忍者ブログ
Home > 建設・建築・土木・設備・管理 > ヤエス(シリーズN.1340)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

ヤエス(シリーズN.1340)

「快適環境」「安全空間」を提供
半世紀超え活躍するビル清掃企業

田澤 正弘 社長

 私達が過ごすビルや学校などは、日中多くの時間を過ごす生活空間である。そして、建物を所有するオーナーにとっては大切な資産だ。
「私達は、利用者の方に『快適環境』『安全空間』を提供すると共に、お客様の資産を長く維持できるよう総合的な管理を行っています」
 と語るのは株式会社ヤエスの田澤正弘社長
 清掃業をはじめとしたビルメンテナンスと、「修繕も管理の一環」と考え、関連会社の株式会社ヤエスR&Sでリニューアル工事などの業務も請け負う同社は、今年55周年を迎えた。

 父君である田澤道太郎会長が単身清掃業から創業した1960年は、丁度田澤社長の生まれ年でもある。
 当時は階段室に電話を引いた事務所から始まり、母君も幼い息子を背負いながら、清掃作業に従事していたという。お客様の要望に応えて徐々に設備管理など、業務の幅を広げていった。
 田澤社長は日本大学で建築を学んだ後、大手管理会社等で8年間修業。その後、のちのグループ会社のヤエスR&Sの母体となる部門を立ち上げた。
 一度代表に就任した田澤社長は、汚染土壌の改良を行う新たなグループ会社を立ち上げるも、経営に失敗。取締役への降格を余儀なくされた時期もあったが、従来の業務に更に力を入れ、地道にやっていく決意を携え、再び代表職に就任した。
「大切なのは会社を存続させること。多くの従業員、そしてその家族の生活を守るために、こつこつとやっていこう、と思えたのはこの失敗があってこそですね」

100年企業へ向けて
礎を築きバトンタッチ

 ビルメンテナンスは“人が全ての仕事”と考え、教育にも力を入れている。業務の達成目標基準などを細かく設定し、かゆい所に手が届くサービスを心掛ける。
 50周年記念を皮切りに「絆そして団結」をテーマとして掲げてきた。グループ全体で約800名が携わる中、社長が従業員全員にバースデーカードにコメントを添えて贈っている。
「それも、今働いているスタッフに少しでも長く働いてもらうため。清掃業は社会的地位が低い仕事と思われがちです。そんな中でも業界のイメージアップにも尽力しています」(田澤社長)
 昨年スタッフからは“感動エピソード”を募集。
 現場の大学の生徒から感謝の声を掛けられた等、多くのエピソードが集まった。その中での20選を発表し、やりがいや達成感を改めて共有したという。
 現在㈱ヤエスの売上は約17億円、㈱ヤエスR&Sは約18億円の計約35億円規模。今年は2015年が初年度の3ヶ年計画最終年度としてグループ計40億円の売上を目指すという。
「24時間365日止まることのない仕事ですが、それは必要とされている証です。目指すは100年企業。今その礎をしっかりと築き、バトンを繋いでいきたいですね」(田澤社長)

【会社データ】
本社=東京都中央区日本橋小伝馬町10-5
☎=03-5651-3821
設立=1962年7月
資本金=5000万円
従業員数=800名(関連会社・パート含む)
事業内容=総合ビルメンテナンス、建設業
http://www.yaesu-bm.co.jp

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年09月03日号 [雑誌]

2017年9月3日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R