忍者ブログ
Home > 不動産・住宅・リフォーム > 高崎健康福祉大学(シリーズNo.972)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

高崎健康福祉大学(シリーズNo.972)

少子高齢化社会に寄与する即戦力を養成!

攻めの経営で地域の基幹大学を目指す
須藤 賢一 理事長

 建学の精神「人類の健康と福祉に貢献する」に則り、少子高齢化社会に寄与する〝即戦力〟を養成する高崎健康福祉大学。1936年に須藤和洋裁女学院として創立し、群馬女子短期大学を経て01年に男女共学の4年制大学として誕生した。付属高校はスポーツにも注力し、甲子園常連校として知られている。

「現在、多くの大学は18歳以下の人口減少に伴って大学入学者が激減する『2018年問題』に直面しています。競争は更に激化しますが、カタツムリのように縮こまらず、当校は攻めの経営を続けていきます」

 こう力強く話すのは須藤賢一理事長(農学博士)。少子高齢化社会を見据えて4年制大学への移行に奔走し、今日の礎を築いた立役者だ。

 医療・福祉・教育を専門とする4学部(人間発達・健康福祉・保健医療・薬)7学科と大学院を設置する同校。各学科1学年100名以下の少人数制を採用することで、質の高い教育を実現している。最新設備を積極的に導入し、学習環境の整備にも尽力。学生寮も備えるなど、学生生活のサポート体制も整えている。

 就職支援にも定評がある。卒業生の就職先は医療機関や民間企業など様々。学科ごとに国家試験対策委員会を設け、資格取得支援も手厚い。看護師や薬剤師などの合格率は90%超だ。

「学生は明確な目的を持って当校に入学している。結果が出るまでフォローするのは当然の責務です。それだけでなく人間としてきちんとしたものの見方ができ、利他の精神を持つことのできる、責任ある社会人を育て上げます」(須藤理事長)

 グローバル教育にも熱心な同校。海外の4大学と提携し、交換留学制度も設けている。4月からは全編英語の講義も開講予定だ。

10月に付属クリニック開院

農学部開設で地域を支える

 文武両道を目指す同校は部活動にも注力。18年の平昌オリンピック出場を目標にスピードスケートの選手育成に取り組んでいる。

 北海道大学大学院農学研究科博士課程修了後、農林水産省森林総合研究所で木材の化学成分を分析する大型研究に従事していた須藤理事長。創立者の須藤いま子氏の跡を継ぎ、研究の道を離れて教育者として約20年間歩んできた。年3回、付属幼稚園から大学まで教職員が一堂に会する全体集会を開き、経営戦略や事業構想を語るなど、開かれた大学運営を推進している。

 10月には大学付属クリニックが開院予定。地域医療に貢献しながら、学生に実践的な学びの場を提供するのがねらいだ。他にも、全国的に珍しい大学院での助産師育成にも取り組む。

 須藤理事長は展望を話す。

「将来的には県内の大学としては初となる農学部を開設し、地域を支える一助になりたい。大学院の充実化も図り、研究にも力を注ぎます。地域における真の基幹大学を目指し、今後も役割を果たし続けます」(森)

【大学データ】

住所=群馬県高崎市中大類町37―1

☎=027―352―1290

創立=1936年2月

学生数=2271名

学部=人間発達学部・健康福祉学部・保健医療学部・薬学部・大学院

http://www.takasaki-u.ac.jp

拍手[1回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年06月04日号 [雑誌]

2017年06月4日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R