忍者ブログ
Home > 建設・建築・土木・設備・管理 > メイジン(シリーズNo.1602)

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

メイジン(シリーズNo.1602)

「あたりまえ」のことを「あたりまえ」にやる
建設現場の「安心」を高める〝プロセコカン〟


千葉 知明 社長

 人材確保を恒久の課題としながら、2018年も堅調に推移する建設市場。杜の都・仙台に拠点を置き、「人」を通じて建設業界に特化した質の高い技術を提供する株式会社メイジンは、顧客と強固な信頼関係を築きながら着々と事業規模を広げ、この8月に設立10周年を迎えた。
 同社が唱える〝プロセコカン〟とは、「プロ意識の高い施工管理技士(セコカン)」としての矜持がマストであることを象徴する造語だ。
「施工管理技士と一言で言っても各々の力量は千差万別で、単に資格の有無だけでは計れません。実際に千人以上の職人が集まる大規模な現場などでは、ちょっとしたプロ意識の欠如が死亡事故に繋がります。そんな多くの職人さんの『安全』を背負っている当社の役割が〝プロセコカン〟なのです」
 と語る千葉知明社長は、20代早々にこの業界の大手企業で営業として従事。自らに激務を課して驚異的な成果を上げながら、2年目にして地元・仙台の営業所長に就任し、更に手腕を高めていく。
「この時の経験はとても勉強になりました。しかし、自己過信のあまり、言動的にも問題の多い人間になっていましたね。自分が必死になって成果を上げるにつれ、いつしか現場で働く人を『モノ』であるかのように接していることに気づいたのです」
 と真直に振り返る千葉社長は当時、そんな自分を突如「変えたい」と考えて退社を決意。会社を移り、それまでとは真逆の「あるべき環境」を醸成するべく立ち上げた事業部が同社設立の原型となっている。


「人」と仕事をしている
モチベーションの原動力

 同社は、設立当初から年齢に関わらずほぼ全員、正社員雇用で構成している。
「待遇面の後押しも大切ですが、長く働いていただくこと、モチベーションを高く保ってもらうことは社員だけでなくお客様にとってもメリットが大きいと考えています」(千葉社長)
 同社には共働きの社員を支援する「保育手当」や、社員の息女・子息への「入学祝い金」など、ユニークな手当が目を引く。
「建設業界は単身赴任が多く、特に社員の家庭を守っておられるご家族の方には感謝しています。ささやかなものですが、社員のご家族の方までを背負うくらいの気持ちでいないと、私の中でも辻褄が合わないんですよね」(千葉社長)
 大きく変化していく時代の中で、徹底して自分たちが正しいと思えることを「あたりまえにやる」理念を掲げる同社。その根底を支える〝プロセコカン〟の育成は技術的なスキルを前提にして、むしろ「人間力」に比重を置いているという。
「世の中のあたりまえが決して『あたりまえ』ではないことがありすぎる。大それた考え方ではないですが、共感してくださる人と力を合わせていきたいですね」
 と千葉社長は語る。   

【会社データ】
本社=宮城県仙台市青葉区本町1―1―8 第1日本オフィスビル7F
☎=022―797―0861
設立=2008年8月
従業員数=300名
売上高=16億9000万円
事業内容=建築、空調衛生設備、電気設備等の各種施工管理及び図面作成業務ほか
http://mayzin-g.co.jp

拍手[2回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年10月28日号 [雑誌]

2018年10月28日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R