忍者ブログ
Home > 不動産・住宅・リフォーム > ㈱論客商売(シリーズNo.990)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

㈱論客商売(シリーズNo.990)

中小企業経営者の迷いを断つ!
ドラッカー経営論に基づくコンサルティング
塩谷 隆一 社長
 全国に約385万社存在する中堅・中小企業。その経営者のほとんどが、事業承継や資金繰り、人事労務など経営上の様々な悩みを抱えている。
「権限の分散された大手企業とは異なり、中小企業の社長はマネジメントを担う『経営者』、新事業(イノベーション)を創造する『企業家』、資産を運用する『投資家』の役割を一手に担わなくてはならない。安定経営のためには、利害の対立する3つのバランスを適正に保つことが肝心です」
 こう話すのは、中小企業向けの経営コンサルティングを手掛ける株式会社論客商売の塩谷隆一社長だ。
 製造業や建設業、飲食業など業種業界を問わず様々な支援実績を有する同社。『マネジメント』で著名なP.F.ドラッカー氏の経営論を取り入れつつ、塩谷社長独自のノウハウを生かしたオーダー型のコンサルティングを強みにしている。
 売上改善など表面的な問題ではなく、各企業の課題を根本から探し、解決の道筋を提示するのが同社流。顧客の経営を軌道に乗せたら早めに顧問契約を解消するのが当然の責務と考え、顧客の負担を低減するため費用も安価に設定している。
 また、企業の倒産を反社会的な行為ととらえる同社は、倒産を技術的に防ぐ方法論も提供している。
「経営者が責任を自覚していれば倒産はほぼ確実に防げる。事業の継続が困難になった時は、廃業やM&Aを選択する方が幸せになれることも少なくありません」
 と塩谷社長。続けて、企業が長く存続するためには従業員や協力会社、顧客など、すべてのステークホルダーが共有できる目標や存在意義が不可欠と語る。
「単なるきれいごとではなく、企業理念を明確に設定することは成長の原動力になります。また、経営者は個人的な目標も掲げるべき。最近は欲のない社長が多い。『65歳で1億円の資産を貯めてハワイで暮らす』。これは分かりやすい例えですが、苦労の絶えない経営者こそ〝社長マインド〟を強く持ち、社業へのモチベーションを高めてほしいですね」

自らの経営者経験も生かし
経営者の気持ちを楽に

 塩谷社長は立教大学経済学部出身。経済学者の道を模索するも、卒業後は父君が経営する設備工事会社に入社し、昼は現場でアシスタントを務めながら夜は専門学校の設備工学科で学んだ。30年を超える勤務の中で取締役・常務取締役・代表取締役を務め、11年7月にM&Aで全株式を譲渡し退職。経営コンサルタントして独立の道を選んだ。
「会社の売却にはネガティブな印象がありますが、最善の選択だったと考えています。私にとって論客商売は『自己実現』の1つ。中小企業の経営を探求し、知識や経験を生かして社会に貢献したいと考えました。今後も苦しんでいる中小企業経営者の気持ちを楽にしていきたいですね」(森)

【会社データ】
本社=東京都大田区多摩川1―7―7
☎=03―6715―0610
創業=2011年7月
資本金=300万円
事業内容=経営コンサルティング、セミナー講師
http://ronkyaku.jp

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年06月04日号 [雑誌]

2017年06月4日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R