忍者ブログ
Home > IT・ソフトウェア・ゲーム > エムトラッド(シリーズNo.1177)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

エムトラッド(シリーズNo.1177)

未経験から優れたエンジニアを育てるIT企業
“一気通貫”で付加価値よりも深い価値を提供

伊藤 康弘 社長


 IT業界が直面している深刻な人材不足は量的な側面だけに留まらない。クライアントに本当の満足を提供できる質の高いエンジニアとは――。
「技術力は高いに越したことはありませんが、プロのエンジニアである以上、出来て当たり前。最も大切なのは提供の仕方です。お客様に対して“付加価値よりも深い価値”を提供することが当社の信念です」


 と話す株式会社エムトラッド伊藤康弘社長は、地元大阪の大学を卒業後、大手ビルメンテナンス会社に入社。僅か2年間でトップセールスまで上り詰めた後、システムコンサルティング会社に転職する。それまで、パソコンには触れたこともなかったというから驚きだ。
 1年後には、ITの導入支援で数多くの実績を残すようになった伊藤社長は独立を強く意識し、会社経営のノウハウを学ぶために複数のベンチャー企業を渡り歩く。そして2002年、経理や人事総務など経営に不可欠な知識・ノウハウを全方位的に習得し、30歳で念願の起業を果たしたのだ。
「どんな仕事でも、現場を知らなければ人を使うことは出来ません。お客様も含めた全ての人から『この人の部下になりたい』と思われる人間になることを、今でも自分のテーマとして課しています」(伊藤社長)

 そして現在、飲食店や化粧品メーカー、工務店など多種多様な業種のWEB制作と、金融系をはじめとする派遣型のエンジニアリングサービスを2本柱として着実に実績を積み上げている同社。クライアントから揺るぎない信頼を集めている要因は、エンジニア各自が持つ優れた人間力にある。

“人”として使われる
真のサービスマンたれ

「我々はロボットではなく、人物で発注を頂いています。エンジニアとは言え、あくまでサービスマン。『技術力』とは単なるスキルではなく、それぞれ要求が異なるお客様に対し、適正なサービスと高いホスピタリティーを提供することです」
 と話す伊藤社長。これまでに採用した社員は未経験者のみ。“素人”同然から高いITリテラシーを身につけた自身の経験をもとに、現場から“求められる”エンジニアを育成している。実際、3カ月の社内研修から始まり、OJTと組み合わせた3年間の修行を経て、ゼロから技術を覚えた彼らは目覚ましく成長する。
 また、「お客様評価表」の採点に応じて毎月最大5万円を給与に反映するなど、顧客満足度と社員の成長を同時に促す人事考課を年2回実施。充実した福利厚生や定期的なイベント開催も、モチベーションとチームワークの向上に繋がっている。
「ベテランと若手、社員同士が遠慮なく意見を言い合える環境をさらに醸成し、トータルで“一気通貫”のソリューションを提供し続けたいですね」(伊藤社長)
 平均年齢20代半ばという若きエンジニアたちの成長と活躍は、IT人材の未来の姿かもしれない。  

【会社データ】
本社=東京都港区北青山2―7―29 7F
☎=03―5785―1050
設立=2002年11月

資本金=1000万円
従業員数=37名
事業内容=WEB制作、システム開発、ネットワークインテグレーション、システムサポート
http://mtrad.co.jp

拍手[1回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年10月08日号 [雑誌]

2017年10月8日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R