忍者ブログ
Home > 製造・設計・技術開発 > 株式会社エース・E&L

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

株式会社エース・E&L

「聴こえ」を諦めていませんか?テレビの音声が
クリアに聴こえる高音質集音器「ChojuⅡ」


「Choju」(左)と「ChojuⅡ」


 テレビの音声が聴き取りにくいと感じたことはないだろうか?耳が遠くなったと気付くのは、初めにテレビの音声の「聴こえ」が悪くなることから始まるという。いわゆる「アイウエオ」の聴こえが不鮮明になり、次第にテレビの音量を上げ始め、やがて家族に迷惑をかけるようになる。
「聴こえ」の衰えた高齢者やその家族が抱える悩みだが、この状態が続くと社会生活から疎遠になり、更に聴こえが衰えるという悪循環に陥り、それが高じて認知症に進むリスクもある。
 そんな中、電子機器の設計・製作を手掛けて37年の㈱エースエンジニアリングの子会社・株式会社エース・E&L(津田博通社長)が開発・商品化した高音質集音器「Choju」と、テレビ視聴用にバージョンアップした「ChojuⅡ」が、聴こえに悩む人待望の集音器として話題を呼び、徐々に普及し始めている。


「Choju」は、両耳に入れるイヤホン部分と本体を分離することでハウリングが起きず、左右の耳それぞれで音量と音の高低を調整できるアナログ集音器。耳鳴りの遠因は左右の耳の「聴こえ」のアンバランスだと言われるが、左右それぞれで調整できるので耳鳴りの抑制にも繋がる。アナログ回路構成のため周波数全域で調整でき、自然な音を聞くことが出来る。
「ChojuⅡ」は、Chojuの性能そのままにテレビの音声を遅延のないFM波で送信し、本体を通して直接イヤホンに届けるので、テレビの音声が驚くほどクリアに聴こえて、マイクが拾った周囲音もテレビの音声を遮ることなく普通に聴こえる。
テレビを見ながら一家団らんの時、家族は通常のスピーカーの音声を聴き、耳の遠い人は無線でテレビの音声を聴く。しかもマイクがあるので家族と普通に会話しながらテレビ鑑賞が出来るわけだ。また、空間を通さず直接耳に入るクリアなテレビの音声は、聴力維持にも役立つという。

「まずは体感して下さい」
お試し無料貸し出し1週間


津田社長が集音器を開発した契機は、「岩手県・三陸海岸の漁村に住む従兄が難聴に悩んでいた」ことだった。その従兄をはじめ多くの人に「聴こえた笑顔」を届けているこの集音器は、「第34回神奈川工業技術開発大賞・奨励賞」を受賞、18年・19年と2年連続で相模原市トライアル発注制度に認定された優れもの。同社では、「まずは聴こえの良さを体感して下さい」と、「購入前のお試し貸出期間1週間」を設定し、気軽に相談を受け付けている。


◆ご相談・お問い合わせは
株式会社エース・E&L
http://www.ace-el.co.jp
〒252-0328 神奈川県相模原市南区麻溝台6-9-9
電話 042-740-8111
FAX  042-719-3912
「Choju」    (価格:50000円<税別>)
「ChojuⅡ」(価格:65000円<税別>)

拍手[1回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2020年4月19日号 [雑誌]

2020年4月19日号

ブログ内検索

新着記事

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R