忍者ブログ
Home > 建設・建築・土木・設備・管理 > コア(シリーズNo.1076)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

コア(シリーズNo.1076)

〝無柱空間〟に特化し、飛躍!
倉庫・工場に最適な「Core―sys建築」


八島 紘一 社長

 営業、設計から工場製作、施工まで、すべての建築工程を徹底的に体系化・省力化する「システム建築」。高い機能性・経済性を発揮し、工期短縮にも貢献する次世代の建築方式として注目を集めている。

「システム建築ならコストを在来工法の3分の2に抑えることも可能。しかも、耐用年数は一般的な建築物のそれと同等以上です」

 こう説明するのは、システム建築の施工管理を専門に手掛ける、株式会社コアの八島紘一社長(一級建築施工管理技士)だ。

 同社は世界的橋梁メーカー、横河ブリッジホールディングス傘下の横河システム建築が技術の粋を結集して開発した「yess建築」のビルダーとして活躍。「yess建築」は、無柱空間最大60㍍まで、様々な規模の空間設計に対応する、日本を代表するシステム建築だ。

 同社は特に、中柱を嫌う倉庫・工場で〝無柱空間〟を〝適正価格〟で実現することに傾注している。この方針により、同社は全国の同業他社を押しのけ常に10位以内の施工実績を維持。年間の平均受注面積は約7000平方㍍にも及ぶ。

「ゼネコン指向の他のビルダーと異なり、あくまでシステム建築にこだわり、適正価格での〝無柱空間〟に完全特化している企業は当社のみ。これが当社最大の強みです」(八島社長)

 同社は「yess建築」をベースに、「Core―sys建築」というブランド名でさらに一歩進んだ高付加価値なオーダー型のシステム建築を展開している。

 顧客の要望を反映し、用途・目的に応じて耐火構造や防爆・断熱・クレーン仕様などの様々な顧客の付加価値要求を満たし、基礎・外構工事の一切を施工。これまで倉庫・工場・店舗など、関東一円で幅広い施工実績を有している。

虚仮の一念岩をも通す
専業会社としての矜持

 八島社長は札幌市出身。関東学院大学卒業後、大空間型テント構造物を手掛けていた時期に「yess建築」に出会った。その可能性に魅せられ、2000年に独立。しかし、創業時は思うように結果が出ず自問自答の日々を過ごしたという。

「システム建築一本で起業したことは本当に正しかったのか――。思い悩むこともありましたが、システム建築は必ず世の中に受け入れられるという確信がありました。自分を信じて進むのみでしたね」(八島社長)

〝虚仮の一念岩をも通す〟が八島社長の座右の銘。徐々に顧客の信頼を獲得し、失われた10年という建設不況を乗り越え、同社は今日まで成長を遂げてきた。八島社長は次のように展望を話す。

「無柱空間に特化した会社は、同業他社よりも圧倒的に優れていなければ存在意義がありません。スピードと提案力を磨き続け、いかに早く安く質の高い建築物を提供するか。今後もブレることなく、この姿勢を貫いていきます」

【会社データ】
本社=千葉県千葉市美浜区磯辺2―17―15
☎=043―277―3691
設立=2000年12月
資本金=2000万円
事業内容=システム建築の設計・施工・請負および施工管理
特定建設業許可=千葉県知事(特―21)第39435号

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年10月1日号 [雑誌]

2017年10月1日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R