忍者ブログ
Home > 医療・介護・美容・カウンセリング > 子宝カウンセラーの会(シリーズNo.1236)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

子宝カウンセラーの会(シリーズNo.1236)

不妊に悩める夫婦をサポートし、
笑顔あふれる社会づくりに貢献


 邵 輝理事長

 古今東西、子は宝といわれ愛情をもって大切に育てられてきた。子どもは夫婦がより親密になり、人生を前向きに歩む原動力だといえよう。
 とはいえ、食生活の大幅な変化や環境ストレス、晩婚化など、様々な要因によって子どもを授かりにくい夫婦が多いのも事実である。数年前まで不妊に悩む夫婦は10組に1組といわれていたが、今では5~6組に1組にまでその割合が増加している。


 一般社団法人子宝カウンセラーの会は、不妊に悩める夫婦をサポートし、心療的カウンセリングができる「子宝カウンセラー」の養成を目的に2007年に設立された団体だ。
 通常、不妊治療を行う医院やクリニックで患者が医師と話す時間は限られており、本当に聞きたいことが聞けないことが多い。同法人はそんな短い診断時間では聞くことのできない話を説明できる専門家を育成することに力を注ぐ。
 全国の薬剤師を中心とする医療従事者を対象に、産科・婦人科専門医と協力して臨床医学研修会、温灸指導士養成講座、糖尿勉強会などを開催し、最新の治療法を学ぶ場を提供する。
 同法人理事長の邵輝氏(医学博士)によって開発されたたんぽぽ茶「ショウキT―1」の紹介や、漢方・食事療法などを用いた生活習慣改善についてアドバイスができる専門家を養成。母体のストレスを軽減し妊娠に適した身体づくりを目指している。
「『不妊に悩む人たちを笑顔にする』という夢を会員の皆様と共有することで幸せな社会づくりに貢献したいです」と邵輝氏は熱く語る。同法人は悩める人々の拠り所となる「子宝カウンセラー」を育てるべく日夜奮闘しているのである。

同じ目線で向き合い
共感するカウンセラーを養成

 骨折や怪我のような外傷と異なり不妊は目に見えないため、周囲の理解を得るのが難しい。かつセンシティブな話題であるため、なかなか公に話すことができずひとりで悩んでいる人は少なくない。
「誰かにじっくり話を聴いてもらうことでストレスは格段に減ります。心のひだに潜む悩みを探り出して共感することで、ひとりではないことに気づいていただくことが不妊治療の第一歩です」と話す邵輝氏。解決策を提示する前にまず『傾聴』できるカウンセラーを育てることを重要視しているという。
「我々の仕事は相談者に『共感』することです。同じ目線に立って話を聴き、問題を解決するため共に努力できるカウンセラーを養成したいと考えています」
 また「誰よりも辛い思いをしているのは本人です。悩んでいる人たちに最新の治療情報を提供し、精神面のケアをすることで手助けをしたい」と邵輝氏は力強く話す。赤ちゃんがたくさんいる社会は幸せな社会だという。同法人は日本の幸せな未来にとって頼れる存在といえよう。  


【会社データ】
本社=兵庫県神戸市中央区御幸通4―2―15 三宮米本ビル4F
☎=078―242―1124
事業内容=不妊治療サポートの専門家「子宝カウンセラー」の養成
http://www.kodakara-c.com

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年06月04日号 [雑誌]

2017年06月4日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R