忍者ブログ
Home > 製造・設計・技術開発

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

中野スプリング(シリーズNo.1438)

140年以上の歴史を持つ板ばねメーカー
高品質なNSKブランドを国内外へ


中野 隆平 社長

 東京・芝浦の地で、140年以上も続くものづくり企業があることをご存じだろうか。中野スプリング株式会社は、人力車用のばね製造を起源に、現在ではトラック・トレーラー用の高品質な板ばねを供給する老舗メーカーだ。

 昨年4月、その代表取締役社長に就任したのが、中野隆平社長。約20年ぶりの創業家からの代表就任だ。
「大手自動車部品メーカー向けのOEM供給や、オリジナルのNSKブランドとして、補修部品市場に板ばねを提供し続けてきました。国内の大手トラックメーカーすべてに対応した部品は、純正品と変わらない品質で高い評価を得ています。また国内だけでなく、1984年からは海外にも目を向け、現在では約20カ国に製品を輸出しています」
 と語る中野社長は、早稲田大学を卒業後、トヨタ自動車に入社。約10年在籍の後、同じ車業界であるメルセデス・ベンツ日本株式会社に入社し、同グループ会社の副社長まで務めあげた。

拍手[0回]

PR

天誠精工 (シリーズNo.1435)

精密板金加工で30周年。町工場の底力を見た


天野 秋彦 会長

 国鉄の分割民営化を機に退職。国鉄車両整備工場勤務で培った板金加工技術を生かして1987年7月、株式会社天誠精工を創業した天野秋彦会長。今年で記念すべき30周年を迎える。
 創業以来JR東日本からの鉄道車両連結部の「脱落防止装置」の独占受注を始め、大手企業からの直接受注を続け、着々と設備も増強。現在では、精密板金加工はもとより、ワンストップでの受注体制で顧客のニーズに幅広く応えている。

拍手[0回]

大日機械工業(シリーズNo.1427)

水素社会の実現担う水素製造装置開発に貢献

小林 雅弘 社長
 排出ガスなく走行可能な水素自動車。しかし、その普及は道半ばだ。
「要因の一つは、ガソリンのように水素を補給する水素ステーションが高価かつ大型で設置が進まない点です。我が社はその水素製造装置部分の低コスト化・小型化に取り組みました」
 と、話すのは大日機械工業株式会社小林雅弘社長
 NEDOの支援を受けて2013年より開発に着手、17年3月に実証実験を完了して現在製品化へ向け準備を進めている。

拍手[0回]

早川製作所(シリーズNo.1422)

鉄道検修設備で大手の信頼を獲得
挑戦を続ける老舗省力機械メーカー


早川 芳行 社長

 我々が普段利用している電車は、故障した際の修理だけでなく、安全のために定期的な点検・整備が行われているのをご存じだろうか。そうした検査・修理の際に、車体を台車から切り離し、その上で作業を行うために乗せる設備が「仮台車」である。
 この「仮台車」などの機械設備をメーンに、鉄道会社各社と長年の信頼関係を築いている株式会社早川製作所は、創業から60年以上の歴史を持つメーカーだ。

拍手[0回]

メガオプト(シリーズNo.1415)

最先端のレーザー技術で未来の産業に貢献


中山 伸一 社長

 理研認定ベンチャー企業第1号として、最先端のレーザー装置を世に送り出している株式会社メガオプト(中山伸一社長)
 現在では世界トップレベルのDUV(深紫外線)発生技術と、それを用いた半導体検査装置の開発で産業界に大きく貢献している。

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年10月08日号 [雑誌]

2017年10月8日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R