忍者ブログ
Home > 医療・介護・美容・カウンセリング

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

ココロカ (シリーズNo.1377)

特許4件取得の高電位治療器を開発・販売
「健康を、人から人へ。」をテーマに歩んで28年

渕脇 正勝 社長
 人口の4人に1人が65歳以上という「超高齢社会」の日本。益々「健康長寿」の重要性が高まる中、老若男女各層の健康増進に一役買っているのが、創業28年目を迎えるココロカ株式会社(渕脇正勝社長)だ。
 同社は第二種医療機器製造販売業許可を取得し、一貫して自社開発の「リブマックス」シリーズを始め、機能に関する特許4件取得の「レガシス プラス」など、いずれも医療機器認証(効果:頭痛・肩こり・慢性便秘・不眠症の緩解)を得た家庭用高電位治療器の普及に当たり、実績を積み重ねてきた。

拍手[0回]

PR

ハルデンタルクリニック(シリーズNo.1361)

親知らず抜歯のスペシャリスト歯科医チーム


春山 秀遠 院長

 驚きの速さで「親知らず」を抜いてしまう“スゴ腕”の噂を聞きつけ、東京・池袋のハルデンタルクリニックには関東圏外からも多くの患者が訪れるという。
「大抵の親知らずは数分で抜く自信があります。素早く抜歯する理由は、治療後の腫れを極力少なくするため。患者様の中には、遠方から来院される芸能人の方もいらっしゃいます」

拍手[0回]

佐藤総研(シリーズNo.1357)

ICTの活用モデルを世界に発信するサ高住
高齢者見守り支援システム「みまも☆ルンバ」


佐藤 弘 社長

 800万人とも言われる団塊の世代が「後期高齢者」に到達し、社会保障費の急増が危惧される「2025年問題」。人類が未だ経験したことのない「超・高齢化社会」が迫り来る中、最新のICT(情報通信技術)を駆使して高齢者の一人暮らしをサポートし、東京都から医療・介護連携型サービス付き高齢者向け住宅のモデル事業に認定されているのが「サコージュ国分寺」だ。
「あと20年もすれば東京の人口の半分が『高齢者』になります。世界屈指の長寿社会を実現させた日本の医療・介護制度を持続可能にする仕組みづくりのために、小さな仮想地域として“実証実験”を続けてきました」
 と話すのは、同施設を運営する株式会社佐藤総研佐藤弘社長。嘗て電子カルテシステムの標準化プロジェクトにも参画するなど、ITと医療の双方で最先端に携わってきた先駆者だ。

拍手[0回]

医療法人新中医 李漢方内科・外科クリニック(シリーズNo.1338)

「がんとの闘いだけが人生ではない」
生活の質の向上を目指す漢方クリニック


李 向軍 院長


「私が目指しているのは、がん患者さんが、病人として苦しみや痛みを我慢しながら治療を続けるのではなく、がんとうまく付き合って普通の生活を送れるように導くことです」
 と話すのは、兵庫県の西宮北口駅から徒歩2分ほどに立地する医療法人新中医李漢方内科・外科クリニック李向軍院長だ。

拍手[0回]

光英科学研究所(シリーズNo.1307)

生きた菌信仰?
「乳酸菌生産物質」が健康の鍵


村田 公英社長

  腸内フローラの秘密を解き明かす解説本「不老〝腸寿」(幻冬舎刊・村田公英著)が、真に健康を考える50歳以上の男性を中心に売れている。(紀伊国屋Publine調べ)
 著者の村田公英氏は、約50年に渡り腸内フローラが生み出す「乳酸菌生産物質」の研究開発を続けてきた人物で、株式会社光英科学研究所の代表を務める。

拍手[0回]

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年12月3日号 [雑誌]

2017年12月3日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R