忍者ブログ
Home > 不動産・住宅・リフォーム

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

クラスコ(シリーズNo.1208)

アパート経営に新風
既成概念を吹き飛ばすクリエイター集団

小村 典弘社長
「ニューヨークには築100年以上の建物が立ち並んでいますが、その価値は下がるどころか、リノベーションによってむしろ上がっているところもあるぐらいです。日本では、古くなり人気の無くなった賃貸物件は家賃を下げざるを得ません。それではオーナー様が疲弊していくばかりです。いかに物件価値を高め、賃料を上げながらも満室にするかをテーマに立ち上げたのがリノベーションブランド『リノッタ』です」 と話すのは株式会社クラスコ小村典弘社長

拍手[0回]

PR

樹楽屋(シリーズNo.1202)

人生を楽しむ住まい「Vide」

富部 一秀 社長

千葉県柏市を拠点に、注文住宅の設計・施工やリノベーションを手掛ける樹楽屋株式会社。グループの千葉デコス㈱はセルロース断熱の施工も行っている。

拍手[0回]

赤熊不動産鑑定所(シリーズNo.1187)

不動産評価にセカンドオピニオンを
40年の業歴誇る不動産鑑定士の提言

赤熊 正保社長

 今年1月、新・相続税が施行されたが、相続の際、大きなウェートを占めるのは不動産価格。一般に、不動産評価は路線価等が基準とされるが、その価格が時価を上回る場合には、個別性を反映させた不動産鑑定による価格も適用される。例えば、近隣の悪環境や土地の履歴、傾斜、道路に対して南面か北面かで評価額は大きく異なる。不動産価格に影響を与える要因はかくも多いのだ。

拍手[0回]

東京建設コンサルタント(シリーズNo.1180)

最強の満室経営術「すごいえ」

高木 隆 社長

 家賃を下げても、リフォームをしても借り手がつかない――。賃貸オーナーにとって大きな悩みの種である「空室」。その解決を目指して誕生した画期的なサービスがある。株式会社東京建設コンサルタントが提供する「すごいえ」だ。

拍手[0回]

株式会社 外装専科(第56回)

全国の管理組合が称賛する
マンション大規模修繕の駆け込み寺

伊藤 洋之輔 社長

 長期修繕計画に基づき、計画的に行われるマンション大規模修繕工事。しかし、一部の管理会社が不要不急の工事を計画し、区分所有者の大切な修繕積立金を使い果たしてしまう事例もあるという。

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年06月11日号 [雑誌]

2017年06月11日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R