忍者ブログ
Home > 不動産・住宅・リフォーム

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

株式会社 外装専科

マンション管理組合の駆け込み寺
1世帯平均工事費70万円の大規模修繕


伊藤 洋之輔 会長

 マンションの大規模修繕工事は、長期修繕計画に基づき、建物の美観保持と共に経年劣化による不具合の発生を防止して安心・安全な住環境の整備と資産価値の維持を目的に10年~15年周期で定期的に実施される。
 その費用は区分所有者から集めた修繕積立金で賄われるが、近年、この修繕積立金が不足しているマンション管理組合の増加が将来への懸念となっている。
 不足を補うには新たな借入や追加費用の徴収を余儀なくされるが、終の住み処としてマンションを購入した人も多く、所有者の高齢化により積立金の値上げも容易なことではない。
 また、一部の施工業者や管理会社などが、不要不急な工事を含む過大な計画を提案して、大切な修繕積立金を使い果たしてしまう事例もあるという。
 こうした悩みに応え、東京の本社をはじめ札幌・横浜・静岡・名古屋・大阪・広島・福岡の拠点で事業展開し、全国のマンション管理組合から「大規模修繕の駆け込み寺」として支持を集めているのが、株式会社外装専科だ。

拍手[0回]

PR

日動(シリーズNo.1551)

「サービス業」への転換で躍動する不動産会社


前川 大輔 社長

 分譲マンション事業(ラ・クラッセシリーズ)、賃貸事業、管理事業の3本柱で道内上位の業績を誇る株式会社日動。札幌市中心部を軸に展開する不動産事業は、固定概念に囚われないビジネスモデルと徹底した顧客第一主義を貫く。
「お客様と愚直に向き合うことが当社の理念です。心から喜んで頂けなければ、お客様の数は増やせません」
 と話す前川大輔社長は、「自分たちだけが儲かれば良い」という不動産会社が陥りがちなビジネスモデルを脱却し、自らが先駆者として「サービス業」への転換にチャレンジしている。
 社員にノルマを課さず、きめ細かいチームでの仕事にこだわる事業モデルが顧客満足向上に繋がっている同社。設立から40年を超えても尚、進化しながら「動(Do)」き続けていく。 

【会社データ】
本社=北海道札幌市中央区南1条西1―16―4 シルキービル1F
☎=011―232―3237
資本金=7000万円
売上高=29億3000万円(単体・グループ除く)
事業内容=不動産売買・仲介、マンション開発、賃貸・分譲マンション管理
http://www.nichido.net

拍手[2回]

レモンホーム(シリーズNo.1530)

西湘・湘南で住みやすさを追求した家づくり
多角的な事業展開で未来を拓く


杉山 太造 社長

「一棟一棟、住みやすさを大事にした家づくりをして行きたいですね」 
 と語るのは、神奈川県の西湘・湘南地域を中心に住宅建築と不動産事業を手掛けるレモンホーム株式会社杉山太造社長だ。
「顧客の要望をできる限りかなえる」をモットーとして、㈱栢山ハウジング、㈱ティーズエステート、㈱湘南企画など同社のグループ会社と共に、湘南のライフスタイルや景観にも合った家づくり・宅地開発・分譲販売で、3600棟以上の施工実績を重ねている。

 杉山社長は、1932年生まれ、静岡県の出身。前職のLPガス販売大手レモンガス㈱では、社長・副会長などの要職を歴任した。
 レモンホームの前身は、74年創業の西湘宅建㈱。同社はその後、レモンガスの傘下となり杉山社長が代表を兼務した。

拍手[1回]

北極星コーポレーション (シリーズNo.1525)

不動産の価値を取り戻すトラブルシューター
用地開発が不動産有効活用の決め手


宮﨑 泰彦 社長

 あらゆる不動産開発は用地取得から始まる。その第1歩目こそが、事業の成否の鍵を握るプロセスと言っても過言ではない。
 都市における多種多様な不動産再生・活性化事業に20年以上取り組んできた株式会社北極星コーポレーション宮﨑泰彦社長は、その過程で、用地が本来持っている価値を取り戻すためのノウハウを蓄積し、独自の用地取得ルートを開拓するなど、不動産に関わる幾多の問題に対峙するための解決力を磨き上げてきた。
 ビルやマンションなどが密集する都市には、容積率や建ぺい率等の建築条件の問題、権利関係の問題など、都市開発を進めるにあたって足枷となる土地や建物に関する様々な問題がある。
 同社では、これまで培ってきた調整力・買い取り力・総合力など、知識と経験のすべてを駆使してこれらの瑕疵を解消、不動産本来の価値を取り戻すことに全力を尽くしている。

拍手[5回]

リッチロード (シリーズNo.1520)

どこまでも正直な不動産投資専門会社
お客様のために100年続く企業目指す


徳田 里枝 社長

「新卒採用の内定者のご両親には、たとえ遠方でも専務と二人で出向き、採用のご挨拶をさせて頂いています。新卒社員を社会人として育てるのは100㌫こちらの責任。大事な息子さん、娘さんをお預かりするのですから、将来、『この会社に決めて良かった』と親御さんにも思って頂けるよう、教育体制は万全に整えています」
 と、新卒社員への思いを語るのは、2000年2月4日の設立、今年18周年を迎える不動産投資専門会社、株式会社リッチロード徳田里枝社長だ。
 売り手市場といわれた18年4月入社の採用活動にあって、社員数57名の中小企業ながら大学・大学院の新卒生10名の内定者を確保。全員が今年4月に入社してくるという同社の魅力は、不動産業界には珍しい女性経営者である徳田社長の優しくかつ厳しい人となりに依るところが大きい。

拍手[1回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年10月28日号 [雑誌]

2018年10月28日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R