海運に入社。そこで第2の父と慕う中野義雄社長に出会う。3年半の船乗り経験や船舶売買、航路開拓など15年間の勤務の後、1988年8月、倉庫業を志して一人で独立した際は、その恩義に報いるために「ナカノ」の名前を頂戴し、ナカノ商会と命名した。併せてトレードマークは古くから人に大きな恩恵をもたらしてきた「羊」に決めた。沼澤社長33歳の船出だ。


 創業当初、内航コンテナ輸送や工場構内輸送でスタートした同社は年を経るごとに倉庫サブリース事業、陸海運を駆使したビール瓶輸送事業、倉庫業への本格参入など着々と業容を拡大。現在の海運・倉庫・陸運・3PLの総合物流事業の全国展開を主力に、倉庫賃貸システム「サブリースα」の運営や「飲食店・コンビニFC事業」「工場内オペレーション」など新規サービスの開発に繋がっていく。
 その間、バブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災など幾多の危機を乗り越えて毎期110㌫の売上増を続け、気付けばグループ売上高500億円を計上するまでに成長してきた。

時代の先を読む決断で
多彩な事業展開を推進


 ところが沼澤社長の野望はここに安住しない。「天下に付いていけ」の持論の元、時代の変化に合わせて臨機応変に事業構造を変革。さらに雇用を拡大し、将来的には売上高1000億円を目指す。大いなる雇用で国を豊かにすることこそが企業の本分と考えるからだ。
 現在、全国140余カ所に20万坪強の倉庫を管理し、総車両台数600台を保有。国内28事業所、子会社2社・関係会社2社を展開し、一級建築士事務所、特定建設業、第二種金融商品取引業など15営業種目をカバーする同社は、4年前から新卒採用を開始。今後は、毎年新卒20~30名、ドライバー100名、中途採用200~300名程度を採用していく方針だ。
「倉庫は夢のビックリ箱」と沼澤社長が語るように、倉庫事業から派生する新事業の芽は無限に広がる。扱う品物が変われば内装を変える必要が生じ、リニューアル事業が生まれる。Eコマース全盛時代には、それに合わせた荷扱いが必要になる。沼澤社長が倉庫業を志した動機はここにある。
「平時は合議制。有事はトップダウン」と沼澤社長が語るように、今後も果敢な決断で様々な危機を乗り越え、同社は大きく羽ばたいていくことだろう。


【会社データ】
本社=東京都江戸川区中葛西3-18-5
℡=03-5667-8877
設立=1988年8月
資本金=3億2470万円
売上高500億円
従業員数=3000名
事業内容=運輸・倉庫業、3PL、コンストラクションマネジメント、建設業等
http://www.nakanoshokai.jp

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2019年12月15日号 [雑誌]

2019年12月15日号

ブログ内検索

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R