忍者ブログ
Home > 教育・コンサルティング・士業 > 未来創造塾(シリーズNo.1095)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

未来創造塾(シリーズNo.1095)

生徒と講師1対1による真の個別指導を!
未来の選択肢を広げる学習塾


中村 貴之 塾長

 2005年のつくばエクスプレス(TX)開業以降、新興住宅地として開発の盛んな茨城県つくばみらい市。その玄関口であるTXみらい平駅前に、小学生から高校生まで多くの生徒が通う個別指導塾がある。株式会社いぶきが運営する未来創造塾だ。

「当塾が追求するのは、生徒と講師1対1による真の個別指導。一人ひとりの進度に応じたオーダーメード型の指導で『わかる』『できる』まで徹底的にフォローし、学校の7時間目にならない塾を心掛けています」と、中村貴之塾長は話す。

 現在、生徒数はみらい平校と水海道校を合わせて約150名。TX沿線の競争の激しい地域にあって、後発の独立系個別指導塾でありながら最多を誇っている。丁寧な指導とたしかな実績が噂を呼び、他から転塾してくる生徒が入塾者の半数を占めるのも大きな特徴だ。

 着実に成績アップに導く指導力に加え、特筆すべきなのが充実の学習環境だ。授業用スペースは周りの視線が気にならないよう適度な高さの壁で仕切られており、大きな机や疲れにくいイス、個別照明、ホワイトボードも完備。教室の照明はLEDを採用し、照度を計測して明るさの足りない場所には増設工事も施した。女子生徒の通塾も多いため、トイレにもこだわっている。
 
小回りの利いた塾運営
生徒を夢の実現に導く
 
 年末年始の3日間以外は教室を開放し、いつでも好きな時に自習できる体制を整えている同塾。夜間や休日でも自習をする生徒や質問に答える講師で、活気に満ち溢れている。

 高校入試終了後の3月には、高校入学を控える生徒に感謝の気持ちを込めて無料指導も行っている。高校の先取り学習をすることで、受験後の「燃え尽き症候群」を防ぐとともに、入学後につまずくことのないようにサポートしている。こうした小回りの利いた塾運営こそ、大手学習塾FCなどには無い強みだ。

「夢を実現させるためには、質の高い教育を幼い頃から受ける必要があります。それに早く気付き、早くから努力を続ければ未来の選択肢は大きく広がります。しかし、能力と志はあっても何をしたらいいかわからない子は多い。だからこそ、私達がしっかりと導いてあげることが重要なのです」

 こう話す中村塾長は、大手医学部受験予備校から高校、少人数の塾まで豊富な指導実績を持ち、約20年間教育の最前線を歩み続けている人物。自身も講師として指導に当たり、経営者でありながら〝教育者〟としての姿勢を貫き続けている。

「現在、新校舎設立に向けて準備を進めています。今後は高等部の充実化も図り、将来は個別指導だけでなく生徒の考える力を養成する自立学習型の新たな塾も展開していきたいですね」と話す中村塾長。あくなき挑戦は未来へと続く。
 
【会社データ】
みらい平校=茨城県つくばみらい市陽光台1―1―2 センチュリーつくばみらい平1F
☎=0297―38―5915
水海道校=茨城県常総市水海道諏訪町3242
☎=0297―44―7173
設立=2007年7月
事業内容=学習塾の運営

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年07月02日号[雑誌]

2017年07月02日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R