忍者ブログ
Home > 医療・介護・美容・カウンセリング > 大和製薬(シリーズNo.1745)

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

大和製薬(シリーズNo.1745)

「美と活力」を二大テーマとして
誰もが願う「生涯現役」を届ける製薬企業



村上 果 社長

 雄姿を誇る立山連峰を眼前に望む富山市水橋の地に、愛知県の医薬品問屋・日新商行の業務を引き継ぐ形で1954年10月に新たな歴史を刻み始めた大和(たいわ)製薬株式会社(村上果社長)の本社・工場はある。
 当初から全国の薬局・薬店を通じて、ニキビ治療薬「クムメルシエキ」を柱に皮膚病薬や鎮咳去痰薬「ケシノール」等、様々な大衆薬を世に送り出し、身近にある「富山の薬」の実力を消費者に根付かせてきた。


 少子高齢化が囁かれ始めた2000年からは大きく舵を切り、「女性が願う永遠の美」と「男性が願う生涯現役」をサポートする化粧品や健康食品の研究・開発を積極的に推進。「オットピン」総代理店となって活力商材を強化する他、新商品「フタハイクリーム」で女性の美シリーズを強化するなど、誰もが願う「元気で長生き」を叶える大衆薬のリーダー企業として、美しい自然に抱かれた富山を起点に、信頼という大きな輪を全国に広げてきた。
 一方、延べ面積3000平米の富山市水橋の本社・工場では、少量多品種に対応する独自の製造システムを完備して、自社製品の開発・生産の他、医薬品・化粧品などの軟膏・クリーム剤や、10㎖・30㎖のミニドリンク剤など小ロットのOEM生産・充填・包装も引き受けている。試供品や試作品など小ロット対応も、同社の得意とするところだ。

最寄りの薬局・薬店を
スマホでチェック!


 さて、「美と活力」をサポートする商品群をより身近に感じてもらうために同社では、スマホで見られるオウンドメディアの充実にも力を注いでいる
「アクティブライフ」ページでは、自分自身の現在の健康状態を簡単にチェック出来るページを設ける他、他社製品も含めて数多くの活力商材の特徴をきめ細かに紹介。全国80店舗に及ぶ販売店情報も掲載されており、最寄りの薬局・薬店を即座に知ることが出来る。
 活力商材の他にも、最近気になる物忘れ関連サプリ「海活潤」や頻尿関連商品、膝・腰の痛み関連商品など、生活習慣病関連のサプリメントの情報も満載し、徐々に好評を集めている。
 また、「ニキビ治療」サイトでは、新商品「タイワクムメルシエキ」や携帯に便利な「クムメル軟膏」などの情報を掲載。気になる人は一度覗いてみては如何。


【会社データ】
本社・工場=富山県富山市水橋二杉1-2
℡=076-478-5171
設立=1954年10月
資本金=5000万円
事業内容=医薬品・医薬部外品・化粧品・清涼飲料水・栄養補助食品等の製造販売
http://www.taiwa-p.co.jp

拍手[1回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2020年6月7日号 [雑誌]

2020年6月14日号

ブログ内検索

新着記事

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R