忍者ブログ
Home > サービス・アパレル・小売

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

丸叶むらた(シリーズNo.1225)

創業307年。中山道・桶川宿のよろず屋が発祥
時代を経て、新しい仏事のスタイルを提案



季節の花と「ありがとう」の文字が描かれた線香と蝋燭「沢山の有りが灯香・ろうそく」や、火を灯すと桜葉エキスの香が漂う「櫻人シリーズ」など、現代の生活様式に沿った新しい感覚の仏具を提案し、亡き人や先祖を思う消費者の気持ちに応えているのが、創業の起源を江戸時代のよろず屋に持つ慶事・仏事用品店、株式会社丸叶むらた村田太吾社長)だ。

拍手[4回]

PR

第一織物(シリーズNo.1217)

世界の一流ファッションブランドが絶賛
メード・イン・フクイの超高密度織物

吉岡 隆治 社長

古くから繊維産業の盛んな福井県。「羽二重」に代表される絹に始まり、やがて人絹(レーヨン)、戦後はナイロンやポリエステルなどの合成繊維と、時代の移ろいとともに様々な織物を生産してきた。 
 戦後は大手繊維メーカーの進出が相次ぎ、各社が地元の機屋へ賃加工を依頼。大手の下請けとして、福井の繊維業界は大いに潤った。

拍手[2回]

新宿nest(シリーズNo.1213)

新宿・歌舞伎町のショーレストランにようこそ


飲食店がひしめくアジア最大の歓楽街『新宿歌舞伎町』。そんな歌舞伎町の中央に位置し、お酒と料理を味わいながら本格的なエンターテイメントショーも同時に楽しめる歌舞伎町でも珍しいお店が、新宿nest松浦店長)だ。

拍手[1回]

エム・エム(シリーズNo.1207)

業界屈指の顧客満足度を誇るドコモショップ
経営理念が培う〝プロ〞のホスピタリティー

松村 矩雄 社長

 市場規模が急速に拡大し、一人に一台以上普及している携帯電話・スマホ。機能の進化が続く一方、SIMフリー化や、格安スマホを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)の台頭により、キャリア各社の顧客獲得競争は激しさを増している。
「スマホ機能は、スマートライフをエンジョイするためのツールとして拡張を続けています。しかし、端末が消費者に行き渡ったことで、台数は頭打ちとなっており、小売店舗も厳しい時代を迎えています」
 と、市場動向について話すのは株式会社エム・エム松村矩雄社長。5年前から同社の経営を引き継いだ。

拍手[1回]

株式会社 ワイ・テイ・ビイ(第62回)

「若い・キレイ・元氣」を追い求めて15年
日本を真の健康長寿立国に!

浅川 有基 社長

40兆円超――。厚生労働省による最新の医療費動向調査で確定した、2015年度の国民医療費の総額だ。国民医療費は12年連続で最高額を更新し続け、年々国の財政を圧迫している。
 その要因は、急速な少子高齢化の進行にある。総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は今や25・1%。年齢階級別1人あたりの医療費を見てみると、65歳以上は年間71万7200円で、65歳以下の階級に比べて突出している。健康な高齢者が1人でも多く増えれば、国民医療費の増大に歯止めを掛けられそうだ。

拍手[4回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2020年7月12日号 [雑誌]

2020年7月12日号

ブログ内検索

新着記事

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R