忍者ブログ
Home > サービス・アパレル・小売

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

ヤマイチ(シリーズNo.1308)

創業53年。
江戸川区に根差した老舗食品スーパー


岩楯 信一 社長
 
    生鮮食品を主としたスーパーマーケットチェーンを運営する株式会社ヤマイチ。1963年創業以来、東京都江戸川区を地盤として地域密着で事業を営み、現在、区内に12店舗、千葉県船橋市に2店舗、市川市に2店舗を展開している。

「安全で安くておいしいものを提供し、家庭の日常の食卓を支えることが地場のスーパーの役割です」

拍手[0回]

PR

サンペックスイスト(シリーズNo.1304)

「変えて、かなえる。」、
企業ユニフォームに新風


  宮野尚 社長
 
  2014年9月、カタログユニフォーム事業、オリジナルユニフォーム事業、管理・運用事業の緊密な三位一体経営の、業界でも異彩を放つ総合ユニフォームメーカーが誕生した。日鉄住金物産傘下の㈱サンペックスと㈱イストが合併して生まれた株式会社サンペックスイストだ。

拍手[1回]

アマギ(シリーズNo.1301)

従業員満足を高めて車検年間台数1万台突破!
100年企業へと向かう自動車整備会社

小川 一弘 社長

 この会社で働いていることを誇りに思うか――。無記名式であるにも拘らず、ほぼ全員が「イエス」と答えた。「この会社」とは、神奈川県相模原市で自動車整備事業を営む株式会社アマギである。古くから「3K職場」の一つと言われる職種でなぜ、これ程までにES(従業員満足)が高いのか。
「中には『大変誇りに思う』という回答もあり、驚きました。CS(顧客満足度)とESもバランスが重要。今は、業界全体でESの向上に取り組むべき時です」

拍手[1回]

相和交通(シリーズNo.1299)

一生懸命に感謝と安心を届ける
タクシー会社



 相模原市を中心に地域密着型のタクシー事業を展開し、創業から45周年を迎えた相和交通有限会社。乗務員が誠実・丁寧に接客する白と黄緑を配した車両は、地元と多くの乗客に愛され続けている。
「お客様と乗務員を大切に、一日一日を積み重ねてきました。私にとってタクシー業は天職かもしれません」

拍手[0回]

国際コスモサービス(シリーズNo.1297)

自家用自動車運行管理で
ビジネスの一翼を担う!



榎田 章司 社長

 企業役員の社用車など自家用自動車の運行管理を請け負い、ハイヤー業も経営する国際コスモサービス株式会社は、90㌫以上が上場会社というクライアントから絶大な信頼を集めている。
「上場企業の経営者や役員の方々を送迎する我々の仕事は、ビジネスの重要な役割を担っている。厳しい競争の中で、『大手ができないこと』を追求してきました」

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年12月23日号 [雑誌]

2018年12月23日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R