忍者ブログ

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

清光ライン

適正運賃・高品質輸送を貫き運送業界に一石
自社一貫運送システムで大手荷主の信頼を獲得



清光ライン・清光建設合同新年会の様子


 値引き競争には目もくれず適正運賃を貫き、高品質輸送の提供で大手企業の信頼を獲得し、急成長を続ける注目の運送会社が、2005年4月創業の株式会社清光ラインだ。
「適正運賃は人件費や燃料費、車両減価償却費、安全対策や環境対策の経費などから設定しますが、荷主との価格交渉で折り合いが付かなければその仕事は受けません。安易な妥協がゆくゆくは、業務品質の劣化に繋がるからです」
 と、適正運賃の必要性を語るのは創業者の清水朋一社長
 トラック1台での創業から9台まで増車した頃リーマンショックで仕事が激減。無理な値引き受注を重ねて経営が逼迫した際に得た教訓だ。



 その後、長距離輸送から関東一円の中距離輸送専門に切り換え、出荷から納品まで自社一貫の輸送システムを構築。各種建材の時間指定配送や自動車部品から雑貨までドライ製品に特化したきめ細かい輸送サービスの提供で実績を積み、現在では大型から中・小型、リフトも含めて88台の車両を保有するまでに成長した。

旺盛な設備投資と人材採用
大型施設など建設業にも進出


 埼玉県下有数のトラック数と大量の商品を扱える広大な敷地を保有する同社には、大手運送会社でも対応できない多様な輸送依頼が舞い込む。
 その一つ一つに適正運賃と高品質輸送で応える同社は、保有トラックを5年毎に新車に買い替えるという。真新しい車両と充実した教育体制はドライバーの士気を高め、新人採用にも有利に働く。人手不足の運送業界で昨年末から4月までに12名を採用した。
 また、3年前に建設業許可を取得した同社は縁のあった建設会社を傘下に入れ、㈱清光建設を設立。埼玉県内や沖縄・米軍基地の大型施設など、建設業にも進出している。
 本社・岩槻・和光・笹目に次ぎ、美園にも800坪の営業所と沖縄営業所を新規に展開する同社の破竹の勢いは止まることを知らない。


【会社データ】
本社=埼玉県戸田市美女木2-19-6
℡=048-458-0723
創業=2005年4月
資本金=1000万円
売上高=13億円
従業員数=90名
事業内容=一般貨物自動車運送・廃棄物収集運搬・建設業
http://www.seikou-line.com

拍手[1回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2019年12月15日号 [雑誌]

2019年12月15日号

ブログ内検索

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R