忍者ブログ
Home > 特別企画 > 越谷保育専門学校 (特別企画)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

越谷保育専門学校 (特別企画)

 
 山﨑 扶美夫 校長   
 
 埼玉県内の保育専門学校の先駆けとして、学校法人ワタナベ学園が1969年に設立した越谷保育専門学校。県内で唯一、文部科学大臣と厚生労働大臣の双方から指定を受け、2年間で卒業と同時に「幼稚園教諭2種免許」と「保育士資格」を取得できる。
 これまで9500名近く輩出した卒業生たちは、保育・教育のプロフェッショナルとして現場の第一線で活躍。50年近い歴史の中で同校のミッションは「学び続ける保育者を育てる」ことだ。
 また、同校附属の吉川幼稚園をはじめ、ワタナベ学園が運営する幼稚園3園と認定こども園3園の計6園と連携。全15回の授業のうち5回、1日8時間の体験実習をインターンシップとして行っており、実践的な学びと子どもたちとの早期の触れ合いを促している。


 1万2000冊以上を蔵書し、知識と文化の発祥の地となる図書館も充実。体育教師として10校の公立高校で教鞭を振るい、同校8代目となる山﨑芙美夫校長が自ら製作する「校長通信」は220号(11月13日現在)となり学生に好評だ。
 「学生一人ひとりに合った花を咲かせてあげたい」
 と山﨑校長は語る。

【学校データ】
所在地=埼玉県越谷市東越谷3―10―2
☎=048―965―4111
職員数=47名(常・講・職員)
http://www.koshigaya-hoiku.ac.jp

拍手[1回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年7月22日号 [雑誌]

2018年7月22日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R