忍者ブログ
Home > 化学・環境・エネルギー

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

プレック研究所(シリーズNo.1366)

自然と人間のより良い関係をつくる
科学・技術・芸術のプロフェッショナル集団

杉尾 伸太郎 会長      杉尾 邦江 社長

 地球温暖化や、生態系の変化――時の流れとともに、自然と人間の関係性も変化しつつある。そんな中、「科学・技術・芸術」のプロ集団として様々なサービスを提供しているのが株式会社プレック研究所だ。
「私たちの役割は、持続可能な社会のため、自然と人間のより良い関係を築くことです」
 と話すのは、同社の2代目である杉尾邦江社長

拍手[1回]

PR

グローバル・リンク(シリーズNo.1365)

上場を射程圏内にとらえた躍進ベンチャー
次世代エネルギーで日本に安心の未来を!


富樫 浩司 社長
 
 次世代エネルギーのイノベーターとして躍進を続けるグローバル・リンク株式会社。いよいよ、視界の先に来年6月頃の「東証 TOKYO PRO Market」上場をとらえた。

 東日本大震災の翌月に同社を設立した冨樫浩司社長は、蓄電システムのエキスパート。小型の太陽光発電設備に蓄電システムを組み合わせた「G-SOLAR」が発売直後から驚異的な売上を記録。その後、産業用メガソーラーの市場に参入し、再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)の開始を追い風にして右肩上がりで成長してきた。

拍手[0回]

神鋼検査サービス(シリーズNo.1333)

「品質の番人」を目指して
非破壊検査を中心に品質確保を一貫支援

笠島 基嗣社長
 
 株式会社神戸製鋼所を親会社に持ち、非破壊検査を主体とした各種検査・品質管理支援・検査技術サービス等に取り組んでいるのが、神鋼検査サービス株式会社だ。

 今年設立30周年を迎える同社は、神戸製鋼所がプラザ合意後の大不況を背景に大規模な合理化を進める中、高砂製作所の非破壊検査部門が分離独立して設立された。
 非破壊検査とは言葉のとおり、物を壊さずにその内部の傷や表面の傷、あるいは劣化の状況を調べ出す検査技術のこと。妊婦の超音波検査など医療関係が身近であるが、各種素材や機械、発電所や製鉄・化学等の設備、橋梁等の社会インフラなどの信頼性確認やメンテナンスに必要不可欠な技術だ。

拍手[0回]

一般公害集配センター(シリーズNo.1325)

地域と共生し、
変革を続けるリサイクル事業


狩野 勝彦 社長

  血液の循環になぞらえ、〝静脈産業
とも呼ばれる廃棄物関連事業。今般の時流による、資源の再利用で注目され、産業としての地位も向上している。
 そんな中、岩手県一関市でリサイクル黎明期より活躍を続けるのが、株式会社一般公害集配センターだ。黄色の集配車とリサイクル工場が目を引く。

拍手[0回]

深井総研(シリーズNo.1306)

活性水素水が起こす新たなエネルギー革命!
「創生フューエルウォーター」に集まる期待

深井 利春社長
 
    エンジンに注入しても壊れることなく、動かし続ける水がある。この〝奇跡
とも言える水こそ、深井総研株式会社が開発した「創生フューエルウォーター」(以下、SFW)だ。
「濃度が高い水素水を用いた実験でも止まってしまったエンジンが、SFWを使うと動くだけでなく、ガソリンだけを注入した場合より長く動き続けました。これはSFWに『原子状水素』が含まれている証拠です」

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年10月1日号 [雑誌]

2017年10月1日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R