忍者ブログ
Home > 不動産・住宅・リフォーム > サチコーポレーション(シリーズNo.1599)

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

サチコーポレーション(シリーズNo.1599)

未来へ残す、人間都市創造――
4回目のチャンスに挑む不動産の総合企業


山田 常作 社長

 
 新宿・池袋エリアを中心に質の高い物件を開発するサチコーポレーション株式会社。創業56年目を迎える老舗企業でありながら、ワンルームマンションの一棟販売を核とする総合的な不動産事業で勢いに乗る躍進企業だ。建物売買業で売上高では全国2194社中488位にランクする(帝国データバンク調べ)。
「『人生は3回チャンスが訪れる』と言われますが、私には今、4回目のチャンスが訪れているのです」
 と話すのは、同社の創業社長として半世紀以上の業歴を積み重ねてきた山田常作社長「未来へ残す、人間都市創造」をモットーに、豊かで明るい街づくりと暮らしの提供に貢献してきた。
 新潟県新津市の農家に生まれた山田社長は、新潟県立新津高校の定時制に通いながら家庭用ミシンの営業に従事。全国に約5万人いる営業マンの中で常にトップクラスの成績を収めていたという。当時、その活躍ぶりは地元の新聞に度々取り上げられた。
「当時勤めていたミシンの販売会社の社長から、ビジネスで成功するために必要なものは『絶対に根性だ』と言われたことが、今でも私の原点です。負ければ商売ではありません。どこまでも勝ち続けるように頑張り、粘り勝ちしようと決意したのです」(山田社長)


 反物屋に一台ずつ見本のミシンを置くなど、誰も考えつかないアイデアと行動力で高い営業成績を上げ続けた山田社長は、秀でた商才を生かすべく、自身で「新興商会」を創業。学生帽を被りながら30人程の従業員を雇い、新幹線開通が迫る新潟駅前にミシンの販売店舗を作るため、不動産に関わる仕事を経験したことが同社のルーツである。
 雪深い新潟から1962年の4月に念願の上京を果たし、同年10月に同社の前身である山田工務店を発足させた山田社長は、新たに住宅産業の総合商社「山新商事㈱」を豊島区目白4丁目で創業し、総合建設業の「山興建設㈱」と情報・サービス業を担う「㈱カルチャー」の3社で「山新グループ」を形成。日本経済が高度成長から安定成長へと変貌する中、都内を中心とする住宅事業で躍進した。
「雪に左右されない東京に来て、回転が速い仕事を一年中続けられることができることに感激しました。しかし、不動産の市場には良い時と悪い時の波がある。バブルが弾けた時は、所有していた30棟のビルのうち3つを売らざるを得ませんでしたが、資産を持っていたことで何とか乗り越えることができたのです」
 と話す山田社長。およそ10年周期で訪れる景気の波に揺られながらも勇敢に立ち続け、2001年4月に「幸(せ)」への願いを込めて「サチコーポレーション」へと組織変更した。

ワンルームマンションの
一棟販売で再び躍進の道

 そして現在、ワンルームマンションの一棟販売という得意分野を見出し、売り手市場を追い風にしながら右肩上がりの成長を続けている同社。その躍進を支える特徴が物件仕入れの強さである。山田社長は必ず現地に足を運び、自分の目で見て物件の品質を確かめるという。周辺の環境を体感するだけでなく、電卓を片手に建蔽率などを考えながら即座に判断を下すのだ。
 不動産一筋で50年間以上蓄積してきた物件開発のノウハウと経験、高度な目利きが大手不動産販売会社各社の信頼を一身に集める山田社長。建売住宅やアパートなども含め、これまで100棟以上にも及ぶ販売実績が精度と質の高さ、信頼の大きさを物語っている。
「長年にわたって数々の大手販売会社様から信用を頂き、期待に応えてきたことが当社の基盤。常識を常識だと思わない精神と競合他社では実現できない斬新なアイデアを駆使し、徹底して顧客目線に立った物件開発を行っているのです」
 と自社のポリシーを語る山田社長。創業以来、新宿・池袋エリアという地元地域における経済や人口などの環境変化に敏感に対応し、いち早く将来の顧客ニーズに合った物件開発を行う企業姿勢を貫いてきた。
 また、地元の有力建設業者をはじめとする協力会社との連携と信頼関係も醸成している同社。住む人のニーズも捉えた物件開発のチーム力が「地場の市場を把握した、予想以上の利回りを生む魅力的な物件ばかりだ」と、買主からの高い評価と信頼に繋がっている。

TVCM放映中
夢は「一部上場」

 物件やサービスの魅力だけでなく、業界における存在感と人望の厚さから毎日のように様々な業者の来訪を受ける山田社長。さらに「地域の皆様と共に躍進する企業」を目指すとともに、将来の夢は「一部上場」だ。
 今年6月から、テレビ朝日系列「スーパーJチャンネル」内でTVコマーシャルを放映中(毎週月曜日17時26分~)。アイドルユニット「東京Flavor」をイメージキャラクターとして採用し、山田社長は「4回目のチャンス」を着実に捉えて前進を続けるため、積極的なブランディング戦略を推し進めていく方針だ。
「これからも自信を持って魅力的な売物件をご紹介しながら、企業としての価値を高める努力を続けていきたいですね」(山田社長)
 同じく6月にリニューアルしたホームページにも選りすぐりの売物件を掲載し、TVコマーシャルの動画も視聴できる。   

【会社データ】
本社=東京都新宿区下落合3―20―14
フリーダイヤル=0120―476―381
☎=03―3954―1991
創業=1962年10月
資本金=6600万円
社員数=7名
売上高=17億2500万円
事業内容=ビル・マンション・店舗・アパートの賃貸業、宅地分譲、マンション分譲及び住宅・アパート・店舗の建売と設計・施工・直売及び不動産管理、土地造成工事一式、ビジネスホテルの経営など
http://sachi-co.co.jp

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年12月23日号 [雑誌]

2018年12月23日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R