忍者ブログ
Home > 製造・設計・技術開発 > CNK(シリーズNo.1512)

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

CNK(シリーズNo.1512)

創業60年ジェイテクトグループのモノづくり企業
経験豊かな技術と迅速な対応力で信頼に応える



木村 博人 社長


 2018年8月に創業60周年を迎える株式会社CNK木村博人社長)。愛知県三河地方の西部に位置し、かつては城下町として、現在ではトヨタグループの主要企業が本社や拠点工場を置くなど、日本の自動車産業を支える工業都市として発展した刈谷市に本社を構える同社は、自動車部品・軸受・工作機械メカトロの大手メーカー株式会社ジェイテクトのグループ企業として、機械装置(搬送・加工機・工場環境製品)、金属表面改質(熱処理・DLC)、自動車部品の開発・製造で高い技術力と品質を誇る 〝モノづくり〟企業だ。

 その歴史は、1958年に豊田工機(現・ジェイテクト)から分離独立し、自動車部品や工作機械に用いる金属表面の熱処理技術の研究・開発を目的として設立された「中部熱錬研究所」に遡る。
 以後、同社は高度経済成長と自動車産業の隆盛を背景に事業領域を拡大した。
 1989年5月には、社名を現在の株式会社CNKに改め、刈谷市の本社工場をはじめ愛知県額田郡幸田町、タイの3カ所に生産拠点を置き、60年の歴史の中で培った経験と技術を礎に、トヨタグループを中心とした大手企業を顧客としてグローバルな事業を展開している。
「良い考えで、良い品を」を信条に、真摯に取り組む同社の〝モノづくり〟は、機械装置・金属表面改質・自動車部品の3つの部門を柱に構成されている。
 機械装置部門では、自動搬送装置・加工機・環境製品など高い精度にこだわり、機械設計・制御設計・製作・施工を一貫して自社で行う体制を構築、細かな顧客ニーズにも対応している。


 工場の生産ラインで加工物を自動搬送する「NCオートローダ」では、小型軽量化とハイスピード化を実現。自動車エンジンの組み立てライン等でその優れた技術が評価を得ている。
 また、切り屑を出さない塑性型加工マシン「NC転造盤」は、縦型形状が工場作業現場の省スペース化に貢献し、国内外の自動車メーカーに採用されている。
 切削・研削加工の工程で発生する切り屑を除去・ろ過する「クーラントシステム」では、高磁力マグネットセパレータの採用により、フィルターを使用せずに5ミクロンの微細な切粉・砥粒も捕集する高清浄度な製品を開発。使用済みフィルターの廃棄も無く、工場環境や地球環境に配慮したゼロエミッションへの取り組みにも貢献している。
 金属表面改質部門では、熱処理加工の研究開発からスタートした表面改質のスペシャリストとして、浸炭焼入れ・ガス軟窒化・高周波焼入れなどの熱処理加工からDLCコーティング(Diamond‐Like Carbon)まで多くの改質技術を有し、自動車エンジンの部品等で技術力を発揮している。その中でも、DLCコーティングは、製品表面にダイヤモンドのような硬い炭素膜を成膜し、優れた低摩擦・耐摩耗性を付与する処理技術だ。
 さらに、表面改質処理から切削・研削など前後加工を一貫して行う「熱処理一貫加工」の自社体制は、品質安定・短納期・コスト削減を実現して、同社の大きな強みとなっている。
 自動車部品部門では、ピニオンシャフト、ラックシャフト、シャフトカップリングなどパワーステアリングに使用される部品を高度な専門性を有した熱処理と機械加工の技術で一貫生産・管理し、高品質な製品を生み出している。
 
全社員が品質にこだわり
改善・向上に注力する

 その背景には品質マネジメントシステムに基づいた全社員に共通する「品質」へのこだわりと積極的な QC(quality control)活動の取り組みがある。
 2016年6月、同社社長に就任した木村社長自身も、ジェイテクトで長年、品質管理の部門に携わった経験を持つ。
 CNKでは、部署ごとに「現場管理ボード」を設け、達成すべき目標、発生した課題とその改善に向けた指標をボード上に見える化して日々管理し、品質改善・安全絶対・生産性向上の促進を図っている。
 加えて他部署のフロア(現場)マネジメントを学び、自らの部署管理強化に繋げる勉強会の開催やQCサークル活動、新人教育の場「品質教育道場」など様々な施策で「品質第一」の姿勢を貫く。
「朝市活動」と呼ばれる取り組みも独特だ。毎朝、前日に出た不良品をさながら市場のように並べて展示することで、今日の仕事への反省材料として技術向上の意欲とコスト意識の醸成に一役買っている。
「バッドニュース・ファースト」悪い情報ほどいち早く報告する。報告の遅れや問題を隠すことが取り返しのつかない事態を招く。木村社長は言う。
「挑戦した上での失敗は咎めません。失敗を恐れて何もしないより、新しいことにチャレンジすることが重要です。共に原因を追究して改善に取り組むことが次の成果に繋がるのです」
 
社員が誇れる企業を目指し
新たな分野にも挑戦する


 世界的にEV車シフトの動きが高まりを見せている。日本の自動車産業に関わるモノづくりにも大きな変革期の到来が予見される中、60年の節目を迎えるCNKは、目指す姿として「CNKの5つの指針」を打ち出した。
①いつも笑顔で良い仕事、明るい家庭
②お客様視点での対応
③地球にやさしいモノづくり
④1秒、1個、1円にこだわる
⑤常に進化し、No.1&Only Oneを目指す
「『歴史ある土壌に、新しい風を』をテーマとしてこの『5つの指針』を掲げました。これからも、『安全絶対』『品質第一』の姿勢を継承しつつも、真のグローバル企業を目指して、新しい分野にも挑戦し、社員とその家族がCNKで働くことを誇りに思える企業として発展したいと考えています」
 と木村社長は語る。 

【会社データ】
本社=愛知県刈谷市野田町場割28
☎=0566―21―1833
設立=1958年8月
資本金=4800万円
従業員数(連結)=441名
売上高(連結)=137億1000万円
事業内容=機械装置・金属表面改質・自動車部品
http://www.cnk.co.jp

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2020年7月12日号 [雑誌]

2020年7月12日号

ブログ内検索

新着記事

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R