忍者ブログ
Home > 教育・コンサルティング・士業 > 税理士法人エクラコンサルティング(シリーズNo.1025)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

税理士法人エクラコンサルティング(シリーズNo.1025)

相続税・事業継承の分野で実績
他の税理士のサポートも


田中 誠 代表社員(東京税理士会 渋谷支部所属)


三井 皓市 代表社員(東京税理士会 渋谷支部所属)

 昨年、相続税及び贈与税、また事業継承に関連した税制改正が行われ、2015年1月より新たな税制度が適用される。

 相続税については、基礎控除額が引き下げられるため、これまでよりも多くの人が課税対象となる見込みだ。これにより、「相続税について税理士に相談してみよう」と思い立つ人も増えるのではないだろうか。

 しかし、税理士と一口に言っても、それぞれに得意・不得意分野があるということは、あまり知られていない。

「一昔前は、税理士の仕事と言えば記帳代行が主でしたが、今は業務範囲は多岐に渡ります。あなたがたまたま相談を持ちかけた税理士が、必ずしも〝相続〟に精通しているとは限らないのです」と語るのは、税理士法人エクラコンサルティング田中誠代表だ。田中代表は資産税の分野で名高いタクトコンサルティングに20年間勤めた後、2011年に同社を設立した。現在も相続や事業継承の分野に軸足を置き、コンサルティングや講演など精力的に活動している。

書籍も好評発売中!
業界全体の発展を目指して

「当社では、相続や事業継承等に関して専門外の先生方の、〝助っ人〟としての役割も担っています。もちろん記帳代行など通常業務はそれまで通りお任せをして、協働してお客様が存続・成長・発展していく事をサポートするのです」

 税理士事務所向けに個別の勉強会やセミナーを開催するなど、田中代表らがこれまで培ってきた経験やノウハウを伝授する。
 一度協働をした税理士事務所とは、その後もパートナー関係を続けているという。

 昨年11月には、幻冬舎より「相続税対策は顧問税理士に頼むと必ず失敗する」という書籍を出版。やや刺激的なタイトルではあるが、これは前述したとおり、税理士にはそれぞれ得意分野があり、相続税は資産税、中でも相続前の対策に精通した税理士に任せるべきだと言うことが、具体的な事例や手法を交えつつ語られている。

「専門外の分野に対応することができず、長年の付き合いであるお客さんが離れていってしまうこともあります。それぞれ専門分野を持ちつつ、お客様を取り合うのではなく、共に協力しサポートし合っていくことが、業界全体の向上、ひいてはお客様の存続・成長・発展に繋がると考えています」と田中代表は語る。

「税理士事務所は、法律事務所やお医者さんと同様、いやそれ以上に身近な存在です。税やお金について気になることがあれば、気軽に相談に来てほしいですね」(田中代表)

 相続税を始め、税金についてお悩みの方は、一度ご連絡してみてはいかがだろう。    

【会社データ】
本社=東京都渋谷区恵比寿1―19―15 ウノサワ東急ビル3F
☎=03―5447―6277
設立=2011年12月
事業内容=税務代理・確定申告、事業承継・相続対策、企業再生・M&A、資産活用・国際税務等に関するコンサルティング
http://www.eclat-c.com


 

拍手[2回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年10月1日号 [雑誌]

2017年10月1日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R