忍者ブログ
Home > 特別企画 > 日商簿記三鷹福祉専門学校 (特別企画)

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

日商簿記三鷹福祉専門学校 (特別企画)


吉川 智之 学校長      

1968年に設立し、現在は東京・三鷹市で簿記・IT・介護等の専門教育を実践する「日商簿記三鷹福祉専門学校」。留学生からの出願率が6倍以上のビジネス学科は簿記・経営学・IT全般を教え、世界で活躍できる人材を育成している。
「以前に比べ日本のブランド力や影響力が低下する中、これからは日本がアジアの職業教育の中核人材を育成し、国際社会に貢献できる人材育成を実現していく必要があります」と語るのは同校・学校長吉川智之氏。「産業界において生産性の向上を図るための国際的な担い手を育成するためには、学びの場を積極的に提供し、充実させることが不可欠。いかに実学を教え、社会へ送り出せるかが重要です」


 同校では教養ある人材を揃え、対話を重視するアクティブラーニング、個々に目標を設定して成功体験を積み重ねるフロー理論を展開。教員や学生からの意見も積極的に採用し、簿記検定合格率・就職率ともに上昇した。一方、介護福祉学科では根拠のある介護で豊かな人間性を育み、就職率100%を実現。離職者向け講座も充実する同校。ここで夢を広げ、新しい世界へ飛び立ってほしい。    
【学校データ】
所在地=東京都三鷹市下連雀4―19―11(第一校舎)
☎=0422―44―6121
職員数=60名(常・非常勤)
http://www.sb-nm.ac.jp

拍手[1回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年9月30日号 [雑誌]

2018年9月30日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R